稲田大臣、批判高まり「好きな服も着られない」と不満漏らす

稲田大臣、批判高まり「好きな服も着られない」と不満漏らす

常に話題の的の“国会の網タイツ姫”

 支持率が急落している安倍政権。その原因となっているのが、“国会の網タイツ姫”こと、稲田朋美防衛相(58才)だ。

 7月の都議選応援では「自衛隊としてお願い」と憲法無視の発言で猛反発をくらい、自民党惨敗の“戦犯”に。直近では、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽を非公表にする方針について、稲田氏が「報告を受けていない」とする一方、自衛隊関係者は「報告した」と証言。稲田氏が国会で虚偽説明をした疑いが生じている。

「そもそも稲田大臣は護衛艦の甲板をピンヒールで歩いたり、演習視察にピンク色のジャケットと麦わら帽子で現れたりと、現場の隊員から“何なんだ、この大臣は”と煙たがられていた。今回の日報隠蔽問題は、自分たちだけ悪者にされることを嫌った陸自が大臣に“反旗”をひるがえしてのリークではないでしょうか」(防衛省関係者)

 空気が読めず、なぜか周囲をイラッとさせる彼女の原点は何か。稲田大臣は1959年、福井県生まれ。早大卒業後に司法試験に合格して弁護士となった。司法修習生時代に出会った龍示さんと結婚し、1男1女をもうけた。

「大阪に住む旦那さんは妻思いで、選挙の時は選挙区の福井に飛んでいき、リュックにビラを詰め込み1枚1枚、有権者に手渡していました。息子さんは開成高校から東大に進んだエリートで、娘さんも東大の大学院に進んだ。稲田さんのトレードマークの網タイツを含め、娘さんがファッションのアドバイスをしているようです」(稲田氏の知人)

◆派手になったのは最近のこと

 実は稲田氏、2005年に代議士になってしばらくは“地味なご婦人スタイル”だったのだが、2013年頃から突然、伊達めがねや網タイツデビューし、“垢抜け”ファッションへと進化をとげたのだという。

「党の重鎮たちに重宝され、とくに安倍首相からは“ともちん”とかわいがられて大抜擢。重要なポジションを任されるとともに、服装や化粧がどんどん変わっていったけど、それに仕事の内容が伴わないので、“デキる女”というより“勘違い女”っぽい印象が強くて…」(全国紙政治部記者)

 2013年にイベントで着たゴスロリファッションが一部の熱狂的ファンから「カワイイ」と絶賛されたことが自信につながり、今に続く“ともちん”スタイルが確立されたようだ。

「すでにお馴染みとなった“しどろもどろ答弁”と“ウルウルした瞳”も、もはや本人は“カワイイ”と思ってやっているんじゃないかといわれています。後からおじさん政治家たちに優しくフォローされることを考えるとイラッとしますね」(前出・防衛省関係者)

 世論の批判が高まった最近、知人にはこんな不満を漏らしているのだとか。

「昔のように自由な発言もできないし、好きな服も着られない。とても苦しい」
「服もめがねもいちばん地味なのを選んでいる。毎日、黒系の服ばっかりで」

 彼女にとって今いちばん気になることはやはりファッションのよう。それでも安倍首相は引導を渡そうとはしない。

「もともと稲田大臣や夫の実家は、安倍首相の支援団体に強い影響力を持っているんです。自民党内に不満が渦巻いていても、今クビにすると彼女のキャリアに傷がつき、安倍首相が支援団体から見放されるかもしれない。安倍首相は内閣改造まで彼女を守り通すつもりでしょう」(政治ジャーナリスト)

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)