子供の防犯ブザー 持たせるだけでは×、電池確認も忘れずに

子供の防犯にブザーや「子供110番の家」 防犯ブザー電池切れで使えないケースも

記事まとめ

  • 7月から10月に子供を狙った犯罪が増加、もしもの時の助けになるのが防犯ブザーという
  • 危険に際し、実際に防犯ブザーを使用したことがある割合はわずか2%というデータも
  • 持たせて安心しているケースが多く、電池切れで使えなかったというケースが多いそう

子供の防犯ブザー 持たせるだけでは×、電池確認も忘れずに

子供の防犯ブザー 持たせるだけでは×、電池確認も忘れずに

アラートメイト マークV 1600円/ラムエンタープライズ

 7月から10月にかけて、子供を狙った犯罪が増加する。そこで、もしもの時の助けになるのが、防犯グッズ。防犯グッズの専門家に最新のおすすめグッズを聞いた。子供の防犯グッズは、どう選んだらいいのか。セコムIS研究所主務研究員の舟生岳夫さんはこうアドバイスする。

「緊急時に大声で助けを呼べればいいですが、毎日大声を出して練習しているならいざ知らず、実際は、恐怖で声は出ません。そんな時に役立つのは、やはり防犯ブザーです」

 とはいえ、危険に際し、実際に防犯ブザーを使用したことがある割合はわずか2%というデータも。

「持たせて安心しているケースが多いんです。防犯ブザーも、使い方をマメに練習し、電池が切れていないか月に1回は確認を。いざ使おうとしても、ボタンの位置を間違えて押せなかったり、電池切れで使えなかったというケースが、本当に多いんです」(舟生さん、以下同)

 これは、どの防犯グッズにもいえる。宝の持ち腐れにならないようにしたい。また、グッズ以外にも子供を守る方法はある。

「子供110番の家」というステッカーを掲げた店や家を見たことはないだろうか。ここは万が一の時、子供が逃げ込める場所として、地域のボランティアが提供する“町の駆け込み寺”だ。子供を保護し、事情を聞いた後、学校や家庭に連絡し、場合によっては110番通報もしてくれる。

「休日、子供110番の家を通りかかった時などに親子で訪ねて、あいさつをしておきましょう。いくら危険が迫っていても、知らない人の家に飛び込む勇気がある子供はなかなかいません。中には留守がちな家もあるので、そこが本当に安全な場所か、事前に確認しておくこと」

 いずれにしても子供の“怖い”と感じるセンサーを育て、危険を感じたらどうするかを話し合っておくことが大事。

「防犯グッズは万能のお守りではないと肝に銘じ、複合的な対策を心がけましょう」

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)