検察裏金告発者「一度口を開いたら二度とムラにいられない」

検察裏金告発者「一度口を開いたら二度とムラにいられない」

元大阪高検公安部長の三井環氏

 内部告発はいわば「義憤」の面もあるが、実際に内部告発をした人々はその後実にキツい報復を受けることも多々ある。仕事を与えられない…、不本意な部署に異動させられる…など様々だ。しかも、国家権力と相対するとなると、告発直前になって“口封じ”されてしまうケースもある。現職の大阪高検公安部長として、検察の裏金問題を告発しようとした三井環氏(73)がそうだ。当時、同氏を支えてくれる人は、ごくわずかだったという──。

 * * *
 内部告発のシナリオはできていました。ところが、朝日新聞記者と打ち合わせをした3日後、私が自宅の玄関を出ると、待ち受けていた“同僚”の捜査官3人に逮捕された。身に覚えのない詐欺容疑でした。

【2002年4月22日に逮捕された三井氏に掛けられた容疑は、実際に住んでいないマンションに住民票を移し、税軽減の措置を受けるための証明書を詐取したというものだった。「大阪地検特捜部」の手掛ける事件としては、異色の“微罪”である。同年4月半ばから、三井氏は検察庁が組織ぐるみでプールしていた年間7億円にも上る裏金(調査活動費)の実態について実名告発する準備を進めていた】

 5月の連休明けの朝日新聞にスクープ記事が出たら、野党の民主党(当時)が国会で質問する。現職幹部の私が実名証言し、その日のうちにバッジを外す──という運びになるはずでした。

 逮捕された日も、記事が出た後に放送するための民放のインタビューを大阪市内のホテルで収録する予定でした。私とメディアの接触を察知した検察は生放送と勘違いして、慌てて強硬手段に出たのでしょう。

 いきなりの逮捕。さらに再逮捕と続き、保釈を勝ち取るまで、拘留期間は325日にも及びました。

 銀行口座が凍結されたので、カネも引き出せない。弁護士費用を工面するにも妻が知人に借りてこなければなりませんでした。

 告発したことに後悔なんてない。正しいのは自分だから、そう思います。

 でもね、内部告発をしてから、検察の同期や先輩後輩から連絡は一切なくなりました。かつて500~600枚は来ていた年賀状も、数枚になりました。裏金のことを知っているからこそ、捜査権を持つ組織を敵に回す怖さを知っているからこそ、近寄りたくないのでしょう。

 そういう国ですよ、日本は。一度口を開いたら、2度とその“ムラ”にはいられない。だから、ほとんどの人は矛盾を感じていても口を噤むのです。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)