雅子さま、即位記念展に外務省時代の品が展示されぬ理由

雅子さま、即位記念展に外務省時代の品が展示されぬ理由

天皇陛下のお誕生日には、雅子さまへの感謝の思いが明かされた(写真提供/宮内庁)

「雅子さまは、常に感謝の気持ちを示され、“周囲を立てる”ことを欠かされません」と、ある宮内庁関係者は言う。天皇陛下の還暦という祝賀の裏で、その半生を支えてこられた皇后雅子さま(56才)の「気遣いの心」が見えてきた。

《即位以来、忙しい日々を送る中でも、私や愛子にもいろいろと細かく心を配り、活動を支えてくれており、公私にわたり良き相談相手となってくれています。私も今後とも、できる限り雅子の力になり、支えていきたいと思っております》

 2月23日、天皇陛下は60才の誕生日を迎えられた。会見で述べられたお言葉には、30年近く連れ添われてきた雅子さまへの感謝と労いの思いが込められていた。

 当日の朝、淡いピンクのドレスに身を包んだ雅子さまは、祝賀行事に出席するため、半蔵門から皇居に入られた。

「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、誕生日の一般参賀こそ中止になりましたが、半蔵門前には人だかりができていました。雅子さまはゆっくりと進む車窓を開かれ、笑顔で手を振られました。『せっかくいらっしゃったのだから』というお心遣いもあったのでしょう」(皇室記者)

 初めての天皇誕生日の会見で陛下は、即位からの10か月を、一つひとつの公務に真摯に向き合ってきたと振り返られた。雅子さまもまた、皇太子妃時代とは違った、頼もしい一面を発揮されている。宮内庁関係者の話だ。

「雅子さまはもともと“気遣いの人”ですが、最近は積極的にその姿勢をお見せになっていると感じます。今年の新年一般参賀では参加者の入場時間が20分ほど繰り上げられました。それは実は、雅子さまからのご提案だったそうです。『大勢の人にお待ちいただいているのだから、時間を早めた方がよろしいのでは』と訴えられたと聞いています」

 そんな雅子さまが最も心を砕かれているのが、上皇上皇后両陛下へのお心遣いだろう。

◆外務省時代ゆかりの品がなかった理由

 2月8日から、皇居・東御苑にある三の丸尚蔵館では『御即位記念特別展 令和の御代を迎えて』が開催されている。同展は2期制で、第1期では、即位関連儀式の解説や、上皇陛下から譲り受けられて天皇陛下も背負われたランドセル、米ハーバード大学時代のご友人から贈られた雅子さまの木製の椅子など、初公開の貴重な品々が並ぶ。なかでも注目を集めたのは両陛下の大学時代の卒業論文だ。経済学を学ばれた雅子さまのハーバード大の卒論は『輸入価格ショックへの対外調整:日本の貿易における石油』と題されたもの。

「雅子さまの論文は英文で書かれ、当時から堪能な語学力がうかがえました。展示を見た外国人観光客は『エクセレント!』と驚嘆していました」(別の皇室記者)

 展示ではそのほか、雅子さまの幼少期やハーバード大卒業式、英オックスフォード大学留学時の写真も公開され、雅子さまのご結婚までの足跡を辿れる内容となっていた。

「特別展の図録には、外務省で勤務されていた頃、ベーカー米国務長官(当時)が来日した際に、竹下登元総理の通訳を務める雅子さまの写真も掲載されていた。しかし実際には、雅子さまのキャリアを象徴する外務省時代に関するものは展示されていません」(前出・別の皇室記者)

 結論から言えば、外務省時代の写真は、展示品が入れ替えられた第2期に展示されるという。なぜ外務省時代の写真の展示は後ろ倒しにされたのか。「そこには、いかにも雅子さまらしいご配慮が感じられます」と、ある皇室ジャーナリストは言う。

 2014年10月、日本橋高島屋(東京・中央区)で『天皇皇后両陛下の80年──信頼の絆をひろげて―』と題された特別展が開催された。上皇上皇后両陛下の傘寿をお祝いし、美智子さまの幼稚園時代の作品などゆかりの品々約130点と、約170点の写真が並んだ。

「美智子さまが使用された乳母車など私生活を垣間見せる展示で、大盛況に終わりました。美智子さまの中学・高校の英語の教員免許も公開され、そのとき初めて“美智子さまは教員免許をお持ちだった”と知った関係者も多かった。

 今回の特別展で雅子さまのプライベート色が強く打ち出されたのは、そのときの展示に倣ったのでしょう」(別の皇室ジャーナリスト)

 そうした前例があったから、雅子さまはある工夫をされたのではないだろうか。

「雅子さまは、世間からいわれているようには、“自分がキャリアウーマンだったこと”を特別だと思っていません。むしろ、職業経験はなくとも、初めて民間人から皇太子妃、皇后となられた美智子さまが、言葉にできないほどご苦労をされて、道を切り拓かれてきたことを心から尊敬されています。

 だから、まずは美智子さまに倣って、展示物は幼少期や学生時代のものに絞られた。あえて自分の外務省キャリア時代のものは前面には出さず、第2期へ後ろ倒しにされたのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

◆両陛下に失礼があってはいけません

 1月2日に皇居で行われた新年一般参賀。御代がわり後、初の一般参賀ということもあり、上皇上皇后両陛下が出席されるのかさまざまな憶測を呼んでいた。そんな中で、両陛下は午前の部に出席された。

「上皇上皇后両陛下に出席していただくかどうか宮内庁職員は判断に悩み、天皇皇后両陛下に相談していたそうです。そこで雅子さまは“上皇上皇后両陛下に失礼があってはいけません”というお考えを述べられたそうです。ですから、上皇上皇后両陛下に“ぜひご出席ください”と申し入れ、ご出席に至ったと推察されます。

 一般参賀当日には、上皇上皇后両陛下が、それまでとは異なる立ち位置に一瞬、戸惑われるシーンがありました。

 後に、雅子さまはそれについて、“両陛下をないがしろにしてはいなかったか”と大変気に病まれたと聞いています。平成の30年間、立ち続けられた慣れた場所ではなく、横にずれることになったことをしっかりとお伝えできていたのか、など心配されたのでしょう。それほどに上皇上皇后両陛下を敬愛し大切に思っていらっしゃるのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

“気遣いの人”である雅子さまは、同時に、“努力の人”でもある。

「雅子さまは療養生活に入られてから、年明けに行われる『歌会始の儀』を欠席されていました。しかし、天皇陛下の出したお題に沿って詠んで届ける『月次の和歌』は療養中でも毎月提出されていたそうです。月次の和歌は考え方やものの見方を陛下が把握するもので、雅子さまはその重要性を理解されていたのでしょう。そうした努力はこれまであまり公にされていません。

 療養中で時に批判を浴びながらでも陰ながら努力を続けられる姿勢が、いまのご活躍の下地になっていると思います」(別の宮内庁関係者)

 そして、美智子さまはそうした雅子さまの積み重ねを静かに評価されていたという。

「雅子さまの勤勉さを、美智子さまは十二分に理解されていたと思います。美智子さまは雅子さまに自らの後継者として高い期待を寄せられ、雅子さまもその期待を感じられていたはずです。だからこそ、御代がわりを経たいまも、雅子さまは感謝の意味も込めて、美智子さまへのお心遣いを欠かさないのではないでしょうか」(前出・別の宮内庁関係者)

 互いを思いやるおふたりの関係は、いまも続いている。

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事(外部サイト)