非進学校出身東大生 孤独に勝ち受験乗り切った経験が強み

非進学校出身東大生 孤独に勝ち受験乗り切った経験が強み

週5で通うこともあるという「SWITCH COFFEE TOKYO代々木八幡店」にて

 小学校から進学塾に通い、東大合格率の高い私立の中高一貫校に進学する──こんな“東大受験の常識”を打ち破ったのが、非進学校から合格した学生たちだ。彼らが直面した逆境や孤独、そしてそれを乗り越えた原動力とは?

 東大に『東大フロンティア・ランナーズ(UTFR)』というサークルがある。彼らは「非進学校から東大に合格した」現役東大生だ。そのUTFRに所属する11人の東大生へのインタビュー集『非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと』(小学館)が2月26日に発売された。同書にも登場する東大生の1人に話を聞いた。

◆環境や日常に問題意識を持って、一歩踏み出せるのがぼくらの強み

 取材を申し込むと、写真撮影をする場合の候補として3か所がピックアップされ、その優先順位と理由が簡潔に書かれていた。

 そんな“打てば響く”メールの主は、大野康晴さん(21才)。撮影中、通りがかりのスイス人から「君はモデルなの?」と話しかけられるほど、スタイリッシュな“イマドキ東大生”。しかしその素顔は、気遣いを絶やさない、心優しい青年だ。

 大野さんは、大阪の公立小学校を卒業後、“荒れている”と噂の公立中学に行きたくない一心から、私立上宮太子中学校(現在は募集停止)の特進コースを受験し、特待生として入学。上宮太子高等学校(偏差値49〜55)に進学し、2017年に現役で文科三類に合格。同校からは7年ぶりの東大合格となった。

「いわゆる“神童”では全くなく、小6の模試では、苦手な算数と理科の偏差値は38、国語と社会を合わせた4教科で50台という成績でした。ただ読書は小さい頃から好きで、歴史の雑誌を中心にいろいろな本を読んでいました」

 中学入学後のテストで学年首位に。あまり勉強せずに好成績を取れてしまったことで“慢心”した大野さんは、ゲームに没頭。

「ゲーム漬けだった中1の冬、ふと気づいたんです。いまのぼくから勉強を取ったら何が残るんだろうって。当時のぼくは、ほっそいメガネをかけた天パのぽっちゃり体形で、運動神経もよくないし、顔がいいわけでもない。根暗で人と喋れないし、典型的な陰キャ(地味なキャラクター)でした。このまま一生日の当たらない生活を送るんじゃないか…。それから1日2時間、コツコツ勉強をする生活が始まりました」

 中2になると安定して1位を取るようになり、平均偏差値は65に上昇。ただ、1位を取り続けることで、露骨に無視されたり心ない言葉をかけられたりという、いじめが始まった。

「勉強を頑張れば頑張るほど居心地が悪くなるという状況は、本当にきつかったですね。周りにビクビクすることも、頑張る自分を否定することも、すべてに疲れていました。ただ、別の高校に行くとなると、これまでの授業料を返さないとならない。たどり着いた答えは、彼らと同じ土俵に立つ必要はないということ。周りを黙らせるくらいのダントツの1番になろうと決意したのです」

 それが東大受験を本気で目指す原動力となった。高1の模試では東大B判定をマーク、すでに射程圏内に入っていた。ただ、非進学校からの東大受験には大きなハンデがある。これまでも論じられてきた、情報の少なさだ。大野さんの地元には、京都大学や大阪大学を目指す予備校はあっても、東大対策をしているところがなかったため、鉄緑会や東進ハイスクール、Z会、河合塾など、東大受験にいいといわれる予備校の講義を片っ端から試していった。

「生の情報を手に入れるまでが一苦労というのはもちろんですが、“ライバル不在”という点も大変でしたね。ぼくのような非進学校出身の東大生に話を聞くと、周りとは成績が違いすぎて、自分の立ち位置がわからなかったという意見が多く出ます。自分はインターネットの学習管理アプリ『スタディプラス』で東大志望生とつながっていましたが、実世界でライバルや励まし合う友人がいないというのは、やる気を維持するうえで厳しいと思います」

