古谷経衡氏 東京・下町を歩き、公明党の「今昔」を思う

古谷経衡氏 東京・下町を歩き、公明党の「今昔」を思う

日暮里駅前に群衆が集った(右奥=太田道灌像)

 めまぐるしく風向きが変わった都議選だった。国会の混乱でイメージ低下を招いた自民党。公示間際に築地・豊洲共存プランを発表した小池百合子知事と、彼女が率いる都民ファースト。こうした「変数」に流されず、安定した選挙戦を展開したのが公明党である。評論家・古谷経衡氏がその“力の源泉”を歩いた。

 * * *
 今次都議選で最も公明党が重視した「超重点7選挙区」のうち、私がとりわけ注目したのは荒川選挙区である。東京の典型的低地帯、下町を形成してきた荒川には、高度成長時代に農村部から大量に流入し、学会に入信した大量の「公明票」が存在する。

 隣接する足立区、北区を含めて(国政では東京12区、太田昭宏前代表の牙城)、東京東部における荒川への公明党の拘りは格別のものがある。江戸城の築城で知られる太田道灌の銅像を背景にして、同党から立候補する新人「けいの(慶野)信一」候補のJR日暮里駅での街頭演説に、同党代表・山口那津男が駆け付けたのは、都議選の公示直前であった。

 慶野候補は、公明=学会の典型的な理想像を具現化したような候補だ。荒川・町屋の地元に生まれ、実家は町工場経営(金属加工)。大卒後は太田昭宏の秘書を務めた経歴を持つ。テレビ画面で見るよりも一回り小柄な印象を受ける山口は、ずんずんと街宣カーによじ登ると、慶野候補を「油にまみれ、汗にまみれ、地域と共に頑張ってまいりました」としきりに紹介する。創価学会名誉会長・池田大作の掲げた「大衆と共に」という理念を、その人生において体現したようなプロフィールを持つのが慶野候補である。

 会場となった日暮里駅東口には、黒山の人だかりができ、山口の演説に熱狂する。地元、荒川に根を下ろす公明党支持者だろうか。皆、特段の特徴もない、まさしく「大衆」と呼ぶに相応しい市井の人々である。

 社会学者・鈴木広が1960年代に福岡県における学会員の素性を調査し、彼らを「都市下層」と評したのは有名である。敗戦の混乱期を乗り越え、1950年代中盤以降、農村部から大量に大都市に流入してきた零細商工自営業者、工場労働者などの、地縁や人脈を持たない孤独な農村出身の低所得者を中心に学会員が広がりを見せている、とした。

 事実、そのような「都市下層」を主力として、政治の世界に進出した公明党は、都下において大田区、荒川区、足立区、板橋区、江戸川区、江東区、葛飾区、北区など、如何にも高度成長時代に町工場を中心とした零細製造業が多く立地する所謂「下町」に伝統的牙城を築いている。前述の慶野候補は、そういった学会と公明党の中心軸を体現する、まさに古典的ともいえる候補であった。

◆いつしか「体制」の側に

 しかし、高度成長が終わってもう半世紀近くがたつ。当初、農村からやってきた「都市下層」の彼らは、下町に根を張り、日本全体の経済成長と軌を一にするように生活水準をボトムアップさせてきた。現在の学会員や公明党支持者は、慶野候補がそうであるようにもはや成長の第一世代ではなく、その子供たちの世代、つまり二世であり、場合によっては三世である。事実、荒川の氾濫原として高度成長時代に不良住宅がひしめき、日雇い労働者の街が形成されていた千住一帯を歩くと、往時の「下町」の雰囲気は綺麗に消し飛んで、再開発が著しい。

 東京都心へのアクセス至便を謳い文句に、大小のデベロッパーによる分譲マンションが乱立し、巨大スーパーやホームセンターが進出する。下町の大衆食堂はがらりと清潔なチェーン店やコンビニに置き換わった。

 狭隘な不良住宅は一掃され、「庭・車庫付き一戸建て」の小奇麗な建売住宅で犇(ひし)めき合うこの地域の、裏路地の奥の奥に進んで初めて、高度成長時代の遺物ともいうべき、古びた欄干やトタン屋根の個人商店や住宅を見つけることができる。

 かつて弱者であった「都市下層」の人々は、日本経済の成長と共に自らも成長の恵沢を受け、いつしか「体制」の側に立つようになった。「貧乏人の党」と往時揶揄された同党は、もはや貧乏人の党ではない。現・公明党代表山口自身が東大卒の法曹エリートで、その前の代表・太田昭宏は京大卒、「そうはいかんざき」の党CMで一世を風靡した神崎武法は元検事の東大卒エリートだ。

「大衆と共に」を掲げ、下町の声なき庶民を代表してきた同党が、いつしか体制を希求するようになったのは、こういった社会全体の状況変化があると考えるのはあながち邪推ではないだろう。

 その昔、都内最大の「ドヤ街」とされた台東区と荒川区にまたがる山谷一帯と、日本三大遊郭の一つとされる吉原のすぐ隣接地域に、荒川区南千住はある。

 この地域はバブル経済真っ只中の1980年代後半から本格的な再開発地域となり、現在では汐入地区を筆頭に、近代的な分譲マンション群が林立し、遠くに東京スカイツリーの威容を眺望する絶好の新興住宅地に様変わりした。

 かつて宮部みゆきが傑作長編小説『理由』(1998年)の中で、町工場を経営する零細自営業者の、下町っ子の羨望の的としてその事件の舞台としたのがここ南千住の超高層マンション群の摩天楼である。またこの付近は、國松孝次長官狙撃事件(1995年)の舞台にもなった。

 下から仰ぎ見るだけの存在であった南千住の超高層マンションは、いまや羨望から日常へと変化し、刻一刻と進化を遂げる東京東部の情景と完全に一体となった。

 戦後日本の経済成長の軌跡と共に歩んできた公明党の変遷は、この国の「戦後」の形が、成長から安定へ、そして安寧へと変化したその軌跡を体現しているようだ。

●ふるやつねひら 1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『草食系のための対米自立論』。最新刊は『「意識高い系」の研究』。

○参考文献:薬師寺克行著『公明党』(中公新書)/参考資料:朝日新聞、OVA『人間革命』(シナノ企画)

※SAPIO2017年8月号

関連記事(外部サイト)