上野千鶴子×小笠原文雄対談 最高の臨終「QOD」の重要性

上野千鶴子×小笠原文雄対談 最高の臨終「QOD」の重要性

良い臨終「QOD」について語る上野さんと小笠原さん

 どうしたら多くの高齢者の夢、「在宅ひとり死」は叶えられるのか――社会学者・上野千鶴子さんが在宅医療の医師・小笠原文雄さんに67の質問をぶつけてベストセラーとなった『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』から4年。ますます在宅医療の必要性が増し、注目度も高まっている。上野さんは小笠原さんの新著『なんとめでたいご臨終』をどう読んだのか。人生の最期を家で朗らかに過ごす方法を語り尽くした。

上野:私、思うんですが、死に目に会いたいって、あれは何なんですかね。亡くなるのは高齢者だったり、がん患者さんだったりするでしょう。死期は大体わかっているじゃないですか。

小笠原:わかっていますね。

上野:それを、わざわざ子どもが遠くから駆けつけて、臨終の瞬間にそばにいることを、どうして至上命題にするんだろうと。これは私に子どもがいないから、そう思えるんでしょうか。

小笠原:江戸時代は、身内が危篤というと、「よっこらせ、よっこらせ」とやって来て、「もう二度と来られないから」と、亡くなるまでそばにいて帰路についた。昔のそういうイメージと、もう1つは亡くなった時にドクターがご臨終って言い出したからじゃないですかね。人生の中で1回しか使われない、その言葉の重みのようなものを無視できないということかもしれません…。

 しかし、そもそも「臨終」というのは「終わりに臨む」わけだから、死ぬ瞬間ではなく、生きている時の話なんですよ。

上野:あっ、臨終も、もとは仏教用語ですか。

小笠原:そうですね。間もなく亡くなるなら、そばにいてあげてもいいと思うんですが、上野さんの言うように、生きている時にきちんとお別れをするなりしておけば、その場にいなくても何の問題もないかと思いますよ。

上野:小笠原さん、私も最近、講演で同じことを言っています。

小笠原:えっ、そうなの?

上野:死に際に駆けつけて「お母さ~ん」と取りすがり、死にかけている人を揺さぶるぐらいなら、相手が正気なうちに、ちゃんとお別れと感謝を言うときなはれって。「ぼくはお母さんの息子でうれしかった」とか、何度でも言うといたらええやないですか。

小笠原:そのとおりですね。

上野:最近は私も法話の世界です(笑い)。

小笠原:ただ、クオリティ・オブ・デス、QODという言葉がありますよね。死ぬ人は最期の最期に「ありがとう」とか「愛してる」、「また会おうね」とか、いろんな言葉を遺して亡くなる。それこそ臨終という、生きている時に言って亡くなるわけですが、実はそれがあるか、ないかによって、遺族のその後はガラッと変わってしまうんですね。

上野:感動的な話がこの本にも出てきますね。

小笠原:病院に対して憤懣やるかたない怒りを持って妻を自宅に連れ帰ったご主人が、いよいよ奥さんがダメという時、「旅立ちたいなら、もう旅立ってもいいんだよ」と奥さんに言った。そうしたら奥さんはうなずいて、娘と孫が来るのを待って、亡くなられたんです。

上野:そうでした。「あ・り・が・と」と言って、涙をぽろっと流して。

小笠原:ご主人は、妻のその一言がずっと残って、朝起きると妻に会いたくなる。ご主人は、「夫は自分が死んだ後、食事はどうするんだろう」と奥さんが心配するぐらい何も家事ができない男性だったのに、ご飯を炊いて、お仏飯をお供えするようになった。

 そうしているうちに、だんだん病院に対する怒りが薄らいだんです。過去を振り返るんじゃなくて、前を向いて生きていこう、と。奥さんの最期のあの「あ・り・が・と」がなかったら、病院と医療訴訟になっていたんじゃないかと、ぼくは思っているぐらい、当初のご主人の怒りは凄まじかったですからね。

上野:ああ、そうなんだ。

小笠原:ええ。だからQODというのは大事だな、と。

上野:だからこそ私も「感謝と別れは相手に聞こえるところで何度でも言うときなはれ」って言っているんです。

小笠原:この話は本に載せてないんですが、末期のすい臓がんの患者さんが、今日明日の命だったんですね。ところが1週間経っても亡くならない。ぼくが「おかしいね」と言ったら、奥さんがこう言うんです。「先生、夫は毎晩夜中の1時になると呼吸が止まるの。船乗りだった夫はいろんな港の女からやっと私のところに帰ってきてくれた。だから死なせてなるものかと思って、ぶちゅ~とキスするんです。そしたら主人がビクビクッとして、また呼吸するんですよ」って。

 すると、それまでどんなに身体を揺すっても無反応だったご主人から不思議な気配を感じて、みんなで、「え、もしかして聞こえとったの!?」って。

上野:いい話ですね。

小笠原:でも、ぼくは奥さんに言ったんですよ。もう7晩もラブ注入したんだから、「ご主人のためにやめたら」って。

上野:もう、楽にしてあげなさいと。

小笠原:そう。すると次の日に「亡くなりました」と。話を聞くと、夜中の1時にまた呼吸が止まりそうになったご主人に、「もう、旅立ちたいの?」と聞いたそうです。そうしたら、涙をぽろっと流して、息がすーっと止まったって。ぼくはそれを聞いて、ああ、人は死んでもいいと言われた時に亡くなるんだなぁと思いましたね。

上野:そういう話がこの新しい本には本当にいくつも出てきます。まだまだこれからも伝えることがありますね。

※小笠原文雄先生が7月17日、「なんとめでたいご臨終の迎え方」をテーマに、東京・小学館で講演会を開催。
詳細はhttps://sho-cul.comへ。

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)