多様な腸内細菌を摂取できる治療法「糞便移植療法」とは?

多様な腸内細菌を摂取できる治療法「糞便移植療法」とは?

欧米では肥満治療などに応用されている「糞便移植療法」が日本でも(イラスト/アフロ)

 腸の免疫機能を正常に機能させる腸内細菌。人の腸内には乳酸菌をはじめ、さまざまな腸内細菌がいるが、もともと腸内に定着している「常在菌」と、一時的に入ってきて腸を通過する菌がいる。この常在菌の種類は、おおよそ3才までに決まるとされている。

◆免疫系の改善なら乳酸菌、便通の改善ならビフィズス菌

 3才までに摂り入れた常在菌の種類が少なければ、一生病弱なのかといえば、そうでもない。常在菌のエサとなり活性化させる菌を追加で摂ればいいのだ。それが、前述の“一時的に入ってきて通過する菌”。これらはヨーグルトなどの発酵食品に含まれている。

 今でこそ、さまざまなヨーグルトや乳酸菌飲料が発売されているが、日本人が乳酸菌食品を当たり前のように食べるようになったのは、第二次世界大戦後と、“腸活”の歴史はまだ浅い。大正3年からヨーグルトを京都で製造販売し、現在も乳酸菌の研究を続けているB&Sコーポレーションの貴家康尋さんはこう語る。

「創業者の正垣角太郎が自身の胃腸疾患がヨーグルトによって改善されたので、これを啓蒙したいと、薬のような形で生産販売を始めました。国内の市販のヨーグルトの先駆けといわれています」

 ヨーグルトは7世紀に日本に薬として伝わったものの、庶民が口にできるものではなかったという。大正時代以降、牛乳メーカーが中心となって多種多様な乳酸菌やビフィズス菌入りの製品を開発し、徐々に普及していった。ヤクルトの『乳酸菌シロタ株』をはじめ、さまざまな菌が発見され、今では逆に、どれを摂ればいいのかわからなくなるほどの“ヨーグルト戦国時代”に。

「腸を健康にするには、自分の常在菌を活性化させる菌を摂るのが理想的といわれますが、それがどの菌なのかはわかりにくい。ですから、乳酸菌かビフィズス菌のどちらかで考えるといいかもしれません。花粉症など免疫系を改善したいなら乳酸菌。便通の改善ならビフィズス菌が効果的とされています」(貴家さん)

 とはいえ、「便通を改善したいからビフィズス菌ばかりを摂ろう」など、特定の菌に偏って摂るのはおすすめできないと、貴家さんは続ける。あらゆる菌を摂り入れた方が腸内環境にはいいのだ。

 例えばある実験で、腸内に1種類だけ菌を入れた腸と、17種類の菌を入れた腸を比較したところ、後者だけ、免疫が活性化されることがわかった。

 つまり菌は、チームプレーで活躍している。さまざまな菌がお互いを刺激し、サポートすることで、腸内にいい影響をもたらせている。だからこそ、いろんな種類を毎日摂ることが大切なのだ。

◆多様な腸内細菌を摂取できる糞便移植療法

 しかし、乳児期に摂り入れた常在菌の種類の少なさや食習慣などにより、どうしても多様な菌が摂取できず、潰瘍性大腸炎などに悩まされる人も多い。

 そうした病気を、多様な腸内細菌が含まれた健康な人の便を移植することで治療する方法が、2014年以降、日本の一部の大学病院で行われ、注目されている。

 これは、「糞便移植療法」と呼ばれ、健康な人の便を医療用生理食塩水に溶いてろ過し、液体の方を注射器に取って患者の大腸内に内視鏡などで注入するというもの。確実に腸内環境を改善できると、欧米では2013年から肥満治療などに応用されてきた。日本ではまだまだ新しい治療法のため、今後が期待されている。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)