「巨大鮫・メガマウスが捕獲されると大地震」は本当か?

稀少なサメ「メガマウス」を千葉と三重で捕獲 大地震発生の予兆ではないかと噂も

記事まとめ

  • 世界で110匹しか発見されていないサメ「メガマウス」が千葉と三重で捕獲された
  • この珍事を大地震発生の予兆ではないかと噂する声は絶えず、真相を検証している
  • サメ研究の第一人者・仲谷一宏氏はメガマウスの地震察知能力には懐疑的

「巨大鮫・メガマウスが捕獲されると大地震」は本当か?

「巨大鮫・メガマウスが捕獲されると大地震」は本当か?

珍事は大地震発生の予兆?(写真はイメージ)

 これまで世界で110匹、日本でも20匹しか発見されていないサメ「メガマウス」。そんな稀少なサメが今年は5月22日に千葉・館山市の房総沖で、同月26日には三重・尾鷲市沖でと、立て続けに2匹も捕獲された。この珍事を大地震発生の予兆ではないかと噂する声は絶えない。さて、真相は──。

 東日本大震災当時は、その“予兆”として「地震雲」の存在が盛んに報じられた。これに限らず、不可解な自然現象が大地震と結びつけられることは非常に多い。

 例えば、「大地震の直前にクジラやイルカが大量死する」という説がある。2011年2月22日に発生した「ニュージランド大地震」の1か月前には、同国南島ゴールデン湾に400頭ものクジラの死体が打ち上げられた。その翌月に起こった東日本大震災の直前にも、茨城県鹿嶋市の海岸にクジラ54頭が打ち上げられている。

◆プレートのズレが影響

 そして、近年注視されるのが「メガマウス」だ。きっかけはやはり東日本大震災。発生2か月前に三重県尾鷲市沖でメガマウスが発見されていた。さらに昨年4月15日に再び尾鷲市沖でメガマウスが見つかり、その翌日には熊本地震が起こった。そして今回も大分(6月20日・震度5強)・長野(6月25日・震度5)での地震の1か月前に2匹のメガマウスが日本近海に出没したのだ。

 日本でこれまで20匹しか発見されていない希少種が、大地震の前にたびたび発見される。この奇妙な符合を専門家はどう捉えているのか。海底地質学を専門とする地震学者で、武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏はこう推測する。

「メガマウスの頭部には、微弱な電磁波をキャッチすることで餌の位置を把握する『ロレンチーニ器官』という部分がある。

 海底プレートのズレによって起こる巨大地震の場合、地中の岩石が破壊される際に微小な電磁波が発生する。これを感じ取ったメガマウスが、『日本近海に餌がある』と勘違いしているのかもしれない」

 一方、サメ研究の第一人者で北海道大学名誉教授の仲谷一宏氏は、メガマウスと大地震の関連性には懐疑的だ。

「メガマウスに地震を察知する能力があるかどうかは、科学的に証明されていない。

 メガマウスは春先から5月にかけてインド洋から黒潮に乗って日本へとやってくるともいわれている。つまり、この季節の発見は比較的多いのです。2つの地震との一致は偶然でしょう」

 これまで日本でメガマウスが発見されたケースと、その2か月後までに発生した地震を上掲の表に記した。発見場所と震源が離れているケースが多い。信頼度は微妙かも。

※週刊ポスト2017年7月14日号

関連記事(外部サイト)