眞子さま婚約会見で「関連質問」禁止、過去には名質問も

眞子さま婚約会見で「関連質問」禁止、過去には名質問も

7月8日行われるご婚約会見に注目が集まる

「内親王としては13年ぶりの婚約会見。まだお互い25才という若さだけに、会見でどんなことが語られるのかに注目が集まっていました。そのため、今回のお達しには“ふたりの素顔が国民にうまく伝わらないのではないか”という危惧の声があがったんです」(宮内庁関係者)

 交際発覚から約2か月が経ち、7月8日に秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの婚約発表会見が行われる。公の場所でふたりが揃われるのは初めてということもあって、注目が集まっている。

 今回の会見をはじめ、今後のスケジュールの打ち合わせのために、小室さんはたびたび、秋篠宮邸がある赤坂御用地に足を運んだという。

 当日、まずは午前中に皇居で天皇陛下へ婚約のご挨拶、続いて宮内庁長官が婚約内定を発表。午後になって、ふたりは赤坂御用地内の赤坂東邸で会見に登場される。

「会見を行うのは、自分たちの口から国民に直接、婚約をお知らせするためです。馴れそめやプロポーズの言葉、将来設計についてなど、国民が高い関心を持っていそうな事柄についても話されます。やはり、宮内庁長官の会見だけでは物足りない。ふたりの会見は、皇室に親しみを持つ国民の期待に応えるためのものと言っていいでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 それではなぜ、その「幸せ報告の場」に不安が漏れているのか。

「婚約会見に限らず、皇族方の会見は、事前に宮内庁の担当記者たちから質問内容が提出され、それに回答する形で進行します。事実関係の間違いがないようにという意味もありますが、それだけならば会見はいわば『台本通り』といえます。通常なら、その回答への追加質問という形で『関連質問』が行われます。しかし、今回の婚約発表会見ではその時間は設けないと宮内庁から記者サイドに通告があったのです」(皇室記者)

 事前に提出された質問とは異なり、関連質問は記者がその場で考えた問いを投げかける。それだけに、受け答えには「皇族方の素の表情や人間性が表れる」(前出・皇室ジャーナリスト)という。

 1989年の秋篠宮さまと紀子さまの婚約会見では、記者が紀子さまに対し「秋篠宮さまが初恋の人ですか?」と直球の質問をしている。紀子さまはこれを受け、「申し上げてもよろしいでしょうか」と秋篠宮さまの顔をうかがってから「はい、そうでございます」と答えられている。

 1993年の皇太子さまと雅子さまの婚約会見では、雅子さまに対し「皇太子さまによるプロポーズをいったんは断ったと言われているのは本当か?」といった主旨の質問が飛んだ。雅子さまは「申し上げるのは差し控えたい」としながらも「仕事を辞めるべきかどうか悩んだ」とキャリアウーマンと皇太子妃の間で揺れ動いた胸の内を明かされた。どちらも、皇族方の心情に迫る「名質問」だったといわれている。

「とはいえ、皇族方にとってはどのような問いかけがされるかわからないのは、かなりのプレッシャーなのです」(前出・宮内庁関係者)

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)