辣腕が光る北海道知事 「まっすぐ突き進む男」が妻の評価

【新型コロナウイルス】夕張市長に就任当時の鈴木氏について当時婚約者の妻が高評価

記事まとめ

  • 北海道の鈴木直道知事は新型肺炎を巡り、リーダーシップを発揮して注目されている
  • 夕張市役所関係者は鈴木氏について「不思議な魅力に引き込まれていく」と評する
  • 夕張市長に就任当時の鈴木氏について当時婚約者だった妻は「困ったときに強い」と評価

辣腕が光る北海道知事 「まっすぐ突き進む男」が妻の評価

辣腕が光る北海道知事 「まっすぐ突き進む男」が妻の評価

国の先を行く対応が光った(時事通信フォト)

 新型コロナウイルス騒動で、国に先駆けて道内の小中学校の一斉休校を要請した北海道の鈴木直道知事(38)。「政治判断の結果責任は私が負う」と断言し、緊急事態宣言の発表やPCR検査体制と病床数の増強を行うなど、迫る脅威にリーダーシップを発揮して注目される若手知事は、これまでの半生で数多くの困難を乗り越えてきた。

 全国最年少で広大な北海道の首長となったイケメン知事には華やかなイメージがあるかもしれないが、実は苦労人だ。高校生の頃に両親が離婚し、引っ越しや工事現場などでアルバイトをしながら高校に通った。高卒で東京都庁に入庁すると、昼間は働いて夜は法政大学の二部で地方自治を学んだ。大学では体育会のボクシング部に所属し、公務員、大学生、ボクサーという「三足のわらじ」を履きこなした。

 2008年1月に東京都の猪瀬直樹副知事(当時)の提言で、北海道夕張市に出向。かつて炭鉱の町として栄えた夕張は2007年に財政破綻し、行政サービス削減で図書館や公衆トイレが閉鎖されて、市役所では全体の半数近い100人ほどが退職した。苦境に追い込まれた市民は「よそ者」に心を開く余裕を持たなかったが、東京からやって来た26歳の若者は身一つで雪降る街に飛び込んだ。

 経費削減で17時に市役所の暖房が切れた後、マイナス10度の厳寒のなかスキーウエアを着て仕事を続けた。週末は除雪ボランティアに顔を出し、様々な団体の会合や活動にも積極的に参加した。予算が限られるなか、「お金がなければ、ないなりにやる」をモットーに、それまでの夕張の若手職員では考えられなかった提案を次々に行った。

 夕張市の目玉イベントである「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」では、特産品である夕張メロンの濃縮果汁を使ったポップコーンのアイデアを出した。大事なブランド品だから農協が協力しないだろうと周囲が躊躇するなか、「映画祭で売れれば、今度はメロンのある時期に来てくださいとPRできる」「夕張メロンは商標だから農協にロイヤリティが入る」と説得して、とうとう農協にゴーサインを出させた。

 財政難で中止していた雪まつり「ゆうばり寒太郎まつり」では協賛金が全盛期の10分の1しか集まらないなか、業者に頼み込んで重機をタダで借りて設備を整え、よさこいを踊る場所を探していた学生グループに声をかけて参加してもらった。2009年2月、鈴木氏の奮闘で15年ぶりに復活した寒太郎まつりは大盛況となった。

 2009年7月には学生ボランティアとともに市内の全世帯を訪ね歩いて住民の生活意識を聞き、分厚い報告書を作成した。その成果は財政再生計画に盛り込まれた。

 当時、市役所関係者は鈴木氏の手腕をこう評していた。

「『これは無理だろう』と外から見ていたことが、彼がかかわるとなぜかできてしまう。不思議な魅力にみんなが引き込まれて、ボランティアで協力しちゃうんです。もともと夕張は炭鉱労働者の町で、“お金がなければ、みんなで助け合えばいい”という文化があったのですが、外から来た鈴木くんに改めて夕張の歴史を気づかされた気がしました」

◆約束された都職員の道を捨て夕張市長選に

 2010年3月末に2年2か月の出向を終え、後ろ髪を引かれる思いで都庁に戻ったが、半年後に夕張の未来を憂う市民の有志から、「市長選に出てほしい」との要請があった。

 当時の鈴木氏はローンで埼玉県内の分譲マンションを購入し、婚約者もいた。都職員を辞めて市長選に立候補しても当選の保証はなく、たとえ夕張市長となっても月収は約26万円で年収は都職員より200万円下がる。普通に考えたら出馬はあり得ない選択だったが、3週間ほど悩み抜いた末に出した結論は「よし、出よう」だった。

 当時、ハムレットの心境にあった鈴木氏の背中を押したのはウインストン・チャーチルのこんな言葉だった。

《お金を失うことは小さく失うことだが、名誉を失うことは大きく失うことだ。しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ》

 市長選のライバルは自民党の前衆議院議員で小泉チルドレンの飯島夕雁氏。鈴木氏の応援には当時の石原慎太郎都知事と猪瀬副知事が駆け付け、飯島陣営には武部勤、片山さつき、橋本聖子ら現職国会議員が姿を見せた。激しい選挙戦に揺れた人口1万1000人の小さな町が選んだのは、とことん夕張を愛する30歳の新人候補だった。

 2011年4月に夕張市長に就任すると財政再生計画の抜本的な見直しを進め、JR石狩線夕張支線の廃線や全国初のコンパクトシティ計画の策定などの成果を残した。2019年1月、「活力あふれる北海道にしたい」とまたも退路を断って知事選に出馬し、見事当選した。

「彼はまっすぐに突き進むから『直道』という名前がぴったりです。困ったときに強いから、頼りがいがあります」──夕張市長に就任直後、当時婚約者だった鈴木氏の妻が、未来の夫について筆者に語った言葉だ。

「若すぎる」や「経験不足」という批判は鈴木知事にとって聞きなれたものであるはず。全国でただひとりの30代知事がこれまでの人生のように、勇気をもってまっすぐに突き進み、ウイルスという未知の困難に打ち勝つことを期待したい。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)