安倍首相はコロナデマを収束させる機会に失態 混乱深めた

安倍首相はコロナデマを収束させる機会に失態 混乱深めた

安倍首相の対応は正しかったのか(写真/EPA=時事)

 ネットでは多くの新型コロナウイルスの不確実な情報が拡散されている。不安が広がるとデマが飛び交い、感染に怯えて嘘を信じ込んだ人々が善意で嘘を拡散させていく。そうして強力な伝染力を持ったデマが広がって社会を混乱に陥れ、ウイルスへの対抗力を失った国民の生命が危険にさらされることなのだ。

 今回、厚労相は当初「新型肺炎は国内では人から人への持続的感染は認められない」と宣言したが、結果はデマだった。以後、「トイレットペーパー不足になる」「26度〜27度のお湯を飲めばウイルスは死滅する」など、人々の不安を煽るデマが蔓延したが、2月29日の安倍首相の記者会見はデマを収束させる最大のチャンスではなかったか。

 卒業式も、期末試験もふっとばして全国の小中高校に1か月以上にわたる休校を要請するという異常な決断をした総理大臣が、何を語り、国民に知らされていないどんな事実を明らかにするのか。文科省の官僚や腹心の大臣たちの反対にも耳を貸さなかったのはなぜか。

 国民は耳を澄ませて新型コロナの真実が語られるのを待った。そこで疑問に答え尽くせば、状況は変わったかもしれない。

 しかし、首相は全国一斉休校に関するスピーチを読み上げた後、質疑応答でも事前に官邸記者クラブとすり合わせた質問への回答書を読み上げただけで、他の質問には一切応じないまま会見を打ち切ったことから、「やらせ会見」と批判された。

 自分の言いたいことを一方的に伝え、国民の知りたいことには答えない。そうした姿勢が国民の不安を高め、デマを勢いづかせて社会の混乱を深めていく。

 国民はいま、安全デマで足並みを揃えていた安倍首相とWHOによる新たな“デマ合戦”に翻弄されている。

 WHOが「症状がない人は感染予防目的で学校や駅、商業施設など公共の場でマスクを着用する必要はない」という指針を公表したのに対し、安倍首相は北海道に約400万枚(1世帯40枚)のマスクを配布する方針を決定した。

 マスクは要らないというWHO指針はデマなのか、本当に必要がないのか。国民はどちらも信用することができない。不安の中ではデマはデマを呼ぶ。

〈中国が「日本肺炎」と言い出しました〉。これはSNSで流れているデマ情報だ。

 中国大使館のホームページにある「日本新型冠状病毒肺炎疫情不断変化……」という記述が根拠となっているが、初歩的な中国語の読み違いで、「日本での新型肺炎の感染状況……」という意味にすぎないことがネットでも検証されている。

 国会では自民党の山田宏・参院議員が、「私はこれを武漢肺炎と呼ぶ。中国の新聞等を見ていると、世界にこれだけ蔓延したのは韓国と日本の対応が悪いからだと言わんばかりの論調が目立ってきた」と主張した。そしてSNSでは〈私も武漢肺炎と呼ぶ〉というつぶやきが広がる。

 国民も政治家ももはやデマに飲み込まれて真実が見えなくなりつつある。

※週刊ポスト2020年3月20日号

関連記事(外部サイト)