眞子さま “自由恋愛”貫かれたことで大きなうねりもたらす

眞子さま “自由恋愛”貫かれたことで大きなうねりもたらす

眞子さまと小室さんの結婚を不安視する声も

 7月8日に宮内庁から婚約内定が発表され、会見に臨まれる予定の秋篠宮眞子さま(25才)と小室圭さん(25才)。世間では祝福ムードが広がっている一方で、宮内庁の内部では、弁護士の補助をするパラリーガルとして働く小室さんの収入(200万~300万円といわれる)を不安視する声も存在するという。

 だが、眞子さまの結婚への障害は「経済面」に限ったことではない。

「結婚が報じられた当初から燻っていた“小室さんが眞子さまのお相手としてふさわしいのか”という声が大きくなっているのです。時代錯誤かもしれませんが、やはり皇族の結婚相手には高い品位などが求められます。報道を通じて浮き彫りにされた小室さんや家族の過去が、そういった意見をさらに強くしてしまいました」(宮内庁関係者)

 戦前、皇族の婚約者候補は、三親等以内の親族の思想や病歴、犯罪歴などが事細かに調査された。現代ではそこまで徹底的な対応はされないが、雅子さまの婚約が発表された際には、宮内庁内で親戚縁者のプロフィールが資料として作成されたこともあったという。

「これはあくまで民間から皇室に迎える場合で、眞子さまと小室さんは逆。紀宮さま(黒田清子さん)が黒田慶樹さんと結婚したときには、資料にされたのは黒田さん本人のプロフィールが中心で、あとは母親の生年月日程度でした。

 ですから、あとになって報道などで家族にかかわるさまざまな情報が表沙汰になることに戦々恐々としていたんです。結果的に、秋篠宮さまと学習院の同窓だったこともあって、心配は杞憂だったわけですが」(皇室ジャーナリスト)

 それは、小室さんについても同様だった。週刊新潮は6月1日号で、2002年の父親の死が自殺だったことを報じた。さらに週刊現代は、6月10日号で、父親の自殺を苦にして祖父も後を追うように自ら命を絶ったと報じたのだ。

 小室さんの母の古くからの知人は、次のように話す。

「旦那さんを亡くしたショックは大きかったと思います。その後お母さんはしばらく占い師のような女性を頼り切っていました。何をするにもその人の意見をあおいで、時にはその人から“ほら、そこでお父さんが見守ってくれてるわよ”って励まされたりしていて。その横で、圭くんが大人しくしていたのを強く覚えています」

 前出の宮内庁関係者が続ける。

「結婚されれば元皇族となりますが、清子さんのように宮中晩餐会に出席することもあり、皇室との繋がりがなくなるわけではありませんから、過剰な心配をする人たちもいるわけです」

 不穏な声は、宮内庁の一部から聞こえてくるものに留まらない。

「長らく結婚や恋愛を“自主規制”してこられた他の女性皇族の中には、複雑な思いもあるようです。これまでは適齢期を迎えた女性皇族が、いくら結婚後は民間人になるとはいえ“好き”という感情だけで相手を選ぶことはできないというのが暗黙の了解でした。それは、皇室の品位、ひいては陛下の品位にまで影響を及ぼす可能性があるという意識があったからです。

 眞子さまの結婚は、そういった考え方にはしばられていません。開かれた皇室の内親王である眞子さまが、現代に即した“自由恋愛”を貫かれたことが内外に大きなうねりをもたらしてしまったんです」(別の宮内庁関係者)

 慶祝の日には、あまりに複雑な感情が絡みついている。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)