サマージャンボ 風水師オススメは「7月30日朝西で買え」

サマージャンボ 風水師オススメは「7月30日朝西で買え」

宝くじ購入で運気がアップする日はいつ?

 1等・前後賞合わせて7億円が当たる『サマージャンボ宝くじ』の発売が7月18日にスタートし、全国の有名売り場には連日長蛇の列ができている。

 7億円というビッグな当せん金額に加えて、1等1億円が当たる『サマージャンボミニ1億円』と、1等100万円が当たる『サマージャンボプチ100万』が同時発売と、トリプルなチャンスに胸が膨らむ。

 でも楽しみはそれだけじゃない! 売り場で宝くじを30枚以上同時に購入(「ジャンボ」「ミニ」「プチ」の組み合わせは自由)すると、8月20日に開催される神宮外苑花火大会(東京)の指定席チケットや、ビールとオリジナルタンブラーのセットなど豪華賞品が当たる「サマージャンボ 夏の彩りキャンペーン」の応募はがきがもらえるのだ。

 そんな幸運をゲットするために重要なのは、なんといっても宝くじ購入のタイミング。そこで、8月10日までのサマージャンボ発売期間中の狙い目を、風水師の伊藤夢海さんに教えてもらった。

「いろいろな日付の見方がありますが、強運を運んできてくれるのは『一粒万倍日』といわれるものです。読んで字のごとく、一粒の籾が万倍もの稲穂に実るという意味。転じて金運アップでお金が何倍にも増える日とされています」

 期間中の『一粒万倍日』は7月21日、7月30日、8月2日の3日間。そのなかでも伊藤さんのオススメはズバリ7月30日だという。

「この日は陰陽道の六曜でいう『先勝』にあたります。勝負事や訴訟といった争いごとに効果があるといわれており、宝くじの当せんを大きく狙うにはぴったりです。また、早い時間帯ほど気の流れがよく、逆に午後や夕方近くになるほど運気が下がる傾向にあるので、売り場が開店してすぐの朝イチに購入するのがいいでしょう」

 末広がりの「八」が並ぶ8月8日も運気の流れは良好。

「8という数字は『∞』からもわかるように無限に広がる力を象徴していて、富と繁栄に繋がる偉大なパワーを表します。さらにこの日は満月。まん丸に満ちた月は『円=¥』。購入した宝くじをお月さまの光にあてて金運をもらいましょう」

 それでは逆に購入に向かない日はあるのだろうか?

「7月22日、28日、8月5日は『不成就日』と呼ばれる運気が低迷する日。何事も成就せず、むしろ悪いことを引き寄せてしまいます。結婚、引っ越し、願い事なども軒並み凶。この日は大人しくしているのが賢明です」

 オススメの購入タイミングだけでは満足できない読者のために、伊藤さんがさらに運気をアップする秘訣を伝授してくれた。

「古代中国の風水で占うと、今年は『一白水星』の星回りで、水の気が強くなっています。 バスルームやトイレ、洗面所など、水の気の集まる場所をきれいに掃除してから購入すると、当せんにグッと近づけるでしょう。

 また、今年は酉年。酉の方位は西で、西は金運を表します。購入した宝くじは自宅の西側で保管するのはもちろんのこと、自宅からみて西にある売り場や、窓口が西を向いている売り場を選んでみるのもいいでしょう」

※女性セブン2017年8月3日号

関連記事(外部サイト)