不倫調査を探偵に依頼する女性、箱入り娘から慰謝料目的へ

不倫調査を探偵に依頼する女性、箱入り娘から慰謝料目的へ

松居の独自調査は“不倫探偵”という声も

『調査報告書』と書かれたA4用紙28枚のレポートをめくると、“不貞の証”が克明に記録されている。愛人の自宅マンションの出入り、食事の様子、手をつないで歩く姿、そして路上でのキス…。膨大な数の写真が、妙齢男女のプライベートを映し出す。

「クロですね。スケジュール、滞在先も含めて、ほぼ事前情報通りでした。明日、報告書を依頼人にお渡しした段階で、われわれの仕事は終了です」

 7月初旬の昼下がり、東京都内の喫茶店で本誌・女性セブン記者に淡々と話すのは、ある探偵会社の社長だ。その1週間前、本誌は彼らの調査に密着していた。東京から京都へ、東西360kmを行き来する2日間の密着取材だった。今回の依頼人は都内在住の40代専業主婦・A子さん。

「商社に勤める5才上の夫が京都で愛人と不倫している。証拠が欲しい」

 そう話し、夫の定宿の情報も探偵会社に提示していた。予想を上回る蜜月ぶりに、この結果を妻が知ればさぞ落胆するだろうと思っていると、社長がこともなげにこう言い放った。

「依頼人にとっては想定内の結果なので、特に悲しまないと思いますよ。おそらくこれで離婚裁判も有利に進められるでしょうから」

 不倫探偵の日常が、日本の夫婦の変質をまざまざと表していた──。

 昨年のゲス不倫から始まったブームは今年も続き、渡辺謙(57才)と大阪の元ホステス、仲間由紀恵(37才)の夫・田中哲司(51才)と美人スタイリスト、と著名人の不倫報道が相次いだ。

 そして今、最も世間を騒がせているのが、松居一代(60才)である。夫・船越英一郎(57才)の不倫疑惑をYouTubeで暴露するという前代未聞の行動に、国民の好奇な目が向けられている。なかでも注目を集めたのは、彼女の執拗な“独自調査”だ。

「業者に頼んで船越さんの別宅マンションの鍵を開け、浮気の証拠とされる“恐怖のノート”や船越さんのパスポートを手に入れた。夫の不倫相手だとする女性が住むハワイを訪れて証拠探しまで敢行した」(スポーツ紙記者)

 松居の行動力には《探偵も真っ青》《さながら不倫探偵》と驚嘆する声がネットにあふれたが、一方で芸能界のご意見番こと和田アキ子(67才)は「浮気の証拠が欲しいなら探偵でもいいのにね」と松居の行動を非難した。

 松居への賛否はさておき、夫に不倫疑惑があれば、どんな手を使ってでも調べたいと思うのは当然のことかもしれない。現に、最近は不倫調査の依頼が増えた、と前出の探偵会社の社長は声を潜める。

「松居さんの影響かどうかはわかりませんが(苦笑い)、このひと月は増えましたね。依頼者のほとんどは女性で、30~50代の主婦が多い」

 同社によれば、現在、年間100日は不倫調査をしているという。昔に比べて依頼者の質も大きく変わった。

「私が探偵を始めた30年前は、お金持ちの箱入り娘からの依頼が多かった。“自分は何もできないので、主人の真実を調べてください”と。実際に夫の不倫が発覚しても、胸に秘めて耐え忍んでいました。ところが今は、“裁判を有利に進める証拠が欲しい”というケースばかり。慰謝料や親権、養育費を得るための証拠固めとしての依頼です。ドライな夫婦関係が増えた気がします」(社長)

 スマホの普及やLINEをはじめとするSNSの発達で、昔より不倫の証拠集めが容易になった。昨今は証拠集めまで“DIY”(自分自身でやる)という女性が目立つ。

「依頼前に、ある程度の証拠を集めているかたが多い。プリクラやメールといった定番だけでなく、夫がパソコンでラブホテルを検索していた履歴や、カーナビの目的地履歴などを持ち寄る人もいるほど。昔より妻の情報収集能力が格段に上がりました」(社長)

 冒頭の依頼人・A子さんは、まさにその世相を表す女性だった。結婚22年目の主婦で、大学1年生のひとり息子がいる。商社勤めの夫・B氏の不倫には3年前から薄々気づいており、これまで地道に証拠集めを続けてきた。

 夫婦間の愛情はすでに皆無。子供がひとり立ちした時点で離婚の意思を固めており、“詰めの一手”として、ママ友から紹介された探偵会社に連絡したという。

「電話やメールで連絡をいただいたら、必ず1~2時間ほど面談して調査内容や対象者について深く話を聞きます。不倫調査なら、『異性との接点の確認』にとどめるか、『不貞行為の確認』や『不倫相手の特定』にまで踏み込むかで調査手段や値段が変わります。不貞確認の場合は“お泊まり”の現場を押さえる必要があり、日数がかかって費用が跳ね上がります」(社長)

 調査員は徒歩と車かバイクの2人1組が基本。料金は1時間2万8000円で、3日間の調査でおおよそ40万円程度。調査員が1人増えるごとに1時間あたり1万2000円追加となる。A子さんは社長との面談で「不貞行為の有無」と「不倫相手の特定」を希望していた。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)