エスカレーターの片側空け 長年の慣習を取り払えるか

エスカレーター歩行禁止の周知徹底を目指し主要駅や空港、商業施設などでキャンペーン

記事まとめ

  • エスカレーター利用者の事故防止や混雑緩和を目指し空港などでキャンペーンが始まった
  • 2009年から続けられている啓蒙活動で、最終的な狙いは「歩行禁止」の周知徹底だという
  • 「片側を空けて乗る」という“暗黙のルール”が出来たのは70年代からだといわれている

エスカレーターの片側空け 長年の慣習を取り払えるか

エスカレーターの片側空け 長年の慣習を取り払えるか

近年は長いエスカレーターも増え危険度が増している

 みんなで手すりにつかまろう──7月21日から全国の主要空港、商業施設などで始まったこのキャンペーンは、エスカレーター利用者の事故防止や混雑緩和を目指し、かれこれ2009年から続けられている啓蒙活動だ。最終的な狙いは「歩行禁止」の周知徹底である。

「歩く人のためにエスカレーターは片側を空けて乗るもの」という“暗黙のルール”が出来たのは、1970年代からだといわれている。関西の電鉄会社の中には、「お急ぎの方のために左側(東京は右)をお空けください」とわざわざ放送を流していたところもあったほどで、それがいつの間にか全国に広まり、慣習化された。

 今でも片側空けは常識、マナーだと思っている人は多いだろう。数年前、新聞の投稿欄にもこんな声が寄せられた。

〈エスカレーターを歩く慣習を禁止したら、ラッシュ時にはホームなどに人があふれるだろう。乗り継ぎ時に、ちょっとした時間差で目的の列車に乗れないこともある〉

〈エスカレーターは、階段を動かすことで目的階に速く移動するという発想で開発されたもので、立っている必要はないと思う〉

 だが、近年はエスカレーターを駆け上がったり駆け下りたりする人の体や荷物が立っている人に激突し、転倒するなどの事故が年間1000件以上起きている。そのため、交通機関や商業施設は片側歩行を認めておらず、禁止を呼び掛ける施設も増えている。

「われわれはずっと注意喚起してきましたが、エスカレーターは歩くことを前提として設計されたものではありません」と力説するのは、昇降機メーカーの業界団体、日本エレベーター協会の担当者だ。

「標準的なエスカレーターは階段と違って横幅が約1mと狭いうえに、ステップの高さは20cm程度と階段よりも高く、乗った時と中央付近、降りる時の高さもそれぞれ違います。また、足元が深くなっているので直角ではありませんし、そんな中を普通の階段を上り下りするイメージで歩くと、立っている人にぶつかったり躓いたりする可能性が高まります」

 では利用者の利便性はどう考えるのか。完全に片側空けを禁止したら、通勤ラッシュ時の駅などではエスカレーター待ちの大混雑が起きるとの懸念もある。

「そうとは限りません。立って乗りたい人の列がずらりと延びて、空いた側がガラガラという光景をよく見ますよね。むしろそのほうが効率が悪く、2人ずつ順番に乗ったほうが輸送能力も上がります」(前出の担当者)

 利用者の中からは、〈高速エスカレーターを増やしたら歩く人は減るのでは?〉〈一人しか乗れないエスカレーターを2レーン作って、一方を歩行者専用にすればいい〉など、様々な意見も出ているが、協会は「そもそも、動いているものの上で歩く行為自体が危険」とバッサリ。

 とはいえ、もはやポスターや注意喚起のアナウンスだけでは周知は進みそうにない。協会が行ったアンケートでも、歩行が危険だとの認識は広がりつつも、「自分も歩いてしまうことがある」と答えた人が84%もいた。

 鉄道会社などを主体に、厳格な「歩行禁止ルール」を定めれば解決する問題かもしれないが、そこまで強行できない悩ましさもある。

「本来、急いでいる人はエスカレーターではなく、階段やエレベーターを利用すればいい話ですが、いまの駅はエスカレーターの傍に階段やエレベーターがあるとは限りません。人がスムーズに流れる“導線”が築けていない現状があるのです」(同前)

 現状では利用者のモラルに任せるしか手がなさそうだが、一度染みついた慣習を完全に取り払うのは容易なことではない。エスカレーターの長さや混雑状況、周囲の環境に応じて柔軟に対応していく「具体策」がなければ、事故も減っていかないだろう。

関連記事(外部サイト)