天皇陛下の医療チーム 「東大へのこだわり」に変化

天皇陛下の医療チーム 「東大へのこだわり」に変化

医療チームには変化も(写真:アフロ)

 国民が陛下の健康と長寿を願うなか、「象徴」である天皇は常に特別の医療体制が組まれてきた。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が“玉体”の医療の歴史と現状に迫る。

 * * *
 現在の侍医はスーツにネクタイ姿で拝診します。侍医の数は昭和天皇と同じ、侍医長を含む5名です。記者会見に登場する「皇室医務主管」は、皇室の医療の統括者で公の場で発言するオモテの顔です。医務主管の下にウラで実務を受け持つ侍医長、侍医がいます。

 現在では「おぬる(体温)」や「お東(便)」はなくなりました。毎朝、侍医は天皇陛下に「伺候(参上)」して、顔色、眼、喉などを拝診、問診します。

 食事をどの程度召し上がったかも侍医が確認し、残されていたら分量を計ります。食事を作る「大膳課」に献立を確認し、栄養価に関する指示を出すこともあります。昭和天皇のときは事前に同じ食事を食べて味を確認する「おしつけ(毒味)」がありましたが、いまはありません。日々の拝診以外にも、両陛下は皇太子同妃両殿下時代から年に一度、宮内庁病院で人間ドックにあたる定期検査を受けています。

 かつては陛下が通う病院といえば宮内庁病院でした。皇居内ならば、皇宮警察本部があるため警備上の問題もなく、陛下のカルテという機密の流出を防げるという考えもあったようです。

 2001年に東大病院に「特別室」ができると、両陛下は入院のときは東大病院を利用するようになりました。侍医も宮内庁病院の医師もほとんどが東大出身なので、東大病院とは連携が取りやすいのでしょう。

 最近は陛下の医療チームに新たな動きがありました。2012年の冠動脈バイパス手術を担当したのは、天野篤・順天堂大学教授、日本大学医学部出身でした。また、適応障害に悩まれている雅子妃殿下の主治医は大野裕氏、慶應義塾大学出身です。徐々に東大にこだわらなくなってきているようです。

 昨年8月、天皇陛下は、象徴としてのお務めについてお言葉を述べられ、高齢による体力の低下にも触れていました。前述の冠動脈バイパスの手術は成功したものの、2003年1月に摘出手術を受けられた前立腺がんのことを忘れてはいけません。現在も1か月に1回、ホルモン治療を継続中で、副作用による骨密度低下が心配されます。

 平成はまもなく終わりますが、上皇となられた後も侍医団の注意深いサポートが必要となります。

【プロフィール】かんだ・ひでかず/1935年生まれ。テレビ朝日にて1978年から宮内庁担当記者。1995年退社後、フリーの皇室ジャーナリストとして活動。

※SAPIO2017年8月号

関連記事(外部サイト)