新型コロナウイルスで混乱する現場 医療従事者は神経戦に

【新型コロナウイルス】医療従事者は神経戦に 全国一斉休校で現場は人手不足の恐れも

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本中が混乱するなか、検査件数はなかなか増えない
  • 検査するかどうかの最終的な判断を、保健所が担う仕組みにも問題があると医師が指摘
  • 医療機関からすれば鑑別できないため、知らないうちの感染を不安に思う医療従事者も

新型コロナウイルスで混乱する現場 医療従事者は神経戦に

新型コロナウイルスで混乱する現場 医療従事者は神経戦に

アルコール消毒は定着したが、ワクチンはまだ開発途上だ(写真/Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本中が混乱するなか、感染の有無を診断する検査の実施件数はなかなか増えない状況だ。実際の臨床現場では、医師が「検査が必要」と判断したら保健所に連絡し、さらに保健所が地方衛生研究所(衛生研)など実際に検査をする機関に依頼する流れとなっている。3月5日にもPCR検査に公的医療保険が適用されるが、実施される医療機関は限定的だと見られる。

 政府の専門家会議は「心配だからと病院に行くのは避けて」と訴えるが、線引きは曖昧だ。ナビタスクリニック理事長の久住英二さんはこう話す。

「症状に線を引いて“受診OK”と“受診NG”を分けることは不可能です。感染してもかぜの症状しか出ないのに、“症状が出ても4日間は家でじっとしてろ”というのはそもそも無理な注文。検査をせず家に閉じ込めると、“自分は感染したのではないか”との不安が増すばかりです」

 検査するかどうかの最終的な判断を、保健所が担う仕組みにも問題がある。

「医師や患者からの電話で、検査の有無を保健所が判断するのはおかしいんです。保健所で実際に電話対応しているのは必ずしも医師ではなく、保健師や薬剤師もいます。民間機関を排除したので検査数に限りがあり、多くの保健所職員が“検査依頼を断ること”を仕事にしている。実に不毛です」(前出・久住さん)

 坂根Mクリニック院長の坂根みち子さん(内科・循環器内科)は、「医療従事者は神経戦になっている」と指摘する。

「何℃以上熱があろうが医療機関からすれば、鑑別ができないため、軽症者とかぜ気味の患者の扱いは同じなんです。かぜ気味の患者の中に新型コロナウイルス感染者がいて、自分が知らないうちに感染したらどうしようと不安に思う医療従事者もいるんです」

 しかも、安倍晋三首相が唐突に全国一斉休校を打ち出したため、子供のいる看護師が出勤できず、医療現場が人手不足になる恐れも指摘される。

「政府は、患者も医療従事者も感染の疑いのある人を安心して受け入れられる体制を作るべきなんです。このままでは、医療が崩壊し、検査難民が殺されてしまいます」(医療ジャーナリスト)

 待たれるのは特効薬とワクチンの出現だ。兵庫県立丹波医療センター・地域医療教育センター長の見坂恒明さんが指摘する。

「重症の感染者に対してはHIV感染症治療薬の『カレトラ』が使用され、一定の効果はありますが、今後、使用する量や有効性のさらなる検討が必要です。基礎研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果があったインフルエンザ治療薬『アビガン』は臨床研究が行われており、有効かどうかの結果が待たれます。ワクチンの臨床試験も近いうちに始まる見通しですが、実用化には1年以上かかるのではないでしょうか」

 ここに利権が絡むと明かすのは前出の久住さんだ。

「ワクチンを製造する財団法人は厚労省の天下り先です。アメリカでは第1段階の臨床試験分のワクチンがすでに出荷されていますが、厚労省が利権を捨ててまで外国産ワクチンの承認や支援ができるか微妙です」(前出・久住さん)

 間違いだらけの国の対応で、いま、日本は危機を迎えている。

※女性セブン2020年3月19日号

関連記事(外部サイト)