男性の更年期障害 笑ってない、読めない、眠れないがサイン

男性の更年期障害 笑ってない、読めない、眠れないがサイン

更年期障害を経験したヒロミ

 人間の体は加齢によって当然のごとく老化するものであり、何かしらの不調が発生してくる。しかし、体のパーツによって、不調が出てくる年代は変わってくる。

 健康に関する悩みの調査によると、「視力の衰え・目がかすむ」と答えたのは50代から急増することが判明(電通九州『通信販売利用実態 女性1万人調査』2017年より。50代の18.5%が視力の衰えを実感)。

「肘・膝などの関節痛」は60代から(同7.7%が回答)。また別の調査(オムロンヘルスケア『高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査』)では、血圧が高めと健康診断で指摘されるのは50代から急増。40代は12.7%なのに比べ、50代は23%に。50代女性の約4人に1人が高血圧の傾向にある。

◆白髪は「38.3才」

 白髪が気になり始めた年齢は、女性は平均38.3才。実際に白髪ケアを始める年齢は平均40.9才。いつまでケアするかについては平均76.7才。「ずっと染めたい」人は31.3%だった。(Beauty総研『白髪に関する調査』より)

◆見られたい年齢は「実年齢よりマイナス5.6才」

 20才から74才までの女性1114人に自分の年齢を何才くらいに感じているかを聞いた調査によると、「見られたい年齢」は「実年齢」より5.6才若いことが判明。「見られている年齢」はマイナス3.4才。「戻りたい年齢」はマイナス15才という結果に。(ワコール『女性の加齢意識と生活スタイルに関する調査』)

◆男性の更年期は「50才頃」から

 男性ホルモンの「テストステロン」の減少により起こる男性の更年期障害は、中高年の6人に1人がかかるという。男性芸能人でも、ヒロミや渡辺正行、テリー伊藤、ビートたけし、吉田拓郎、清水宏次朗が経験者。60才頃に発症した吉田を除き、50才頃発症していたと明かした。

 症状としては筋力の低下、男性性の低下、うつ、めまい、集中力の低下などが症状にあげられる。「最近笑っていない」「新聞が読めない」「よく眠れない」という3つが更年期症状のサインともいわれる。

※女性セブン2017年8月3日号

関連記事(外部サイト)