コロナで続々出現 対策デマ、危険デマ、外国デマ、安全デマ

コロナで続々出現 対策デマ、危険デマ、外国デマ、安全デマ

買い占めも発生(時事通信フォト)

 ネットでは多くの新型コロナウイルスに関する不確実な情報が拡散されている。その内容から、予防法などの「対策デマ」、不安を煽る「危険デマ」と「外国デマ」、逆に現実より危険性や被害を小さく見せようとする「安全デマ」などに分類できる。

 発信者が明らかなケースが少なくない。新型ウイルスの予防法については、〈アオサが新型コロナウイルスに効果〉という情報が国民の混乱を招いた。ネットで広がると、スーパーでは海藻のアオサの売り切れが続出、メルカリ(フリマアプリ)などで高値転売される現象が起きた。

 発信源は中部大学。2月20日にホームページで発表した『海藻の「アオサ」にヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認──新型コロナウイルスでの効果にも期待──』という研究成果のリリースだ。

 ところが、実際の研究内容は、A型インフルエンザウイルスを用いたマウス実験だったことから、専門家から疑問があがり、現在、同大学はリリースを削除している。A型インフルのマウス実験を行なっただけで、「新型コロナウイルスでの効果にも期待」とアナウンスするのはさすがに“牽強付会”と批判されても仕方がないだろう。

 危険デマも大量に飛び交っている。

〈約4600人の中国人観光客が博多に入港〉。中国からの団体旅行禁止後に大型クルーズ船の写真付きで出回ったツイートは短時間で拡散したが、旅行禁止前の画像が使われたガセネタだった。

〈関西空港へ入国した中国人観光客から咳と熱を検知し、病院へ搬送したものの検査前に逃げた〉。これは中国のSNSの根拠のない情報が“元ネタ”とされる。

 いま、国民の不安を一番煽っているのがこの映像だろう。〈新型コロナウイルスの再感染は致死的〉。

 この発信源は東京都内の内科クリニックの院長。YouTube(2月25日投稿)に登場し、中国の新型コロナウイルスを治療したドクターの話として、「再感染を起こすとコロナウイルスを免疫がやっつけることができなくて、心不全を起こして突然死する」「すごい凶悪な、80年に1回、人々が忘れたころに社会に大混乱を起こすウイルス」と正面から警鐘を鳴らし、再生回数は1週間で7万回を超えている。

 実際に、中国でも日本でも、症状が改善して検査で陰性になった患者が短期間で再び陽性と判断されるケースが発覚しただけに、国民にとって不安が高まる情報だ。

 感染症専門家からは、「引用論文が明示されていないものは、一切信用しないほうがいい」と反論されているが、実は、院長の話にも“元ネタ”と思われる情報があった。

 2月14日付の台湾英文新聞が、「中国の医師が武漢のコロナウイルスの再感染は致死的と語る」という見出しで報じた内容と一致する部分が非常に多いのである。この記事も「武漢の第一線の医師」の匿名証言がもとになっており、証言内容についての医学的エビデンスは示されていない。

※週刊ポスト2020年3月20日号

関連記事(外部サイト)