明治日本の産業革命支えた鉱山鉄道、なんとか後世に残せないか

明治日本の産業革命支えた鉱山鉄道、なんとか後世に残せないか

記事画像

 そもそも鉄道が誕生したのは、鉱山から採掘物を運ぶためだったとも言われている。日本でもかつては多くの炭鉱や鉱山のために鉄道が敷かれたが、エネルギーの主役が石炭から石油へと移るに従い、それらの鉄道の多くは廃止された。廃止を免れた鉄道のうち、1997年の三池炭鉱閉山後も三井化学専用線として存続していた路線の廃止について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 幕末から明治にかけて、日本は急速に近代化した。その背景には、鎖国を解き、海外からもたらされる新しい技術を積極的に吸収したことがあげられる。

 海外から得た技術は、日本を革命的に発展させた。そうした功績が評価され、2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は世界遺産に登録された。

 世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の中には、いまだ操業中の遺産もある。それだけに、文化財保護と企業の営利活動の両立という観点から悩ましい問題も発生していた。

 世界遺産として認定を受けながらも、現役の施設として一部が稼働していたのが福岡県・熊本県にまたがる三池港および三池鉄道だ。

 三井財閥が躍進する原動力になった三池炭鉱は、大牟田市・荒尾市に点在する各炭坑を鉄道で結び、さらに鉄道は三池港へとつながっていた。この鉄道が迅速な運炭を可能にした。こうした港湾と鉄道がセットで整備されたことが、三池の活性化につながる。

 三池鉄道は石炭を港まで運炭するための貨物鉄道としての役割が強かったが、炭坑夫たちの通勤列車としても運行されていた。また、炭鉱には鉱夫の家族たちが住む社宅も整備され、社宅に住む家族が日々の生活用品を買いに街へと出かけるために買い出し列車が短い期間ながら運行していた。

 三池の炭鉱は特に大規模だったが、各地の炭鉱でも石炭の採掘により経済的にも活況を呈した。炭鉱のある街は石炭で潤い、そうしたことから石炭は黒いダイヤともてはやされる。

 しかし、石炭による活況は長く続かない。1960年代に入ると、石炭は非効率な燃料とされた。新たなエネルギーとして石油が重宝されるようになり、各地の炭鉱は次々と閉鎖されていった。

 石炭の需要と供給が細る中、国内屈指の三池炭鉱はなんとか操業を続けた。それでも、1997年に力つき閉山。三池炭鉱の閉山は、国内の石炭産業が幕をおろしたことを意味する。それと同時に、石炭運搬のために建設された三池鉄道は役割を失った。

 役割を喪失した三池鉄道は大部分で廃止された。しかし、一部の区間は同じ三井グループの三井東圧化学(現・三井化学)に引き取られて貨物専用線として存続。三井化学大牟田工場に原材料を搬入するための専用線として活用されていた。

 生き残った専用線は、わずか1.8キロメートルと短く、同区間を走る貨物列車も1日に数本しかない。そうした状況から、専用線が廃止されるのは時間の問題と目されていた。それでも三井化学専用線は20年以上にわたって物資輸送を担い、地元住民や鉄道ファンからも親しまれる存在になっていた。

 しかし、このほど三菱マテリアルが福岡県北九州市にある工場から三井化学大牟田工場への硝酸輸送を終了すると発表。それに伴って三井化学専用線は不必要になり、今年5月末をもって完全に役目を終えることが決まった。

「硝酸輸送を終了した後、専用線の線路や駅、施設などはすぐに取り壊す予定にしていました。専用線は三井化学大牟田工場の物資輸送に活用されていますが、貨物駅として使用されていた宮浦駅や専用線の敷地の一部は日本コークス工業や三井金属鉱業などが所有しているからです。そうした事情もあり、使用停止後はすみやかに敷地を返還する必要があったのです」と説明するのは、三井化学コーポレートコミュニケーション部の担当者だ。

 しかし、専用線の廃止を発表すると、すぐに惜しむ声が多く寄せられる。大きな反響を受け、三井化学は残すことも含めて専用線の今後の活用を模索することになった。

 その第一弾として、"ありがとう炭鉱電車プロジェクト"を発足。同プロジェクトでは、大牟田市や映画監督の瀬木直貴氏、関連団体の協力を得てメモリアル映像を制作するほか、6月にはラストランイベントを実施することも決まった。

 しかし、「専用線の跡地の活用や貨物輸送で使用されている三井が保有する5台の車両については何も決まっていません」(三井化学コーポレートコミュニケーション部)という。

 三井化学専用線を走っていた車両の多くは戦前期に製造された。鉄道車両としても貴重だが、大牟田市の歴史を語るうえでも、我が国のエネルギー史を語るうえでも欠かせない存在になっている。

「三井化学専用線で使用している車両はたいへん貴重ですので、引き取り手がいるならば、前向きに検討していきたいと考えています。ただ、まだ廃止を発表したばかりですので、何の動きもないのが現状です」(同)

 炭鉱が街を大発展させたことを踏まえれば、三井化学専用線の車両や線路は大牟田市にとって大恩人といえる存在だろう。大牟田市が引き取り、博物館や公園などに保存・展示すること考えはないのだろうか? 大牟田市の広報課担当者は言う。

「これまでにも、大牟田市は炭鉱が閉山した後のまちづくりに活用したいという思いから炭鉱電車を4両引き取り、2016年から三池炭鉱の最主力坑だった三川坑跡で一般公開をしています。まだ、専用線の廃止が発表されたばかりなので庁内でも具体的な話は出ていませんが、こうした実績もあるので、今後は三井化学とも話し合いができればと考えています」

 三井化学専用線の廃止と、それを保存しようという取り組みは、単に「昔はよかった」という懐古主義ではない。

 各地の鉱山と運搬で使用された鉱山用の鉄道は近代化を支え、地域の発展に貢献した。今般、現役で稼働している国内の鉱山はきわめて少ない。国内の鉱山鉄道も数えるほどしか残っていない。役目を終えた鉱山鉄道の多くは遺産として残されることもない。いまや、その跡を探せる鉱山・鉱山鉄道の方が少ない。

 我が国の炭鉱史・エネルギー史に大きな足跡を残した三池炭鉱と三池鉄道。それらを後世に残す作業は、容易ではない。資金も必要になるし、保存・管理のための人も必要だ。重要になる。

 それでも、三池炭鉱と三池鉄道が我が国の炭鉱史・エネルギー史に大きな足跡を残したことを忘れてはいけない。これらなくしては、日本の戦後復興はなく、その後の高度経済成長もなかった。

 先人たちが流した血と汗の結晶を語り継ぐためにも、築き上げた繁栄に感謝するためにも、そうした記録を後世に残していく作業は非常に重要になる。それが、現代に生きる私たちに課された使命といえるだろう。

関連記事(外部サイト)