ブロガーが教える自撮りテク ナルシストと思われぬ方法など

ブロガーが教える自撮りテク ナルシストと思われぬ方法など

自撮りの達人、生駒幸恵さん

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)などの情報番組の解説に、ブロガーといわれる人々の登場が増えている。好きが高じて専門家と化した彼らの愛ある話は人々を魅了し、ネットを飛び出し、テレビ、ラジオなど活躍の場を広げている。

 2016年8月30日放送の『マツコの知らない世界』に自撮り指導員として登場した生駒幸恵さん(30才)もそんなブロガーの一人だ。カメラは顔より高い位置から撮り、上目遣いで…など、自撮りできれいに撮るコツを伝授した。

「反響はすごかったですね。あ、女性セブンの自撮りのコツを紹介する企画(2016年11月24日号)でも登場しています」(生駒さん、以下「」内同)

 ブログだけに限らず、インスタグラムでも自身のライフスタイルを配信。カリスマ的な人気を得ている。インスタグラムのフォロワー数は3万人を超える勢いだ。

 生駒さんの実際の肩書は自撮り指導員ではなく、ソーシャルネットワークコンサルタント。自身が勤めるアパレル会社の販売員にブログやインスタグラム、ツイッターなどの活用法を指導している。

「『マツコの知らない世界』は、私以外に25人くらい声をかけたみたいですが、カメラ、画像修正、SNSの知識がある人ということで、私に決まったようです。会社に入った10年前は、SNSの『mixi』が流行していて、そこで自社のブランドや、カリスマ販売員と呼ばれるスタッフのコミュニティーが立ち上がっていきました。これをビジネスチャンスにできないかと、独自にSNSやブログの研究を始めたことがすべての始まりです」

 当時、若槻千夏(33才)や中川翔子(32才)、辻希美(30才)などタレントのブログが爆発的に人気を得ていた。

「私は若槻さんの熱烈なファンで、彼女が着ている服はもちろん、髪形やネイルなど、すべてブログを参考にマネしていました。若槻さんのブログとともに、当時、ブログで人気だったタレントやモデルのブログが、なぜ注目されているのか、毎日見て研究するなか、いくつかの傾向が見えてきたんです。

 まず、タイトルのつけ方と写真の撮り方に注目しました。タイトルは、“今日は”と書くより、“ご報告”の方が、反響があります。特に重要な話題でなくても、なんだろう?と気になって、つい見てしまうんですよね」

 気づいたことを自社の社員に指導。今では自社のみに限らず、芸能事務所でタレントやモデルたちに自撮りの仕方やブログの書き方の講義をしている。

 こうした人気からメディアへの出演も増えている。2016年12月にはアンタッチャブル柴田英嗣(41 才)司会のパソコン・スマホ向けのライブ配信『FRESH! 恵比寿スタイル#』にインスタのカリスマとして出演。2017年7月には、『ステージを上げる SNS 絶対6ルール』(文響社)を出版予定だ。

「自撮りはひとつ間違えると“この人、ナルシストでは?”とネガティブに思われてしまうので、自撮りとともに、誰かに撮ってもらった写真を載せるのがコツ。自然でバランスもよくなりますよ。

 ただ、なるべく加工アプリは使わないようにしています。もちろん目を大きく、小顔に見せるなど“盛る”ことは大切ですが、アプリを使いすぎると、実物とギャップがありすぎて、不自然に見えてしまうんです。それに、アプリを使いすぎると画質が落ちて、きれいに写りません。やはり太陽の光が降り注ぐ、自然光で撮るのがベスト。肌もきれいに顔色も明るく写ります」

 自分で満足できるカットを見つけるために、200枚以上撮るのは当たり前。2泊3日の旅行なら、3000枚は軽く撮ります。

撮影/矢口和也

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)