トイレットペーパー品切れの要因は「疑似パニック」の連鎖

トイレットペーパー品切れの要因は「疑似パニック」の連鎖

トイレットペーパー争奪戦はいつまで続く?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、マスクに続きトイレットペーパー品切れ騒動について考察する。

 * * *
 ドラッグストアやスーパーの棚からティッシュやトイレットペーパーが消えた。新型コロナウイルスの感染拡大により、「マスクの次に不足する」とネット上でデマが拡散したことが原因だが、それを情報番組が詳しく報じたものだから、普段ネットを見ない人々にもデマが一気に広がったのだろう。世界保健機関(WHO)が懸念していたデマや誤った情報が急速に拡散する「インフォデミック」だ。

 実際、近所のドラッグストアでは、店員が棚にトイレットペーパーを補充した途端、争奪戦が繰り広げられパニック状態になった。店員たちが「中国ではなく、日本で作られているから不足はしない」「倉庫には在庫がある」と懸命に説明するが、買えなかった人々の顔は不安で一杯。「いつ入荷されるのか」と声を荒らげて詰め寄る者もいれば肩を落として立ち去る者もいる。誰もがデマを信じているわけではないだろうが、手に入らない、確保できないという事実が彼らの不安をさらにかき立てる。

 この時、棚の前の人々に起きていたのは「獲得パニック」だ。獲得パニックとは希少資源に向かって同時に殺到すること。生活必需品であるトイレットペーパーが不足するかも?という情報により不安が駆られ、この危機を回避するため店に急いだのだ。

 そうしたくなる心理もわかる。マスクはすでにどこも品切れが続き、消毒用品さえ購入したくても手に入らない。必要な物が必要な時に確保できないかもという不安は、この状況でいっそう強まっている。その上、いくら自分や家族が自衛手段を講じても、事態は悪化の一途を辿り感染が収束する気配さえない。

 企業では在宅勤務やテレワークが進み、街は閑散。右を見ても左を見てもマスク姿の人ばかり。政府の対策は後手に回り、安倍首相はスポーツや文化イベントの自粛を要請しただけでなく、突然、全国の小中高の一斉休校を発表。コロコロと変わる政府の方針転換に振り回された人々の不安と不満の声が、そこかしこから聞こえてくる。そしてタイミング悪く今回のデマ情報が出現。予想できないことが突発的に起こる可能性や時間的な切迫感から、人々を「今、対処しなければこの先どうなるのか…」という気持ちにさせてしまったのだろう。

 情報番組ではデマに惑わされず冷静にと呼び掛けつつも争奪戦の様子が流れ、奪いあう人々と空っぽの棚が視聴者の心に衝撃を与える。こうなるといくら首相が「十分な在庫はある」と会見で述べ、「事実ではない噂が飛び交っている」と否定しても、目にした映像のインパクトのほうが上回る。しかも百聞は一見にしかずで、実際、身近でその様子を目にしてしまえば、本当に大丈夫なのかと疑心暗鬼になってくる。

 今や“○○不足”というキーワードは、それだけで情報になってしまう。情報が正しいか正しくないかに関係なく、そのキーワードがあるだけでホントらしく思えてしまうから怖い。今の状況にストレスを感じている人ほど焦燥感や切迫感を煽られ、つい店へと向かってしまう。デマやそれを報じたマスコミ情報によって行動してしまう「疑似パニック」だ。

 中にはデマだとわかっていても品切れ続きを嫌い、先に確保しておこうと店に向かった人もいただろうし、目の前で早い者勝ちの状況が起きれば、つい手を伸ばして買ってしまうだろう。そんな人の脳裏に無意識のうちに浮かんだのは、オイルショック時や東日本大震災の時の空棚と必需品を探し求めた苦い思い出だろう。

 気がつけば、わが家ではトイレットペーパーの在庫がもうすぐなくなるではないか。緊急事態だ。正しい情報こそが感染拡大の防止につながるなどと言っている場合ではない。でも、果たして買えるのだろうか…?

関連記事(外部サイト)