海水浴場で死亡事故につながる『離岸流』 流されたら岸と平行に泳ぎ脱出するのが鉄則

記事まとめ

  • 2016年は全国で水難事故が1505件発生し、水難者数は1742人に上っている
  • 海水浴場で死亡事故につながるのは離岸流で、流されたら岸と平行に泳ぐのが鉄則という
  • 公共のプールでは強い流れのある排水口に吸い寄せられ、溺れる事故にも注意が必要だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております