新型コロナ感染拡大 「介護施設の送迎ドライバー」から悲鳴

新型コロナ感染拡大 「介護施設の送迎ドライバー」から悲鳴

感染リスクにさらされる介護現場の苦悩とは(写真はイメージ)

 2月22日、東京都内の介護老人保健施設に勤務する送迎ドライバーが新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。感染が拡大するなか、介護現場で働く人たち、とりわけ「ドライバー」の役割を担う職員たちの間で、危機感が高まっているという。

「やっぱりきたか」──送迎ドライバーから感染者が出たというニュースを耳にした時、藤田修さん(仮名)はそう感じたという。神奈川県にあるデイサービス事業所の職員である藤田さんは、平日の午前中、主に送迎の仕事を担当している。

「利用者のお宅までうかがって、車に乗せ、デイサービスの事業所までお連れする。簡単なようですが、一歩間違えば大きな事故につながる危険がある、緊張感ある仕事です」(藤田さん)

 藤田さんの勤める事業所は、送迎車として9人乗りのバン1台と、2台の軽自動車を使い分けている。

「毎日コースを決めて利用者の皆さんをピックアップするのですが、そのたびに濃厚接触です」(藤田さん)

 介護事業所の送迎ドライバーはハンドルを握るだけの仕事ではない。利用者の自宅の玄関先まで行って、場合によっては靴を履かせ、自分の足で歩ける利用者なら見守りながら、歩行に難のある人なら手引きや車椅子で送迎車まで連れていき、乗り込ませる。自分でシートベルトを使えない人も多いので、その着用も手伝う。

 さらに新型コロナウイルスの感染拡大により、最近は車に乗せる前の「検温」も必須となっている。厚生労働省は、37.5℃以上の発熱であればデイサービスの利用を控えさせるよう、都道府県などに対し事務連絡で通知している。

「僕の勤めるデイサービスは認知症対応型です。程度はまちまちですが、利用者全員が認知症を患っています。手洗いうがいを徹底している人ばかりではありません。また、高齢の利用者は難聴の人も少なくありません。こちらがマスクをしていると声がこもって聞き取ってもらえないことがあります。だからお世話をする時にマスクを取ることもあります」(藤田さん)

 送迎車に乗せる前の検温を徹底することで発熱のある利用者を事業所に連れて行かなかったとしても、ドライバーはそのまま向かわざるを得ない。この場合、事業所はどう対処すればいいのか。

「日々の手洗い、うがいの徹底はもちろん、仮に発熱したら病院を受診して検査、という流れでしょうが、今は病院もなかなか検査してくれないっていうし、困っています。消毒用のアルコールを送迎車に常備しようという議論もありましたが、可燃物ですから、危険だということでうちの事業所では見送りになっています」(藤田さん)

 さらに「事業所ごとの独自ルールも悩みのタネです」と藤田さんは頭を抱える。

「うちの施設の運営は、傘下に複数の特別養護老人ホームなどの施設を持つわりと大きな社会福祉法人です。2月の下旬に法人全体の方針として『家族の誰かに発熱者が出たら、その時点でその職員は最低2日間の出勤停止』ということにしました。どこの法人も似たようなルールを設定していると思います」

 水際対策を徹底することで、事業所へのウイルスの侵入をシャットアウトするためだが、藤田さんは次のように懸念する。

「濃厚接触しているであろう家族の誰かが発熱したら出勤できない。このルールを徹底するということは、僕が送迎している利用者さんに発熱者が出た場合、その瞬間に僕の出勤も停止しないと理屈に合いません。僕らは毎日のように検温時の利用者さんと接しているわけですからね」

 藤田さんによれば、「感染が怖くて送迎車には乗りたくないという職員も出てきています」という。ドライバーの出勤停止やなり手不足が相次げば、施設の運営そのものに大きな影響が出る。

 デイサービスなど通所系の事業所は利用者の大部分が送迎車を利用している。家族が送り届けている例もなくはないが、数は多くない。マイカー率の低い都市部はなおさらだ。送迎車のドライバーは事業所の要とも言える。彼らの安全をどう守るか。介護業界は難しい問題の対応に迫られている。

◆取材・文/末並俊司(介護ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)