30連勝のかかった藤井四段“ひふみんアイ”は見せるのか?

30連勝のかかった藤井四段“ひふみんアイ”は見せるのか?

藤井四段は30連勝を成し遂げるのか?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、話題の人、将棋界の藤井四段に注目。

 * * *
 30年ぶりに公式戦の歴代最多記録29連勝を達成した藤井聡太四段。デビュー以来、無傷の最年少棋士はまだ中学3年生の14歳。偉業を成し遂げたというのに本人は実に落ち着いているが、将棋界は“藤井特需”というくらい盛り上がってきている。ということで、注目を集めた東の天才、増田康宏四段との6月26日に行われた対局を見てみよう。

 当初、師匠である杉本昌隆七段は、藤井四段の顔色の悪さと、初盤に脇息(肘置き)にもたれかかる様子を見て、体調が悪いのかと心配していたという。振り返って映像を見てみると、確かに顔色は白い。はた目には緊張しているせいかなと思ってしまうことでも、師匠の目には、いつもと違うことがすぐにわかったのだろう。

 だが、そこから11時間以上に及ぶ長い対局が続く。師匠の心配をよそに、体調の悪さなど微塵も感じさせない集中力で、藤井四段は崩れることなく勝利する。何度も頭が盤に近づき、前傾姿勢になっていくが、杉本七段によると、これは藤井四段が集中している時の癖であり、闘争姿勢。時おり、相手をちら見するのは、形勢が有利な時に出る癖らしい。

 対局中、膝前に置かれた扇子を手にすることも多かった。茶道では、扇子を膝前に置き挨拶をする。これは相手を敬うためのものだが、将棋では、扇子を手にして開け閉めすることで、数十手先の手まで考える思考のリズムを取ることができるということらしい。藤井四段も扇子を開閉しながら、先の手を読んでいたのだろうか。

 これを脳の動きという点から捉えると、見て考えるより手を動かして考える方が脳が活性化して効果的といえる。脳神経学者のワイルダー・ペンフィールドによる、大脳が身体からの触覚情報を受け取る体性感覚野を示している脳の地図では、手や指に対応する脳の面積がとても大きいからだ。ということは、扇子を手の中で回したり、指先で開閉することで、思考がより活発になるのである。

 仕草という点から考えると、扇子という持ち慣れたアイテムを触ることで、ストレスや緊張を和らげ、自分の気持ちを落ち着かせて集中力を高めることにもなる。棋士にとって扇子は様々に役立つアイテムであり、藤井四段も扇子を効果的に使っているといえるだろう。

 この対局で、将棋ファンをざわつかせたのは藤井四段の“ひふみんアイ”だ。相手側に回りこんで盤面を見るという行動で、加藤九段が行っていたもの。相手の気持ちに立って考えることができる、客観的に対局を見れるという利点がある。加藤九段の“ひふみんアイ”は相手が席をはずした時のもの。だが、藤井四段は席を立ち、戻ってきた後、増田四段の後ろに回って対局を見たのだ。

 これを見た杉本七段は「よほどおかしかったのか、客観的に見たかったのでは」と某情報番組でコメントしたが、正直驚いていたようだ。対して、“ひふみんアイ”の継承者が出たと喜んだ加藤九段は、この行動を藤井四段の「形勢がいいと思った余裕、上から目線、ファンへのサービス精神」と説明した。同じ行動でも、捉え方はまるで違っている。

 藤井四段のその時の仕草から“ひふみんアイ”を分析してみると、遠回りで増田四段の後ろに回ると、背筋を伸ばしてすくっと立ち、ハンカチを口に当てて盤面を覗いている。いや、待てよ。何やらハンカチを噛んでいるようにも見えるではないか。

 立ち方からすると、自分が劣勢であるとは思っていなかっただろう。だが、ハンカチを口にした仕草を見ると、対局の形勢に確信が持てず、客観的に見て確認したかったというところではないだろうか。というのも藤井四段は思案中、ハンカチで口元を拭うことが多いからだ。口元、特に唇に触れるという仕草は、自分の気持ちを安心させるためのセルフタッチである。

 だがもし、ハンカチを噛んでいたとしたら…。推察でしかないが、もしかするとそこまでにまずい手があったのか、それとも何手先なのか、あそこに打たれたら厳しいという手が見えたのか?

 最後は、増田四段が盤に小さく右手を出して投了。藤井四段が頭を下げて対局は終了した。素人目には、投了の瞬間がよくわからなかったが、その数手前から増田四段が上着を着始め、きっちりと正座したたことで、勝敗の行方は見え始めていた。

 負けた増田四段は対局の感想を聞かれると、口元を膨らませたり、右に左に歪めて「う~ん」と低く唸っていた。よほど悔しかったと見える。

 さて次なる対局相手、佐々木勇気五段は藤井四段をかなり意識しているようだ。増田四段との対局が始まる時、部屋の隅で正座して二人が入ってくるのを待っていた。プロが他のプロの対局を観戦するのは異例のことらしい。しかし、佐々木五段は藤井四段が入ってくると、ちらっとその姿を見ただけで顔を伏せてしまったのだ。

 藤井四段を意識していることを悟られたくなかったのかもしれない。増田四段が入ってきた時は、しっかりと増田四段の動きを見つめていたからだ。

 藤井四段が前人未到の30勝という大台に突入するのか、それとも静かに闘志を燃やす佐々木五段がそれを阻止するのか? 7月2日の対局はますますヒートアップするに違いない。

関連記事(外部サイト)