マイクの握りでわかる上西小百合議員の自分アピり度

マイクの握りでわかる上西小百合議員の自分アピり度

謎の会見でさらに非難囂々…

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、上西小百合議員の謎の会見について。

 * * *
 自身のつぶやきがもとでツイッターが炎上、殺害予告が届くまでの騒動になった衆議院議員の上西小百合氏。開いた会見で何を言いたかったのか、その真意を探ってみた。

 発端は、15日のJ1・浦和レッズとドルトムントの親善試合を「遊びなのか」と揶揄したこと。これがサポーターなどから反発を買うと、「応援しているだけのくせに…他人に自分の人生乗っけてんじゃねぇよ」と挑発的なコメントをリツィート。すると殺害予告が届く事態に。

 まずは事務所で開いた緊急会見、レポーターの質問に鼻息荒く「感想を述べただけ」と、謝罪する気はまるでない。それどころか、口調はどんどんきつくなり「言わせていただいただけ」「一部の過激な人に抗議のコメントを出しただけ」と、一瞬、身体をのけぞらせて自らの正当性をアピールする場面も。

 見かねた公設秘書の「お詫びしないとダメ」というダメ出しにも、目を合わせず不満そうな表情で、上着のボレロを直した上西氏。こういう場で上着を直す仕草には自己防衛の意味があり、秘書に口を出されたくなかったのか、バツの悪さを隠すためか。その後も秘書からのダメ出しが続くという議員らしからぬ展開が、情報番組の話題になった。

 警察に殺害予告について相談した後、開いた会見では、少しトーンの高いよそいきの声でまずは挨拶。質問が飛び出すかと右に左に首を振り、期待に満ちた視線を送るが記者たちの反応は鈍く、上西氏はつまらなそうながっかりした表情。だが次の瞬間、セットされていたマイクをいきなり手に取った。

 注目されるべきは自分、とでも言いたげなこの行動は、自己顕示欲の強さの表れだろうか。記者らに質問を促すとともに、秘書のダメ出しが面白おかしくテレビで流され、自分より秘書に注目が集まる事態に、主役の座を取られてなるものかとプライドが刺激されたのかもしれない。

 だが質問は出ない。すると彼女がしたのは、マイクを握りながら、指を1本あごに当てて、すねたように問いかける仕草。これは、小さい子供やぶりっ子女子が欲しいものをねだる時のお約束、ねだったものが手に入らないと、「どうして?」「わかんない!」と困らせる時の仕草ではないか。そう思って見ると、普段から彼女は、口をすぼめたり、キョトンとしたり、小首を傾げてみせたりと子供っぽさをアピールすることが多い。

 この癖が染みついているのか、本人はその仕草をすると、自分がかわいく見えると思っているのだろう。しかし、それでも質問がこないと、眉尻を八の字に下げ悲しそうに、口をわずかに尖らせ苦笑した。

 最初の質問が出ると、頭を小刻みに振りながらノリノリで、答えている表情も実に楽しそう。気に入った質問には嬉しそうに頬を緩め、前のめりになって流し目のような視線を送りアピールをする。気に入らない質問には眉をひそめ、無表情。「謝罪の言葉は?」という問いかけには、眉間にしわを寄せると、キョトンとした顔で記者たちを見る。

「炎上商法では?」の問いかけは否定しながらも「こんなに反響があるとは…」と頬を上げて語気を強める。何はともあれ、反響があるのが嬉しくてしょうがない、そんな声のトーンだ。さらに「サッカーの話で炎上しても何の得もない」と言い切り、苦笑い。だけど一瞬、左の口元が歪んで持ち上がり、その口元が緩んでしまった。

 本当に得しないと思っているなら、例え左側の口元を持ち上げても、その口元はきつく閉じられているはず。この仕草を読み解くと、「サッカーの話で炎上するつもりはなかったけど、この炎上を利用しない手はない。注目されてよかった!」だろう。
 
 さて謝罪でも反省でもないこの会見、マイクを握る彼女の手に注目すると…。

 自分のことについて話す時、彼女はマイクの上を、指を揃えてしっかりと握っている。ところが、話が政治的な話題に変わると、途端にマイクを握り直した。蓮舫議員の戸籍の話を皮きりに、戸籍問題を取り上げてきたことをアピールするものの、マイクを握る手の位置は徐々に下に下がり、指と指の間が広がり握り方が緩んでいく。

 また、「サッカーの話題ばかりで不本意」と言いながら、前のめりになって口を尖らせ、マイクをしっかと握る。国会質問に関して持論を展開しても、マイクを持つ手は少しずつ下に下がり緩んでいくのに、ツイッターのコメントについて聞かれると、マイクを握り直して、一番上ギリギリのところをしっかりと握りしめる。

 この仕草からわかる彼女の本音は、「とにかく注目されたかった」、それに尽きる。政治の話は二の次だ。

「浦和レッズのファンと対話できる環境ができれば…」と言いつつ、視線を落としたところを見ると、対話したいというのは建前か? 殺害予告について相談した警察の対応は、自分の思うようなものではなかったのだろう。口を尖らせ、手で相手をつかむような、爪を立ててひっかくような仕草を見せながら説明していた。相手を抑えつけたい、攻撃したという感情が、無意識のうちに仕草になって表れていたようだ。

 国会議員の肩書をフル活用する上西氏の任期は残り1年半あまり。世間もメディアも話題にしなきゃいいのにと思いつつ…注目しちゃった私も悪い。

関連記事(外部サイト)