東京に不動産持つ不倫報道国会議員に議員宿舎問題を直撃

東京に不動産持つ不倫報道国会議員に議員宿舎問題を直撃

赤坂議員宿舎は「民間なら月額家賃100万円超」と言われる

 自民党「魔の2回生」にまた新たな人物が登場した。岸田派名誉会長・古賀誠氏の元公設第一秘書で、地盤(福岡7区)を継いだ藤丸敏・代議士(57)である。週刊ポストが江東区・清澄白河のタワーマンションで秋吉久美子似の女性・Sさんと不倫同棲していると報じたのだ。地元政界関係者によれば、秘書時代から私生活も派手。クルーザーやセスナ、クラシックカーまで持っていて羽振りがいいことでも知られていたという。

 藤丸氏は初当選時、東京と千葉・浦安に高級マンション3戸を保有していたにもかかわらず、本人は東京・赤坂の一等地に建つ衆院赤坂宿舎に入居していた。

 赤坂宿舎(3LDK・約80平米)は好立地と豪華なつくりで「民間マンションなら家賃月額100万円は下らない」とされるが、遠方の選挙区の議員の東京宿舎として「月額約12万円」と格安で入居できる“議員特権住宅”だ。

 入居には厳しい基準が定められ、「東京23区内に住居を所有する議員は入居できない」、「宿舎の使用は議員及び同居する親族に限る」という条件がある。

「議員本人は清澄白河から国会に通っている。宿舎は地元秘書の上京時、ホテル代わりに使わせているようです」(地元関係者)

 明らかなルール違反である。不倫、多額の不動産資産を所有、議員宿舎問題など、一連の疑惑について藤丸氏に質した。

──都内にマンションを所有しているのに議員宿舎を借りている。

「結婚して20年以上経つので妻に浦安の物件を贈与しても税金がかからない。離婚協議の中で贈与した。清澄白河の物件は、私もいつポックリいくかわからないので、Sに残してやろうと贈与した。豊洲のマンションは値上がりを待って売ろうと投資のために購入したもので、現在は息子が住んでいます。豊洲は妻も時々通っているから私が住むわけにはいかない。宿舎には議院運営委員会に入居願を出して正式な許可を得ている」

──宿舎を秘書のホテル代わりに使っているとの指摘がある。

「確かに地元秘書が上京したときに泊まらせることはあります。しかし、基本的に私が住んでいます。たまにSのところに泊まることもありますが……私も妻とSに生活費を渡しているから余裕がなく、赤坂宿舎から家賃約2万円の青山宿舎に引っ越す予定です」

“億ション3戸”に加えて、クルーザーやセスナも購入できるのに生活が苦しいという説明も、また苦しい。しかも、藤丸氏の政治資金収支報告書を読むと、安倍首相と同等の年間約1億3500万円の政治資金(2015年)を集めるなど、2回生の中でも屈指の集金力を誇る。議員歳費を政治活動に充てる必要もないはずだ。

 そう問うと、こう語った。

「私が古賀の秘書時代にパー券などを扱っていたから金回りがいいように誤解があるようですが、マンションは秘書時代に1株100円程度で買った『りそな銀行株』が大きく値上がりし、その運用益で買ったものです。船も持っていましたが、屋根がないからクルーザーではなくボートでした。セスナではなくウルトラライトプレーンを知人から有償で譲ってもらった。クラシックカーを含めて今は全部手放しています」

 そうベテラン政治家のように弁明した藤丸氏。魔の2回生の中でも群を抜く政治家らしい対応だった。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)