新型コロナ「37.5℃基準」に高齢者医療の専門家が懸念表明

新型コロナ「37.5℃基準」に高齢者医療の専門家が懸念表明

多くの高齢者施設ではマスクや手洗いの徹底など入念な感染対策をしている(時事通信フォト)

 2月22日、東京都の介護老人保健施設で送迎車の運転を担当する60代の男性介護職員が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。これを受け、厚生労働省は翌々日の24日、各都道府県や指定都市、中核市の民生主管部に向けに文書で注意を呼びかけた。しかし、その内容について介護現場に詳しい専門家や医療関係者から疑問の声があがっている。介護ジャーナリスト・末並俊司氏がレポートする。

 * * *
 厚労省が関係各所に事務連絡として通知した〈社会福祉施設等(入所施設・居住系サービスに限る。)における感染拡大防止のための留意点について〉と題する文章には、介護施設などの職員、利用者への対応として留意すべき事項が具体的に記されている。

 遅きに失した感はあるが、老人ホームなどの施設に入居する高齢者は感染症が重篤化するリスクが大きい。混乱する現場に対して予防対策の方向性を示した点は評価したい。ただし、現場をよく知る複数の専門家からは、厚労省の通知した文書の内容を疑問視する声があがっている──。

「あの文章は逆に危険ですね」と話すのは介護現場の実態に詳しい本間郁子氏だ。介護施設のサービスの質を保障する認証機関『Uビジョン研究所』の理事長として、多くの施設を見てきた本間氏が「危険」と指摘するのは高齢者の発熱に関する以下の記述だ。

〈高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患)を抱える者又は妊婦については、37.5℃以上又は呼吸器症状が2日以上続いた場合には、保健所等に設置されている「帰国者・非接触者相談センター」に電話連絡し、指示を受けること〉

 本間氏が疑問を抱くのは、「37.5℃以上」という数値が示されている点だ。

「注意喚起はいいことですが、具体的な数字を示してしまったことで、『37.5℃未満であれば安心』という誤った考えが現場に広まってしまう懸念があります。これはとても危険。身体機能の低下した高齢者は、体温調節の機能も同時に低下します。仮に新型コロナウイルスに感染したとしても“発熱”するとは限らないと考えられます」

 高齢者医療に詳しい国際医療福祉大学教授の武藤正樹医師も同様の指摘をする。

「高齢者はとくに体温の調節機能が落ちてきます。本来は、熱に弱いウイルスと戦うために体温を上げなければならないのに、その機能が衰えているために重症化してしまう。新型コロナで高齢者の死亡率が高いのはそうしたところにも理由があるのです」

 同日、厚労省から出された別の事務連絡の通知文書には以下のような記述もある。

〈社会福祉施設等の職員(通所・短期入所等に限る。以下同じ。)については、出勤前に各自で体温を計測し、発熱が認められる(37.5度以上の発熱をいう。以下同じ。)場合には、出勤を行わないことを徹底する〉

 前出・本間氏は、こうした文書で使われている「発熱」の定義そのものに疑問を投げかける。

「一般的には37.5℃以上をもって発熱とするのですが、これは日本人の平均的な体温を36.89℃とした時の数値です。つまり平熱がそれ以下の人は37.5℃以下でも発熱といえるのです」

 新型コロナウイルスばかりに注目が集まるが、毎年のように流行する感冒やインフルエンザについても事情は同じだ。「あくまで私個人の印象ですが」と前置きし、武藤医師は次のように話す。

「外来の患者さんを診察していてとくに感じるのは、お年寄りに限らず今年のインフルエンザは発熱を伴わないケースが多いということ。そうした観点からも、『37.5℃以上の発熱』にとらわれるべきではないかもしれません」

 体温はあくまで目安であり、予防のための手洗い・うがいなどの徹底や、老人ホームの入居者ら本人と周囲が、体調の変化に細かく気を配る必要がある。お役所仕事の「数字の線引き」だけが強調されると、さらなる感染拡大を招きかねない。

関連記事(外部サイト)