臨死体験の研究者「その存在に納得がいきます」の根拠

臨死体験の研究者「その存在に納得がいきます」の根拠

臨死体験により生死の境界を認識することで、死への恐怖が和らぐ人もいるという(イラスト/たばやん)

 20年前。年老いて小さくなった祖母の体にかかる真っ白な布団が、呼吸のたびにかすかに上下していた。危篤の知らせを受けて病院に駆けつけた家族が必死に呼びかけるが、次第に反応がなくなっていった。ひと呼吸ごとの間隔が長くなり、いよいよと思ったそのとき、田代有希さん(43才・仮名)は天井の片隅が急に明るくなったことに気づいた。

「もともと霊感が強い体質だったこともあり、それに気づいたのは私だけでした。ほかの人に見えていないその光は、どんどん明るさを増しながら、天から降りそそいでいました。それに私の体が触れたとき、経験したことがないほどの凄まじい吐き気に襲われました。

 ああ、これは私が触れてはいけない光だ──そう思った次の瞬間、祖母の体がビクビクッと上下したかと思うと、まるでさなぎが羽化するかのように、体から魂が抜け出てきました。そして天井から降りそそぐ光に吸い込まれるように、昇って行ったのです。

 光が降りそそぎ、人が天に召されていく様は、まるで映画『ゴースト』のワンシーンのようでした。いま思えば、あれはお迎え現象だったのでしょうね」

 死を前に、お迎え現象や臨死体験、虫の知らせなど不可思議な現象に遭遇した、またそういう話を聞いたことがあるという人は多いだろう。私たちはそうした現象をどう捉えるべきなのだろうか。

◆生死の境で“別の人生”を体験

 東久美子さん(当時26才・仮名)は、出産時に臨死体験をした。

「子供を産んだ後、明るい光が差して頭の中が真っ白に。次の瞬間に色とりどりの花が咲くお花畑と、その先にきれいな水が流れる小川が見えました。そこに人が2〜3人いて、ニコニコとこっちを見て笑っている。“私、死ぬんだなあ”と思いつつも怖さはなく、その笑みに誘われるようにあちらに行きかけたそのとき、自分の名前を呼ぶ母親の声に気づいてハッと目が覚めました」

 萩尾智也さん(当時13才・仮名)は池で溺れたときに臨死体験をした。

「息ができず、苦しくて“このまま死ぬんだ”と諦めたとき、呼吸が楽になり、溺れる自分を少し上から客観的に見ているもう1人の自分に気がつきました。池の底の強い光に吸い込まれるように入ると、中は真っ暗。暗闇の遠くに見える光があって、近づいてその光に入ると別の惑星で生まれ変わっていました。

 その惑星で、私は子供から年老いて死んでいくまでの人生をやり直しました。その後、控室のような部屋に。次に生きる惑星を選ぶよう言われ、迷わず地球を選ぶと、次の瞬間、自分が池の畔に横たわっていたのです」

 いずれも、臨死体験について調査研究をしている明治大学意識情報学研究所の岩崎美香さんが聞いた体験談だ。

「臨死体験は突発的な事故や心臓発作のような急病、出産時など、生命の危機が迫ったようなときに起きています。誰にでも起きる可能性があることで、体験者のほとんどが夢とはまったく違うとはっきり断言します」(岩崎さん)

 お花畑や川、光や暗闇など、臨死体験には共通のパターンがあると言うのは、スピリチュアルな現象に詳しい中部大学教授の大門正幸さんだ。

「多くの人の体験で共通しているのは、体外離脱で自分を上から見てからトンネルのような暗いところに入り、やがてまばゆい光に出合う。その光に包まれて心地よさを感じながら、走馬灯のように人生を回想します。自分の人生だけでなく、自分とかかわった相手の気持ちを追体験するケースもあります」

 その後、この世とあの世の境界の手前まで行き、自分を呼ぶ声が聞こえたなどのきっかけがあって戻ってくるのが一連の流れだという。

「年齢や性別、国籍が違っても臨死体験は共通のパターンがある。すなわち、人間の心の重要な部分を反映した体験であることは間違いありません。普段、私たちの脳は五感を通して入ってくるいろいろな情報を処理しています。その脳の働きが弱まったとき、人間が潜在的に備えている力が発揮されると考えられます。臨死体験やお迎え現象は、脳が動いていない中での体験ですから、その存在に納得がいきます」(大門さん)

 岩崎さんは、研究を通して、臨死体験者にある共通する変化が見られたという。

「死は未知だからこそ怖い。肉体的な苦痛への恐怖、己という存在が消滅することへの恐怖があります。臨死体験をすると、死後の世界のようなものを知る。それゆえ、死への恐怖がなくなったとか、死後にも続く何かがあると感じるようになったなど、死生観が変わったという人が多いのです」

 死生観の変化は多くの体験者が口にすると大門さんも言う。

「やはり臨死体験をすると、死が怖くなくなるようです。“あの体験が死なのであれば、死もいいよね”と思えるようです。例えば臨死体験時にすでに亡くなったかたに会うと“あの人が待っていてくれる”と思えることで、死への恐怖が和らぐのです」

◆友人のたばこのにおいがしたら死の知らせが

 死の直前を、あるいは死んだことを予感することを“虫の知らせ”という。日本看取り士会会長の柴田久美子さんは、これまで250人以上の看取りを通し、多くの不思議な現象を見聞きしてきた。虫の知らせもその1つだ。

「94才の女性を看取ったときのこと。彼女と息子さんは、親子仲が悪かったのです。息子さんが出かけた後、お母さんの容体が急変しました。

 呼び戻そうと思ったそのとき、息子さんは自分から部屋に戻って来たのです。聞くと、車が故障し、“もしや母親に何かあったんじゃないか”と胸騒ぎがして帰って来たと言います。それでお母さんの最期に立ち会うことができ、ずっと体に触れながら寄り添っていました。後から“おふくろが教えてくれた気がした”と話してくれました」

 ほかにも、喫煙者の友人が吸っていたものと同じたばこのにおいがしたと思ったら、電話で友人の死の知らせが入ったと言う人や、夢に仲のよかった友人が出てきたと思ったら、その日に亡くなっていたという人もいた。

「私も最初は不思議なこともあるなと思いましたが、そういう現場を多く見聞きしていると、死を前に本人がテレパシーを出しているのではないかと思うほか考えられなくなりました。

 普段、私たちの脳は3〜5%しか使っていません。しかし、死を前にして受け入れたときにすべての能力が開花するのかもしれません。科学的に証明しようとする学者もおり、『虫の知らせの科学』という本も実際に出版されています。そこには“虫の知らせ”は本人の出すテレパシーだと書かれています」(柴田さん)

※女性セブン2020年3月19日号

関連記事(外部サイト)