 実際、高2の進研模試では国・英・歴で校内偏差値114.1という、とんでもない数値をマークしたが、そのときの東大文三はC判定だった。

 そんな中、やる気を維持するのに役立ったのは、学外の東大志望の高校生と会うこと。その一方で、学校での勉強に限界を感じてもいた。

「周りは受験モードになっていないので、『勉強したいから静かにしてほしい』と言ったところで難しい。先生や親に相談して、11月からは学校を休んで自宅学習を基本として、講義のある日は予備校の自習室で勉強をすることにしました」

 そうして迎えた1月のセンター試験では、9割を超える847点を記録。センター利用で早稲田大学国際教養学部に合格したが、気を緩めることなく東大二次試験へ。2日目の英語が終わって、シャーペンを置いた瞬間、「合格できた」と確信したという。足掛け5年、さまざまな逆境を乗り越え、東大合格を勝ち取った最大の理由はなんだったのか。

「受験を乗り切るために大切なことは、“環境と自律”だと思っています。環境という点では、学校や親、友人などが協力体制にあり、自分が“努力できる環境”にあるということ。自律という点では、結局自分自身を甘やかすのも厳しく律するのも自分ですから、集中力や時間の使い方を自らコントロールする力ではないでしょうか」

 大野さんが努力する環境を整えてくれたという、家族について尋ねた。

「親が担ってくれていたのは、 兵站やロジスティクスと呼ばれる、軍隊でいう物資の補給や食料の調達という部分だと思います。食事や風呂、掃除などの環境を整えてくれていましたし、雨の日の送迎や予備校のウェブ授業があるときにはそれに合わせて家事をやりくりしてくれました。

 勉強しろと言われたことは、人生で一度もありません。むしろ、受験期は勉強以外の話をしてもらえるのがすごく嬉しかった。母はプロ野球の日ハムファンなんですが、その年は優勝した年で。試合が佳境になると“ホームラン打ったよ!”とか報告に来る(笑い)。ぼくも一緒に日本シリーズを見たり、ハイタッチしたり、いい息抜きになっていました」

 大野さんの母親(53才・看護師)にその真意を尋ねると、電話の向こうから珠を転がすような笑い声がはじけた。

「東進の保護者説明会に行ったとき、林修先生から、“受験生に大切なことはいつも通りの環境”と 伺ったんです。なので衣食住のサポート体制は守りつつも、『お母さんはお母さんで、いつも通りで過ごさせてもらうね』って宣言したんです。ほんとに受験生の親なんやろかって思うこともありましたけど…(笑い)。本人にも『あの有名な佐藤ママ(4人の子供が全員東大理三に合格した“教育ママ”佐藤亮子さん)みたいにはなられへんかったな』と言ったら、『おかんはおかんでええよ』って言われて。気を使って言ってくれたのかもしれませんが、よかったんかなあと(笑い)」(大野さんの母)

 子供を一個人として尊重し、本人のやりたいことをサポートする…そんな教育方針が決まったのは、幼児園のときだという。

「幼児園で子育てセミナーを受けたときに、“子供は親のブランドバッグじゃありません。こうしなさいとか、こうしてほしいという親のエゴを押しつけるのはやめて、子供の人生を尊重しましょう”というお話を聞いて、なるほど!と思えたんですね。私自身、人の目を気にして育った経験があったので、息子には好きなように生きていってもらいたい。偉くならなくても全然いいと思っています」(大野さんの母)

 大野さんは言う。

「非進学校から東大に進んだぼくたちに共通しているのは、置かれた環境や日常に疑問を持って、自分なりにそれを変えていこうと努力してきたこと。孤独に打ち勝ち、受験を乗り切れたという経験が、努力すれば何かできるという勝算につながっているのではないかと思います。

 今後は持ち前の行動力を生かして、素敵だと思う人やものとつながっていきたいですし、環境を変えながら人生を切り拓いていきたいですね」

◆撮影/爲永

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事(外部サイト)