取り締まりが厳しくなった危険ドラッグが、再び「民泊」を使い蔓延している

記事まとめ

  • 危険ドラッグは社会問題として関心を集め、法律が改正され取り締まりも厳しくなった
  • 「今年に入ってから“危険ドラッグ”絡みの摘発は確かに増えている」と当局関係者
  • 税関を逃れ、流行の「民泊」を使って大麻や危険ドラッグを捌いている実態があると説明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております