GU、無印、ワークマンのスニーカー 低価格ながら機能性向上

GU、無印、ワークマンのスニーカー 低価格ながら機能性向上

低価格スニーカー疲れず好評

GU、無印、ワークマンのスニーカー 低価格ながら機能性向上

多数の靴が売られている無印良品

 スニーカーブームが続いているが、ナイキやアディダスといったスポーツブランドだけが人気を博しているわけではない。無印良品やジーユー(GU)、ワークマンといったカジュアル衣料品チェーンが発売する低価格スニーカーも機能性を高め、「1日中履いても疲れない」などと好評だ。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、各社イチ押しスニーカーの特徴をレポートする。

 * * *
 5年ほど前、ファッション業界では「スニーカーブーム再燃」と言われていました。ナイキ、アディダス、ニューバランス、リーボック、コンバースなどのスニーカーが「ファッションアイテム」として驚くほど売れに売れたからです。

 しかし、個人的には「ブーム」という言葉に対してはちょっと違和感がありました。なぜなら、スニーカーをデイリーカジュアルに合わせるというのは、それまでにも存在したカジュアルコーディネートの定番の一つだったからです。ファッション的には取り立てて目新しさは感じられませんでした。

 ブームではなく「定着」だと考えます。理由はファッション好きの若者だけでなく、中高年や高齢者までもがスニーカーをデイリーユースに着用するようになったからです。

 実際、街中を歩く人たちの服装を観察していると、ナイキやアディダス、プーマ、アシックスなどに代表されるスポーツブランドのスニーカーを着用したシニア層がすごく増えているように感じます。

 ジョギング人気やファッショントレンドでのアスレジャーの浸透などから、いつの間にかスポーツブランドを老若男女問わずカジュアルファッションとして着用するようになりました。20〜30年前と比べたら大きな変化だと感じられます。

 昔はどんな商品にしても専門メーカーが圧倒的に優れていました。ファッション業界でいえば、洋服よりも靴のほうが専門性が高いアイテム。洋服の場合はサイズがピッタリでなくても着用できますが、靴は5mm小さいだけでも足を入れることさえできません。また大きすぎても小さすぎても歩きづらく、足を痛めることになりますから、洋服よりも製造には高いノウハウが必要となります。

 ですから、かつては専門メーカーの商品とそうでないメーカーの商品には雲泥の差がありました。著名ブランドのスニーカーと低価格のスニーカーは比べ物にならないほどデザインや機能性に差があったのです。

 しかし、いまや着心地のよい低価格のカジュアル衣料品がたくさんあるのと同様に、靴やスニーカーもデザイン性・機能性ともに大きく向上した低価格のコモディティ品が数多く登場しています。

 その代表はジーユーでしょう。レディース・メンズともにビジネスタイプからスニーカー、サンダルまで毎シーズン幅広く揃います。同じファーストリテイリング社のブランドでも、ユニクロがなかなか靴の品番数を増やせないことに比べると、ジーユーは靴においてはユニクロに圧倒的に勝っているといえます。

 ビジネスタイプでは、クッション性の高いレディースの「マシュマロパンプス」を2018年から発売したところ、発売から1年間で170万足を売り上げて大ヒットとなりましたが、ジーユーはスニーカー類も豊富に発売されています。

 スニーカーには定番がほとんどなく、シーズンごとに変わりますが、ほとんどが定価1990〜2990円(税抜き)という価格帯です。コンバースオールスターのような機能性よりもファッション性を重視したスニーカーもありますが、中には、2019年に発売した「ダッドスニーカー」のように厚底でクッション性の高い物もあります。

 ダッドスニーカーというと有名ブランドなら数万円もするような高額の商品もありますが、ジーユーは2990円と値ごろです。私も実際に買って着用しましたが、予想以上にクッション性が良く、歩いていて疲れにくい印象を持ちました。

 そのほか、ジーユーのスニーカーには、屈曲性を重視したソール(靴底)でスポーツにも適した「アクティブイージースニーカー」や、軽量で蒸れにくい「スポーツソックススニーカー」、着脱しやすい「スリッポンシューズ」、「レザータッチスニーカー」などもあります。デザイン性や機能性が様々な商品があるので、店頭でしっかり試着してから買うのが良いでしょう。

 無印良品も古くから靴を手掛けており、定番は「疲れにくい撥水スニーカー」です。アッパーがキャンバス地でデザインはベーシック。どんなカジュアルスタイルにも合わせやすいだけでなく、土踏まずの部分が盛り上がっている独特のインソール(中敷き)のおかげで、通常のキャンバススニーカーに比べて脚の疲労が軽減されます。

 また、税込み2900円という低価格ながらアッパーのキャンバス地には撥水加工も施されています。時々1900円に下がることがありますから、セール時を狙って買うとお得です。これも実際に購入して着用しましたが、他社のキャンバススニーカーに比べると疲れにくかったのは商品名通りでした。

 そのほか、無印には踵(かかと)部分に衝撃を吸収するインソールを使った、その名も「踵の衝撃を吸収するスニーカー」(税込み2990円)や「防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー」(税込み4990円)などがあり、やはり機能性の進化は目覚ましいものがあります。

 さらに、低価格で高機能性商品といえば最近話題のワークマンが挙げられますが、ワークマンには靴も多数売っています。もともと作業服の店なので、作業現場に適した靴も用意されています。

 以前に990円の「ランニングスニーカー」が発売されて話題となりましたが、2020年春夏の新商品として、新型の高反発素材をソールに使用したランニングシューズが1900円で発売されます。

「低価格品ながら本気で高反発スニーカーを開発してみた」と担当者は自信を見せています。これまでの素材よりも弾力性のある「バウンステック」と名付けた新素材をソール部分に使用しているとのこと。実際にランニングしてどこまで品質を実感できるか分かりませんが、立ち仕事の際に着用すればかなり脚は疲れにくいのではないかと思われます。1900円という手ごろな価格なので、試してみる価値は十分ありそうです。

 このように低価格ながら機能性を追求したスニーカーが増えたのも単なるブームの影響ではなく、日常生活に根付いて定着した商品だからといえます。低価格なコモディティ商品が登場するのは、これまで他分野の商品でも見かけられた姿であり、極めて当然の流れだといえるでしょう。

 今後、この手の低価格・高機能なスニーカーはますます、市場に投入されると考えられ、消費者の選択肢が広がることになるでしょう。着用シーンや頻度、コストパフォーマンスなどを考えて購入し、履き分けてみてはいかがでしょうか。

関連記事(外部サイト)