ウイルスと戦う若者たちへ 自由学園最高学部長の言葉全文

ウイルスと戦う若者たちへ 自由学園最高学部長の言葉全文

未来ある若者たちに送られた言葉とは(写真/共同通信社)

 東日本大震災から9年の月日が経った。いまだ被災地に震災の爪痕が残るなか、現在の日本は新型コロナウイルスという新たな災厄に襲われている。とくに大きな負担を強いられているのが卒業式、入学式という晴れの舞台を奪われ、一斉休校で自宅待機を余儀なくされている学生たちだろう。

 全国が震災直後と同じような陰鬱なムードに包まれるなか、ある教育者が学生に送ったメッセージが、いま静かな注目を浴びている。

 メッセージの主は、自由学園(東京都東久留米市)で最高学部長を務める渡辺憲司氏。幼稚園から大学までの一貫教育を謳う自由学園でも、コロナウイルス対策のため3月2日から休校になった。そのメッセージは休校に入る前、同学園最高学部(大学)や女子部(中学・高校)の学生に向け、伝えられたという。

 渡辺氏は震災当時、立教新座中学校・高等学校(埼玉県新座市)で「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。」というメッセージを発して、話題を呼んだ人物だ。

〈君らを待つ大学での時間とは、いかなる時間なのか。学ぶことでも、友人を得ることでも、楽しむことでもないとしたら、何のために大学へ行くのか。
 誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
 大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
 言葉を換えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい〉

〈歴史上かってない惨状が今も日本列島の多くの地域に存在する。あまりに痛ましい状況である。祝意を避けるべきではないかという意見もあろう。だが私は、いまこの時だからこそ、諸君を未来に送り出したいとも思う〉

 勇気と希望に溢れたメッセージは、ツイッターなどインターネット上で拡散され、静かな感動を呼んだ。

 あれから9年。渡辺氏が、新型コロナウイルスに立ち向かう若者たちに伝えられた言葉とはどのようなものなのか。本人の了解のもと、ここに全文を紹介する。

【以下、全文】
 コロナ対策で今日本中が大きな試練の時にあります。

 もちろん、私たちは、手洗いを始め予防対策をしっかりやらなければなりません。感染をこれ以上増やさないために、各自が冷静に、この病気に対して「正しく恐れ」なければなりません。国の対策が十分であったか、政府のとった行動に間違いがなかったのか、その検討はこれからも続けられるでしょう。より良い結果のためにも批判精神を保持することは必要です。

 もう一度繰り返しますが、私たちは感染を防ぎ十分すぎるほどの対策を、個人でも、又学校でも、国でもやらなければなりません。

 そして私はここでは感染症のもたらす恐れについて書き記しておきたいと思います。昨年、感染症関係の医学会で二度ほど江戸時代の状況について話をさせていただきました。その時、学会の後の懇親会で、世界的に著名な感染症学の先生と話をしました。その時先生の口から出た言葉が忘れられません。

「感染症は勿論蔓延が恐ろしい。しかしもっと恐ろしいのは病いに対する人々の差別と偏見です。」

 感染症に対する特効薬が作られ、人から人への感染が完全否定されたにもかかわらず、長く人権を無視した差別が続けられて来ました。例えば、ハンセン病に対する隔離政策があげられるでしょう。近年ではエイズに対する就職差別がありました。感染症だけではありません。水俣病の患者に対しての差別が、水俣出身の子どもたちにも及んだこともありました。又、感染症とは無関係ですが、つい最近では、福島の原発事故以降の放射能汚染に関連し、福島出身の子供たちへのいじめがあったことも報道されました。

 本日、29日の毎日新聞デジタル版(ベルリン特派員の記事)によれば、ヨーロッパではすでにコロナウイルスに関するアジアの人々への偏見が広まっていることが伝えられています。このようなことは断じて許されるものではありません。差別・偏見には勇気を持って戦わなければなりません。

 私たちは、誤った負の感染症の歴史を繰り返してはならないのです。そして、今、我々の身近で起きうる危険があることも認識しなければなりません。

 私達のすぐそばには、自らのプライドを真っ逆さまに突き落とす奈落の断崖があるのです。自らが又隣人が差別者になる危険があることを認識しなければなりません。不安と危険の渦中にあるからこそ、私達は、人間の誇りとヒューマニズムの勝利を誇らかに歌わねばならないのです。

 私達の精神は、危機と不安の中に立たされ揺らいでいるかもしれません。しかし、そのような時であるからこそ、人間の評価が試されているのです。危機的状況は人間の尊厳が試される時でもあります。毅然たる態度で、究極のやさしさをもって人々に接しましょう。

 学校が休みになり、寮生も家庭に戻ることになります。もちろんこれはウイルスの拡大を恐れての処置です。最善の注意を払わなければなりません。

 そして同時に私が強く諸君らに望むことは、弟や妹に今まで以上にやさしく接してほしいということです。親の仕事の支えになり、高齢者への心に寄り添ってほしいということです。君たちの若さはそれに耐えうるはずです。貢献できる力を持っているはずです。中学生であれ、高校生であれ、大学生であれ、家庭にあって大きな支えになってほしいのです。正義と柔軟な感性を持つ若さこそ社会と家庭を思いやりとやさしさに包まれた場所に引っ張って行けるのです。積極的に頼られる存在になってください。

 それは、この社会から差別や偏見を一掃する第一歩です。コロナへの対策は、病気の蔓延を防ぐのみではありません。差別なき社会のありようを決める試金石でもあるのです。人間の持つ真の絆が生まれるのは、危機です。

 やさしさを胸いっぱいに吸い込んで明日に向かいましょう。遅くとも春は必ず来ます。学園で再会しましょう。

 2020年2月29日 渡辺憲司(自由学園最高学部長)

【以上、全文】

 どのような目的意識を持って、家庭での時間を過ごすか──。その姿勢しだいで、子供たちの成長ぶりは大きく変わってくる。渡辺氏のもとにはすでに様々な教育関係者から反響が寄せられているという。

関連記事(外部サイト)