非進学校出身の東大生、高校担任の後ろ向きな言葉で発奮

非進学校出身の東大生、高校担任の後ろ向きな言葉で発奮

週5で通うほどなじみのカフェ「リスブラン」で

 1877年4月、明治政府によって設立された、日本で最初の官立大学「東京大学(以下、東大)」。2019年の東大合格者数は約3000人だ。100名以上の東大生を取材し、『東大合格生のノートはかならず美しい』(文藝春秋)などの著書があるフリーライターの太田あやさんが、合格者の内訳についてこう語る。

「有名進学校からの合格者が極端に多いのが特徴です。2019年度の合格者をみるだけでも、開成高等学校(東京)、筑波大学附属駒場高等学校(東京)、麻布高等学校(東京)という上位3校で合格者の8分の1を占め、上位30校で合格者の半数を占めています」

 そんな太田さんが“これまであまり会ったことのない東大生”として注目したのが、非進学校から東大に合格してきた学生たちだ。

「彼らは、東大を目指すこと自体を好奇の目で見られたり、引かれたりという経験をしています。東大は他大学よりも受験科目が多いため、高校のカリキュラムが追いつかず、独学しなければいけなかったり、センター試験前後に東大受験に関係のない試験を課す高校もありました。そんな悔しさや孤独、苦難を経験してきた彼らには、強靭な精神力や、周りに流されない自分を持っていると感じました」

 彼らの出身高校の偏差値は40〜50台が多く、中学入学時は30台だったり、通信制高校出身者もいる。中学、高校入学時には東大を目指すことを想像していなかった彼らが、なぜ東大を目指し、合格できたのか──。

 東大に『東大フロンティア・ランナーズ(UTFR)』というサークルがある。彼らは「非進学校から東大に合格した」現役東大生だ。そのUTFRに所属する11人の東大生へのインタビュー集『非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと』(小学館)が2月26日に発売された。同書にも登場する東大生の1人に話を聞いた。

◆「東大は難しい」という固定観念を取り去るところから始まります

 東京・目黒区の駒場キャンパスにほど近いカフェに、上背のある青年が入って来て、こちらを見つけると人懐こい笑顔を見せてくれた。彼の名前は(りゅうき)さん(22才)。

 永見さんは神奈川県の公立小学校卒業後、公立中学校に進学。推薦入試で私立高校の特進コース(偏差値42〜50)に入学し、一浪の末、2017年に東大文科二類に合格。同高校からは、学校創立以来初の東大合格者となった。

「『東大が難しい』という言葉は、東大を知らない人が思っている固定観念、思い込みにすぎません。これが、東大受験を難しくしているいちばんの要因だと思います。難易度だけでいったら、東大が突出して高いとはあまり思いません」

 永見さんはもともと勉強ができるタイプで、小1で掛け算、小2で分数の足し算引き算が解けるほどだったという。が、小2で両親が離婚してから勝手が変わった。母親に心配をかけまいという気持ちはあったものの、勉強をする習慣が身につかず、ヤンキー色の強い公立中学に入学後、成績は中くらいに。中3の三者面談では母子揃って「どこでもいいです」と答えるほど「投げやり」な高校選びだった。しかし「偏差値の高い高校で下の方にいるよりも、偏差値の低い高校でトップを取った方がいい」と気持ちを切り替え、横浜国立大学を目指すことにしたという。

「小さい頃から自分は頭がいいと思っていたし、やればできると思っていました。運動が苦手な自分には、スポーツを一生懸命やる意味がわかりませんでしたし、(論理的思考や計算などが得意といわれる)左脳で勝負するしかないと思ったんです」

 高2の1月にセンター試験同日模試を受験し、横国はA判定。それどころか東大合格者の同時期の点数との差がわずか90点だったことから、“このまま1年勉強すればいける”と、 密かに東大を射程範囲に入れることにした。

「高2の後半からこんなに勉強していたのはクラスではぼくだけ。休み時間もずっと問題を解いていたり、運動会では競技の合間に単語帳を開いたりするので、クラスから浮いた存在。孤独を感じて寂しかったです。でもいちばんきつかったのは、担任に志望大学を伝えたときですね」

