高輪ゲートウェイ駅は隈研吾氏 建築家とのコラボ駅舎増加

高輪ゲートウェイ駅は隈研吾氏 建築家とのコラボ駅舎増加

記事画像

 3月14日に開業した高輪ゲートウェイ駅について無人コンビニやロボットなどに注目が集まっているが、巨大な白い大屋根や街と駅が一体となったような駅舎のデザインにも注目したい。過去の鉄道駅舎は、街との調和よりも機能重視で、逆に街が駅に合わせて変化してゆくような側面すらあったが、最近では街と調和しつつ新しい存在感を目指す傾向がある。高輪ゲートウェイ駅をデザインした隈研吾氏のように、建築家へ依頼することが多くなった最近の駅舎について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 駅名が決定してから毀誉褒貶に富んでいた高輪ゲートウェイ駅が、3月14日に開業した。1971年に西日暮里駅が開業して以来、約半世紀ぶりに山手線に新駅が誕生したこともあり、あらゆる面で注目を浴びている。

 まず、なによりも山手線らしくない駅名は言うまでもなく、駅構内の設備・施設類もこれまでの駅と比べるとまるで異世界のような最新鋭を揃える。無人決済の店舗やQRコードきっぷ適用の改札機、コンコース内を清掃・警備・案内を担当するロボットも導入される。

 高輪ゲートウェイ駅はAIやITなどを徹底に活用し、大胆な省人化が図られている。まさに、設備面は近未来型の駅ともいえる。

 一方、高輪ゲートウェイ駅の駅舎は建築家・隈研吾さんがデザインを担当。内装は折り紙をモチーフにした屋根を配し、和の文化を意識した空間になっている。また、木材をふんだんに使っている点も最近のトレンドを取り入れているといえるだろう。

 駅は玄関口とも形容されるように、多くの人が行き交い、目にする街の顔。駅が街のイメージを決定づけることもある。

 東京駅丸の内口は赤レンガが印象的な駅舎で、風格や威厳を備えた雰囲気を醸し出す。東京駅は当代随一の建築家・辰野金吾がデザインし、時代を経ても名建築の呼び声は高い。

 辰野金吾は別格として、鉄道省が所管していたこともあり、鉄道駅のデザインの多くは鉄道省の技術職員もしくはOBが手掛けることが圧倒的だった。関東大震災で消失してしまった初代上野駅の駅舎は鉄道省の前身である工部省の三村周がデザイン。再建された2代目の上野駅舎も鉄道省の酒見佐市と浅野利吉が担当した。

 駅舎の設計は鉄道省の独壇場だったため、私鉄も鉄道省の力を借りるほどだった。東武鉄道の東武浅草駅や南海電鉄の難波駅、近鉄日本鉄道の宇治山田駅は鉄道省で初代建築課長を務めた久野節がデザインした。

 鉄道省の技術職員が活躍した時代を駅舎デザイン第1期とすれば、現在は第2期といえる。駅舎デザイン第2期にあたる現在は、鉄道省の系譜を引き継ぐ国土交通省職員や鉄道会社社員が駅舎のデザインを描画することはない。

 高輪ゲートウェイ駅をデザインした隈研吾さんは、ほかにも2008年にリニューアルしたJR東日本の宝積寺駅、2015年に新装した京王電鉄の高尾山口駅を設計。

 建築界の大御所として知られる安藤忠雄さんも2011年に東急電鉄の上野毛駅、2015年に豊橋鉄道の三河田原駅、2019年にJR九州の熊本駅をデザインしている。

 高輪ゲートウェイ駅のように、近年は著名な建築家が駅舎のデザインする潮流が生まれているのだ。

 このほど全線復旧を果たした常磐線にも、有名建築家が手がけた駅舎がある。それが、茨城県にある日立駅だ。日立駅は、2011年にリニューアルを果たした。同駅の外観は全面ガラス張りになっており、太平洋を一望できる。日立駅に降り立つと、ここが駅ということを忘れて、いつまでも海を眺めていたくなるような気持ちにさせられる。

 2010年に建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞している妹島和世さんがデザインした日立駅は、鉄道雑誌や建築雑誌といった専門誌のみならず、旅行雑誌・ファッション誌などでも頻繁に紹介された。それが、さらに話題を呼びことにつながり、現在は駅そのものが観光名所化している。それほど、日立駅は素晴らしい空間に生まれ変わった。

「以前の日立駅は、バリアフリーの観点から改築が課題として浮上していました。老朽化していたこともあって新たに駅舎を建て替えることになりましたが、その際にデザインコンペを実施し、応札した5社のうち妹島さんのデザイン案が採用されることになりました」と経緯を説明するのは日立市建築指導課の担当者だ。

 デザインコンペは、あくまでも駅舎そのもののデザインの優劣を競うものだった。しかし、駅舎のデザインコンペを実施する前から、日立市は駅前広場を含む駅前一帯の都市計画を決定していた。

 すでに駅前の都市計画は進められつつあり、駅舎のデザインと駅前の都市計画がバラバラに着手されてしまう可能性もあった。ただでさえ、駅前の整備は建築・土木・交通といった、それぞれ分野が独自に動く。これらがうまく連携できなければ統一感のない駅と駅前になってしまう。日立駅にも、同様の懸念が生じていた

「日立駅は日立市にとって顔にあたる施設です。そのため、統一感のない駅前になることは絶対に避けなければなりませんでした。そうした市の意向を妹島さんにも伝えました。妹島さんは意図をきちんと汲み取り、素晴らしい駅舎が誕生しました。日立駅はどこにでもあるような平易な駅舎ではない、魅力のある駅舎になっています」(日立市建築指導課担当者)

 駅舎という建築物のみならず、駅と街をトータルで考える。言葉にするのは簡単だが、これは難問でもある。

 街の顔になる美しい駅舎は、地域住民の誇りにもなり、末長く愛される存在にもなる。日立駅は素晴らしいでデザインに仕上がったが、構内には海に浮いているような感覚でティータイムを楽しめるカフェも併設されている。このカフェの存在も日立駅の人気に拍車をかけた。

 こうした人が交流できるようなコミュニティ機能も駅に求められるようになっている。時代を経るごとに駅に求められる機能は変化し、増えている。それだけに駅舎は建築の知識だけではなく、土木・交通・緑化のほかバリアフリーや防災、省エネといった観点から考えることも重要になっており、くわえて経済学や環境学、公衆衛生学、そして郷土の歴史といった幅広い知識も必要になる。

 日本建築学会賞やプリツカー賞の受賞者など、スター建築家が駅舎を手掛けるようになってきているが、そうした事例は実はまだ少ない。

 それは、先述したように駅は単に建物の外観だけを考えればいいからではなく、駅通路や駅前広場、また駅から市街地へとつながる道路や街並みなどをトータルにデザインしなければならないからだ。そのため、高輪ゲートウェイ駅の吹き抜けや大きなガラス面など、駅と街がつながっていることが感じられるデザインが近年は意識されている。

 新たな駅の誕生は心をワクワクさせるが、その一方で次世代の駅に求められている役割は無尽蔵に増え続けている。そのため、建築家や鉄道関係者たちは、細部に至るまで苦悶する。

 高度経済成長、バブル時代に建設された駅舎群は老朽化を迎えて、一斉に建て替え期にさしかかっている。

 今後は、毎年のように駅舎がリニューアルされるだろう。新しい駅は、私たちの知らないところで深化を続けている。

関連記事(外部サイト)