未成年者の連れ去り事件 被害者の半数以上は自らついていく

未成年者の連れ去り事件 被害者の半数以上は自らついていく

子供が不審者に目を向けるのはかえって危険

 警察庁の2016年調べによると、犯罪認知件数は15年前から減っているのに対し、未成年者を狙う略取誘拐、つまり連れ去り事件は2013年以降増え続けている。

 男女別でいえば、わいせつでは女児が多いが、暴行・傷害の被害者は男女ほぼ同数。もはや「うちは男の子だから安心」という時代ではない。

 さらに、年齢別で見ると、未就学児より、通学時などに1人で行動する機会が多い小学生の方が多く狙われている。1人でいる時、それも通学時などの道路上や、放課後の公園などで子供は被害に遭っているのだ。

◆子供は自ら犯人についていくケースが多い

 では、子供はどのようにして被害に遭っているのか。連れ去り事件においては、被害者の半数以上がだまされるなどして自らついていっているという。

 幼い頃から、家庭や教育の現場において、繰り返し「知らない人にはついていかない」といった教育をしているにもかかわらず、なぜ犯罪者についていくのか? 立正大学文学部社会学科教授の小宮信夫さんは、“不審者”に目を向けるのはかえって危険だと警鐘を鳴らす。

「連れ去り事件の犯人は、いかにも“不審”な雰囲気で子供に近づくわけではありません。犯人は、どこにでもいる普通の人。清潔感のあるかっこうをしていて、やさしい顔とおだやかな声で、ごく自然に接触してきます」(小宮さん、以下同)

 例えば、子供を連れ去った犯人が、実際に行ったやり口について、小宮さんはこう続ける。

「1988年から1989年にかけて起きた東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で、犯人である宮崎勤は巧妙に子供に接近していました。宮崎は最初の事件で、4才の幼稚園女児を、歩道橋の上からマンションの駐車場に停めておいた自分の車までついてこさせました。彼は歩道橋の階段を1人で上り始めた女児を見て、同じ階段ではなく反対側の階段から上り、偶然を装って歩道橋の上で女児と対面。しゃがんで目線を合わせ、“涼しいところに行かないか”と声をかけたんです。そして、“今来た方でいいんだよ”と言って、宮崎1人で先に歩道橋を下り、後から女児を自発的についてこさせたのです」

 偶然の出会いを装い、同じ目線まで腰をかがめて親近感をわかせる。そして、無理やり連れ去ることはなく、女児が自らついていく形にすることで、周りの住民に不審感を抱かせなかったのだ。

◆注意すべきは危ない人ではなく危ない場所

 犯罪者かどうかは見かけで判断しにくい。今年3月に千葉県松戸市で起こった小3女児殺害事件では、容疑者は知り合いだった。こういったことからも、どんな人があやしいのか、どんな人に気をつけないといけないかを子供に教え、判断させるのは難しいことがわかる。

 そこで小宮さんは、「人ではなく景色を見よう」とすすめている。人は嘘をつくが景色は嘘をつかない。だまさないものを見た方が正しい判断がしやすいからだ。

「犯罪願望のある人間のすべてが実行に移すわけではありません。犯罪者は、犯行を起こすのに都合のいい状況、つまり犯罪が成功しそうな場所を探し、その場所に“獲物”がかかった時点で行動に移すのです。逆に、犯罪が失敗しそうな場所では実行しません」

 では、どんな場所が犯罪者に都合のいい場所なのか。それは、犯罪者を含め、誰にとっても「入りやすく」、さらに、人の視線が届かない「見えにくい」場所だという。

「先に述べた犯人が、女児に声をかけた歩道橋の上も、まさに“入りやすくて見えにくい”場所の代表例です」

 歩道橋は誰もが上れ、車道や歩道からも見えにくい。宮崎勤のケースではさらに、歩道橋を渡る人が女児しかいない瞬間を狙って話しかけている。

 ちなみに、警察庁が調べによると20才未満を被害者とした略取誘拐の発生場所は、39%が「道路」、25%が「住宅」、10%が「駐車(輪)場」、5%が「公園・空き地」、3%が「学校(幼稚園)」、1%が「列車内・駅」だった(2013年)。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)