小笠原文雄・上野千鶴子対談 「持続的深い鎮静」は抜かずの宝刀

小笠原文雄・上野千鶴子対談 「持続的深い鎮静」は抜かずの宝刀

日本在宅ホスピス協会会長・小笠原文雄さん

 社会学者・上野千鶴子さんと、『なんとめでたいご臨終』の著書がある日本在宅ホスピス協会会長・小笠原文雄さんが対談。在宅医療の大問題を語り合った。

上野:私が小笠原さんと知り合った後で気がついたのは、小笠原さんがペインコントロールのプロ、モルヒネ使用の熟練者だということでした。

小笠原:ありがとうございます。在宅医療を行う上で、ぼくがいちばん大切にしているのは、「痛みを取ること」と「痛みへの不安を取ること」なんですね。そのためには、モルヒネの特性を熟知することが大事なんです。

上野:今回の『なんとめでたいご臨終』では、その熟練者に、「夜間セデーション(鎮静)」と「持続的深い鎮静(終末期鎮静)」の違いについて非常に詳しく書いてもらったのは、とてもよかったと思います。この2つは全く別ものですね。

小笠原:はい、同じくセデーションといっても、「持続的深い鎮静」は鎮静薬を使って患者に永遠の眠りを与えることで、耐えがたい苦痛を取る医療です。それゆえに“安楽死”と間違われることもあります。一方の「夜間セデーション」は、夜、不安や痛みで眠れない患者が、睡眠薬でぐっすりと眠れるようにし、朝が来ると目覚めるという、あくまで人間らしい生活を送るための医療です。

上野:今だから明かしますが、実は小笠原さんから最初に夜間セデーションの話を聞いた時、素人ながらこれはやばいと思って書かなかったんです。私だって、聞いたことを全部書くわけじゃありません(笑い)。それなのに先生は、講演などで気軽に話されるので、ひやひやしていました。誤解されませんか?

小笠原:その2つの違いを知らないかたには、「小笠原内科はセデーションばっかりやっている」とか「ガイドラインに沿っていない」とか、誤解されているかもしれませんね。

上野:ほら、やっぱり! でも今回、その2つがはっきり違うということがわかった。しかも「持続的深い鎮静」を「抜かずの宝刀」と書いていらっしゃる。この言い方、うまいです。座布団一枚(笑い)。

小笠原:ありがとうございます。

上野:宝刀は、やっぱり抜かないことに価値があります。

小笠原:抜いちゃおしまいです。

上野:驚いたことに、その抜かずの宝刀であるべき「持続的深い鎮静」を、末期のがん患者の7人に1人が受けているというデータがあります。

◆家族が後悔することもある

小笠原:2016年1月、ぼくがコメンテーターとして出演したNHK『クローズアップ現代』で発表されたものですよね。非常に驚きました。

上野:「持続的深い鎮静」をすると、患者は二度と目覚めませんね。

小笠原:その通りです。「持続的深い鎮静」をされた患者さんは二度死にます。一度目は「持続的深い鎮静」をかけられた時、二度目は実際に死んだ時です。「苦しみから解放してあげるため」というと、一見聞こえはいいですが、それを家族が同意・決断すると、後で「私たちが死なせてしまった」と深い後悔を生むことが多いんです。

上野:医者は、自信がないから使うんですか?

小笠原:ぼくが思うに、病院で「持続的深い鎮静」をいつも行っていた医師が、そのまま在宅医療でも使っているんじゃないか、と。

 在宅ホスピス緩和ケアは、医師が主体となって行う緩和医療ではなく、医師、看護師、ヘルパーなどの総合力でやる「チーム医療」です。医師免許がないとできないことは、もちろん医師がやりますが、主力は現場の看護師さんやヘルパーさん。彼らが患者さんの生きる力を引き出すんです。そうすれば、「持続的深い鎮静」を行う頻度が劇的に減ります。

 だけど「持続的深い鎮静」を行う医師は、どうも看護師さんとかヘルパーさんのそういう力を信じてないようで。医療と介護の連携ができるはずがないと、公言しているドクターが多いと聞いています。

上野:あら、そうなんですか?

小笠原:そういう考えだと、医療と介護の連携ができず、家族の負担を増やすばかりか、結局、患者さんの痛みのコントロールができないんですよ。その点、「持続的深い鎮静」をすれば、医師は患者さんが亡くなるまで、ある意味何もしなくていいようなものですからね。

 在宅医療は家族が大変だと思われがちですが、ヘルパーさんや訪問看護師などの公的制度を使えば、ご家族の負担も減って、結果的に患者さんの痛みも減るんです。つまり家族ケアが得意で、モルヒネの使い方が上手な医師のチームで在宅ホスピス緩和ケアを行う場合は、「持続的深い鎮静」をやらなくて済むんです。「持続的深い鎮静」をされた患者さんは、「愛してる」とか「ありがとう」は言えないですからね。

上野:つい最近、緩和ケアをやっているドクターが書いた『その鎮静、ほんとうに必要ですか』(大岩孝司・鈴木喜代子著)という本を読んで、すごく面白かったんです。疼痛を、「感覚と情動の合成物である」と定義していました。

小笠原:なるほど。名言ですね。

上野:私も深く深く納得しました。感覚と情動の両方、もしくはどちらかをコントロールできれば、緩和できるとあって。

小笠原:そう、できるんですよ。痛みを我慢したり、痛みが取れないと、同じ痛みでも2倍、3倍に増え、耐えがたい痛みにパニックになることもあります。一方で、痛い・つらい・苦しいという患者さんが退院して自宅に帰れたことだけでも、痛みがかなり取れるんです。それだけ家は癒やしの空間なんでしょうね。

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事(外部サイト)