17年間で1万種類のパンを食べたブロガーがTVに出演するまで

17年間で1万種類のパンを食べたブロガーがTVに出演するまで

『こんがりパンだ パンクラブ』を設立したひのようこさん

 現在「パンの達人」として、様々なメディアに登場しているのが、パンブログ『こんがりぱんとおいしい日々』の管理人・ひのようこさん(41才)だ。2008年、ブログが話題となり、Ameba公式ブログになると、パンマニアとして『BS熱中夜話』(NHK BS)にテレビ初出演。2015年には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のパン特集に登場。以降、不定期で何度か出演。2017年になると、『マツコの知らない世界』(TBS系)の「袋パンの世界」に登場。17年間毎日、パンだけを食べるOLとして紹介された。

「甘いパンで体を目覚めさせ、夜はおかずに合わせてバケットなどシンプルなパンを食べることが多いです」(ひのようこさん、以下同)

 普段は会社員をしているひのさん。彼女の朝は、甘いパンから始まる。彼女はパン好きが高じて1999年に、パンサークル『こんがりパンだ パンクラブ』を設立。

「当初から、メルマガで新しくできたパン屋さんの紹介や試食会のイベント告知をしていたのですが、2008年頃からはブログが身近になってきたので、パンブログ『こんがりパンとおいしい日々』を立ち上げ、情報発信をするようになりました。

 ちなみに今では、友達から「○○駅のおいしいパン屋さんは?」と聞かれると即答できる“パンピューター”が頭の中に埋め込まれていますよ。

 暇さえあれば、“パン友”と国内外のパン屋さんを巡っています。新たな店を見つけると1回で20~20種類のパンを買い、話題のパン屋さんがオープンすると聞けば、どんな味なのかを知るために、海外でも足を運びます」

 パン代だけで月に1万5000円以上使うことも多く、ブログを始めてからの17年間で、食べたパンの数は1万種類以上に及ぶ。

 そんな彼女のパンに対する情熱がテレビ局の目にとまり、2008年には『BS熱中夜話』にパンマニアとして初出演。だが、それまではテレビ出演に対しては消極的だった。

「テレビに出て誹謗中傷されるのが怖くて敬遠していましたが、思い切って出演してみたら、思いのほかパン好きの人たちが好意的で…。“こんなパンがあるのか、早速、買いに行ってみよう”など反響もよかったので、それ以降も出演依頼を受けるようになりました。

 レポーターとして不定期でロケに出ることもある『ヒルナンデス!』の共演者から、“この間、おすすめの、あそこのパン食べたけど、おいしかった”と言ってもらえるのは、うれしいですね」

 さらに、彼女のパン愛は街のベーカリーに止まらず、コンビニなどで売られている“袋パン”にも及ぶ。

「『マツコの知らない世界』では、“パンを語れる人はたくさんいても、袋パンまで語れる人がいない”という理由で、私にお声がかかったようです。コンビニでは毎週火曜に2~3種類のパンが新発売されるんですが、もちろん私は毎回チェックして、すぐに食べるようにしています」

 今年の4月18日に、同番組で彼女が紹介した山崎製パンの『ミニスナックゴールド』(129円・実勢価格)は、同じ週に『日曜もアメトーーク!』(テレビ朝日系)で取り上げられたこともあってか、出荷数が3倍になり、一時、品薄状態となった。

「マツコさんの番組に出演してから3か月以上が経ちますが、いまだにメッセージをくれる人もたくさんいて、改めて反響の大きさを実感しています。たまにパン屋さんに行くと、“テレビ出てましたよね?”と声をかけられて、照れることもありますが、パンの魅力を存分に知ってもらえればうれしいです」

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)