豊田真由子議員の同級生が告白「本当の姿知ってほしい」

豊田真由子議員の『親友』と名乗る女性が、Facebookで豊田氏との関わりを投稿し話題

記事まとめ

  • 豊田真由子議員は、運転中の政策秘書への暴力と罵声で話題になっている
  • 豊田議員の親友と名乗りをあげた女性が、Facebookで豊田氏との関わりを投稿し話題に
  • 『親友』は豊田氏を擁護もしているが「暴露しすぎで本当に親友か」など、批判も上った

豊田真由子議員の同級生が告白「本当の姿知ってほしい」

豊田真由子議員の同級生が告白「本当の姿知ってほしい」

未だ入院中という豊田真由子議員

 これまで清楚なスタイルに身を包み、やさしい声色で理路整然と政策を語ってきた豊田真由子衆議院議員(42才)の裏の顔──。

 事の発端は、運転中の政策秘書への絶叫暴力だった。証拠となった音声データには、「このハゲーーーッ!」「違うだろおーーーっ!」といった罵声が、暴行音とともに録音されていた。そこには、「そんなつもりはないんですぅ~~♪」といったミュージカル調のイビリのほか、「あるんでちゅかぁ」など赤ちゃん言葉によるパワハラもあり、ついつい誰かに語らずにはいられない展開となっている。

 豊田議員の華麗なるキャリアもあいまって、騒動はさらに拡大中だ。中高は女子御三家の一角を占める桜蔭を卒業し、東大法学部を経て厚生労働省の官僚に。名門ハーバード大学への留学経験もある。

 その後、2012年に自民党の公認を経て衆院選に出馬して当選。国交省で働く夫との間に2人の子供をもうけている──と、凡人には想像もつかない絵に描いたようなスーパーエリート街道を突き進んできた豊田議員だが、今回の騒動で自民党を離党。7月3日現在、心身症により入院中とのことだ。

 ちなみに夫とは別居中だが、原因は口の悪さとのウワサ…。小学生2人の子供は、豊田議員の母親が実家で面倒を見ているという。

◆豊田劇場を彩るエリート親友

 こんな折、豊田議員の親友と名乗りをあげたひとりの女性が注目を集めている。桜蔭・東大で豊田議員と同級生だった、田中絵里緒さんだ。2度の離婚を経た彼女は、6人の子供を育てるシングルマザーとして、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)などに出演したことがあるものの、当然、政治家でもなければタレントでもない、ごくフツーの一般女性だ。

 そんな彼女が、今“時の人”となっているのは、親友が火だるまになっているなか、自身のフェイスブックに「豊田真由子さんと私の関わり」という記事を投稿したからだ。

《男の子と集団で会うとか、合コンの人数を集めるというときに、豊田さんは、自分が負けるほどメッチャ可愛い女の子が来て、自分が添え物にされる展開を恐れ、嫌がっていました。「あの子は可愛いから私負けちゃう…。」ということをいつも気にして口にしてました》

《よく覚えているのは、豊田さんがうちの高校の文化祭の時に話していた男の子のことを、私が気に入って、紹介してほしい、と話した時のことでした。「ああ、あれでいいなら、あげるよ」。その男の子は、豊田さんのお目当ての彼氏ではなく、たくさんいる男の友達の一人だったのです》

《キレると人の迷惑だし、嫌われる…。頭のいい私達はそんなことは分かり切っています。そんな自分にも嫌気がさしていたからこそ、「男の人にモテたい」「いい成績を取ってホメられたい」という二つの願い、そこは絶対譲れないこだわりでした》

 他にも、修学旅行先の京都でひと晩のアバンチュールを求め逆ナンした話などは赤裸々すぎて、豊田議員が読めば「ちぃがぁうぅだぁロォォォォ~」と絶叫しそうな内容がてんこ盛りだ。

 しかし田中さん自身は信念があって、約8000文字にもわたって思い出話をしたためたようだ。

《豊田さんをよく知らない人から「極悪モンスター」みたいに言われるのは、とても耐えがたい思いがします》《豊田真由子さんは、頭脳明晰、細やかで、才色兼備な人であり、記録された時の暴言だけをもって「極悪人」と決めつけるのはやめてほしいと私は思います》として、《この文章を、豊田さんのお子さんが数十年後に読むかもしれないことと考えて、私の確かに経験して知っている事だけを、隠さず記録しておこうと思います》

 こういった田中さんの意図を理解できない人の方が多かった。バッシングの矛先は豊田議員から田中さんへも向けられた。

「いくらなんでも暴露しすぎでは。ホントに親友なの?」
「豊田さんもこんなふうにかばってもらうくらいなら放っておいてほしいはず」「これは擁護のふりをした追撃では。やっぱり女の敵は女だわ…」

 果たして親友・田中さんは豊田議員の味方なのか、敵なのか。本当の狙いは──。

「炎上するかも、なんてことは百も承知です」

 田中さん本人を直撃すると、サラリとそう話す。“頭のいい”田中さんには、どんな反響があるかはまるっとお見通しだったようだ。

「官公庁やマスコミに勤めている人の中には、表現に気をつけた方がよかったと言ってくれる人もいます。でも、豊田さんの助けになればと思って、夜中に一気に書き上げました。暴露ではないです。彼女の本当の姿を知ってほしかったんです」(田中さん)

 豊田議員とは「親友」と言うが、田中さんの心遣いに豊田議員から感謝の言葉はあったのか聞くと「ない」とキッパリ。

「大学を出てからは会ったことがなくて、年賀状のやりとりも今はしていないです」

 つまり20年近く会っていないものの、親友の大ピンチとあらば健筆をふるったというわけだ。そこには大義もある。

「ボイスレコーダーの彼女の声だけが一人歩きして、全人格を否定するような動きが広がっているので、彼女は元気でかわいい普通の人で、悪い人じゃないということを言いたかっただけなんです。『こんなに叩かれて、もう生きていられないわ』と飛び降りてしまうようなことをいちばん心配しています。これからも長い人生を、なんとか立ち直り、気を取り直して生きてほしい。そのためになるなら、こうやって書くことは私にとって当然の行動でした」

 とはいえ誰にだって隠したいばかばかしい過去はある。逆ナンなど青くさい思い出の一ページは、できるなら塩漬けにしたまま二度と引っ張り出したくはないのではないか。しかし、これこそ、級友ならではの“忖度”だった。

「ありのままを書いて知ってもらえれば、怖い面にばかり焦点が当たらなくなると思うんです。自画自賛は豊田さんの公式ホームページにたくさん書いてあったので、人気者になるには自虐ネタも少しあった方がいいと思います。家のことはあまり言わない人でしたが、ポロッと漏らしたことがありますね。お父さんが高圧的で暴力的な人で、自分もそういう彼氏を選ぶ傾向があることを嫌がっていました」

 現在田中さんは、弁当店で働きながら子育てに奮闘しているが、自身の仕事と豊田議員の仕事を重ねながらこう続けた。

「ミスのない仕事はありえません。お弁当屋さんでも時々大量注文の予約と同時に店頭注文が入ると、ミスが出ますから。豊田さんもそれはわかっているはず。でもいつの間にかそれを叱責する側に回ってしまった。企業でのパワハラもみんなそうですよね。完全に負のスパイラルで、不毛だなと思います。中高時代の豊田さんは、些細なミスを責めるような人ではなかったですから」

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)