 担任はしばらく彼を見つめた後、「東大に行けると思わせてしまい、申し訳ない」と言ったという。続けて、これまで同校に東大合格者がいないことや東大受験を指導する力がないこと、東大に合格できるかどうかを測る指標すらないことなどを挙げ、永見さんが東大に合格できないことを前提に話が進められたという。

「これこそが“東大=難しい”という刷り込みです。実は東大受験のことをよくわかってないし、分析もしていないのに、東大は難しいとしかいわれてないから、東大は目指せないと、高校内の情報で意思決定してしまう。これが、生の一次情報を獲りにいけない非進学校ゆえの不利な状況だと思います」

 担任の後ろ向きな言葉に発奮した永見さんは、その後、センター試験で9割近い得点をたたき出し、東大射程圏内に入った。しかし、またもや非進学校ならではの情報の弱さが露呈する。「東大はセンター試験でいくら点数がとれても受からない」といわれるほどの二次試験の重要性を知らず、二次試験対策を始めたのがわずか3週間前。30点足りずに不合格となってしまった。

「横国は受かっていたので、学校の先生は、東大受験を諦めて横国への進学を勧めてきました。でも、将来、自分の上司が東大卒で、その人にこき使われたら…と想像するだけで嫌だったんです。“俺だって東大に行けたかもしれない”という後悔をしたくなくて、もう1年浪人することにしました」

 予備校には通わず、自宅で学習する自宅浪人を選んだ永見さん。指導者がいない茨の道を突き進み、1年後、見事合格した。

「自分で考えて、行動し、自己管理ができるようになりました。もともと引きこもり気味のゲームオタクだった自分が、どんどん変わっていく楽しさにハマりましたし、母への感謝の気持ちがより大きくなりました。

 1年間、ただ家にいるだけという状況なので、申し訳ない気持ちもたくさんありましたから、家事を手伝ったり家計を圧迫しないように節電節水のために、電気料金や水道料金をグラフ化してどう減らすかを考慮したりしました」

 浪人生活を乗り越える自律心はいかにして養われたのか。家族はどう支えていたのか。永見さんの母(43才・会社員)に尋ねると、“自分の子供だから”とか“受験生だから”という特別扱いはしなかったという答えが返ってきた。

「会社だと、人材を育てるためのコーチング技術というのがあって、教えるというより話を聞き出しながら、本人に気づかせたり考えさせたりするんです。なので琉輝にも勉強の進捗状況を聞いたり、点数が伸びた科目を聞いて成功体験を話させたりしてはいました。

 あとはとりたてて…私は料理も好きじゃないし、目の前で勉強されるのも嫌なので…。宅浪時代、『勉強は私が仕事で出かけている間にやっといて』と言っていたくらいです」(永見さんの母)

 もともと高校卒業後は就職してほしい、と願っていた母。浪人中に「やっぱり受験やめた」と言ってくれることを期待してもいたという。

「大学に行ってほしいと思ったことは一度もないんですけど、本人が行きたいなら行くなとは言わないですし、落ちたとしても、もう1年浪人しても構わないと思っていました。それに、努力してるのを知っているから受かってほしいとは思いましたけど、もし琉輝が受からなかったら、ほかの子が受かるだけで、仕方がないこと。受験ってそういうものですよね。ただ、すごく合格を望んでいる分、落ちちゃったときはきっときついでしょうから、100%受かるという前提で話をするのではなくて、『受かる実力はついてきたけど、あとは運次第だよね』という話をしたりして、期待値の調整はしていました」(永見さんの母)

「合格したときも『よかったじゃん』っていう一言のみ。母は本当に無関心なんです」

 そう笑う永見さんだが、「母は自分のことを本当に理解してくれている」と絶大な信頼を寄せる。受験期に芽吹いた自律心は、東大生になったいま、ますます根太く育っている。

「環境に抗うという経験と、逆境の中からやりたいことを実現させるために考え抜くという経験は、ぼくの強みだと感じています。ほかの東大生を見てても、講義を受けているのにあまり聴いてないとか、人とダベったりして、その時間を効率的に使えていない人が多い。

 ぼくは大学2年の後半から就職活動を始めたんですが、いまは半年休学をして、発達心理学の研究をしている会社で研究員として働いています。4月に復学しますが、まだまだ自分に足りない部分や興味が出てきたものがあるので、2年かけてそれを補っていこうと思っています」

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事(外部サイト)