もし首都直下地震が発生したら千代田・中央・新宿・港区は…

もし首都直下地震が発生したら千代田・中央・新宿・港区は…

千代田区や中央区の液状化や火災の危険を示したマップ

 近い将来、起きる可能性が高いといわれる「首都直下地震」。人類が未だ経験していない、大都市への地震直撃に向けて、しっかりと備えておく必要がある。あなたの家、親族の家、子供の学校、職場は、安全な地域にあるのか、それとも、特別な備えが必要な場所なのか──。

 今回は千代田区・中央区、新宿区・港区の詳細な「ハザードマップ」を作成した。

※参考/東京都建設局「東京の液状化予測図 平成24年度改訂版」、東京都都市整備局「地震に関する地域危険度測定調査」、国土交通省国土地理院デジタル標高地形図、『首都大地震 揺れやすさマップ』(旬報社)

◆“どじょう”が泳ぐ地層

 今回の4区は主にオフィス街であり、高層ビルの多さが目立つ。大地震が起きると、高い建物が崩れると心配する人もいるが高層建築物ほど頑丈なため、倒壊リスクは少ない。

 ただし、必ずしも安全な立地というわけではない。千代田区にある日比谷第一生命ビルの建設着工時(1935年)には、その地下から「どじょう」が見つかったという逸話がある。関東学院大学工学総合研究所の若松加寿江さんはこう説明する。

「お堀から迷い込んできた“どじょう”だと考えられますが、その距離は最短でも40mもある。これは、どじょうが泳げるほど軟弱な地層が、日比谷入江の地下にはまだ存在していることをよく表しています」

◆超軟弱な地盤でできた「溜池山王駅」の周辺地域

 1928年に埋め立てられた下水「赤坂川」は、さらに昔に存在した「赤坂溜池」の名残だった。「溜池山王」という駅名は、そこからきているとされる。超軟弱と評価される腐植土が数m堆積している。

◆揺れにくい「江戸前島」揺れやすい「日比谷入江」

 神田から銀座あたりまで突き出た「江戸前島」は、台地と比べ低地ではあるものの、周辺の埋め立て地よりは比較的揺れにくい。一方、日比谷入江埋め立て地は関東大震災(1923年)でも震度6以上の激しい揺れがあったとみられる。

◆川が「落ち合う」地点

 新宿区の北に位置する「下落合駅」周辺地域は、昭和に入るまで神田川と妙正寺川の合流地点だった。谷地形で揺れやすいのはもちろん、1999年に、自宅の地下室が豪雨によって浸水し、住人が亡くなる事故も発生している。

◆“東京タワーが倒れる”は大きな勘違い

 333mの高さを誇る東京タワーは、築年数の古さから危険なイメージを抱きやすいが、どれほど揺れても倒壊しないほど頑丈でしなやかに設計されている。ただし、真下では落下物の危険が。

◆古川が直角に蛇行する危険地帯

 古川がほぼ直角に蛇行する麻布十番駅南方は、水はけの悪さから腐植土が堆積しており、軟弱な地盤が指摘される。特に麻布十番から東麻布にかけての地域は、関東大震災でも震度7だったと推測される危険地帯。

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事(外部サイト)