探偵会社の不倫調査2日間に完全密着 証拠はすべて録画

探偵会社の不倫調査2日間に完全密着 証拠はすべて録画

最近の不倫調査では証拠は全て動画で録画(写真/アフロ)

 何かと世間を騒がせている有名人たちの不倫騒動。その影響かどうかわからないが、探偵会社に対する不倫調査の依頼が増えているという。依頼者のほとんどは女性で、夫の不倫の証拠を掴んで、離婚裁判を有利に進めたいというケースが多い。

 そこで、本誌・女性セブンは、探偵会社が行う不倫調査に密着取材を敢行した。依頼者は結婚22年目の主婦・A子さん。大学1年生のひとり息子がいる。商社勤めの夫・B氏の不倫には3年前から薄々気づいており、これまで地道に証拠集めを続けてきた。夫婦間の愛情はすでに皆無。子供がひとり立ちした時点で離婚の意思を固めており、“詰めの一手”として、ママ友から紹介された探偵会社に連絡したという。

 6月末の平日、早朝5時。まだ夜が明けきらぬうちに、調査部隊は夫婦が暮らす都心の高級マンション前にスタンバイ。徒歩部隊2人とバイク部隊1人の3人態勢だ。

 マンションから少し離れた大通りにバイクが待機し、徒歩の2人はエントランスが確認できる道路の端に立つ。

 徒歩部隊は中年のベテラン調査員と中堅調査員で、2人とも半袖のシャツにデニム、スニーカーとラフな格好。缶コーヒーを片手にスマホをいじるが、その目線はマンションの玄関を外さない。

「マルタイ(調査対象者)の動きを絶対に見逃さないためです。妻からの事前情報でマルタイの服装やかばんを確認しています。地元住人として違和感のないよう、調査員の服装は目立たず地味なものを選びます」(ベテラン調査員)

 依頼人によれば、B氏はこの日、朝から愛人が住む京都に出張する予定。バイクは万が一、B氏がタクシーを使った場合に備えたもので、この日の尾行態勢は徒歩部隊を重視する。

 朝7時過ぎにB氏が姿を現した。佐藤浩市似の顔立ちでグレーのスーツがダンディーな雰囲気を醸し出す。

 B氏は最寄りの駅まで歩いてJR山手線経由で品川駅へ。新幹線の切符売り場では、それまで距離を保っていた中堅調査員がB氏の真後ろにピタリと張りつき、のぞき込むようにして行き先を確認した。目的地はやはり京都だった。

「実際には事前情報と違う場所に向かうことも珍しくない。新幹線に乗車したら突発的に途中駅で下車することがないよう、すべての途中駅でドアをチェックします」(ベテラン調査員)

 一同はB氏と同じ新幹線に乗り込み京都に向かう。京都駅到着後、依頼人から報告のあったスケジュールの通り、B氏は京都駅前のホテルで開催された業界研修会に参加。

 事態が動いたのは、研修会が終了した午後5時過ぎ。以下、時系列で「マルタイ」の動きを追う。

17時15分/京都駅前のホテルを出たB氏は、何度もスマホをチェックしながら地下鉄に乗り込み、繁華街の四条河原町に向かう。先ほどまでのビジネスモードとは打って変わってリラックスした様子で、スマホを見つめる表情にも笑顔が見られる。

17時31分/河原町駅に到着したB氏は定宿のシティーホテルにチェックイン。

18時00分/B氏がホテルのロビーに姿を現す。ソファに座ったB氏は何度も腕時計に目をやり落ち着かない。

18時11分/30代後半とおぼしき女性がロビーに現れ、「遅くなってごめんなさい」と手を振りながらB氏の元に駆け寄った。

 調査員は表情を変えずに手元のICレコーダーに向かって、メモ代わりに女性の特徴を素早くつぶやいた。

「30代後半から40代前半、身長150cm後半の小柄な女性。やせ形、髪の毛はショート、花柄の派手なワンピース」

 B氏は相好を崩して女性を迎え入れ、ふたりは徒歩でロビーを出た。手こそつながないものの、肩を並べて歩くその距離は近く、周囲を警戒するそぶりもない。

18時20分/ふたりはホテルから歩いて数分の先斗町にある小料理屋に入った。カウンターに並んで座る姿が店外から確認できる。

 日本酒で乾杯してから京都のおばんざいに舌鼓を打つふたり。時間の経過とともに親密度が高まり、B氏が女性の腰にそっと手を回すと、女性はB氏の肩にしなだれた。

◆これで慰謝料が取れると大喜びする妻

20時44分/ふたりが食事を終えて店を出る。酔ったのか、足元が少しふらつく女性の肩をB氏が優しく抱く。どちらともなく手をつなぎ、B氏が宿泊するホテルとは逆の方角にゆっくりと歩き出す。途中、小路の暗がりでふたりはそっと抱き合い、一瞬、唇を重ねた。

21時08分/ふたりは低層マンションの前で足を止める。女性はバッグから鍵を取り出した。どうやら、彼女の自宅マンションのようだ。そのままマンションの鍵を開けてエントランスの中に入っていく。エレベーターに乗り込む前に、彼女はポストに郵便物を取りに行く。幸運なことに、このマンションはポストが外からも見える位置にあるため、彼女が開けたポストで部屋番号が判明した。

 ふたりはエレベーターに乗り込み、彼女の部屋へと消えていった。だが、現場を押さえてもすぐ依頼者に連絡はしない。

「“夫がホテルや女性の自宅に入ったらすぐ連絡して”というかたもいますが、実際に教えると妻が現場に怒鳴り込んで修羅場になることが多い。トラブルを避けるため、調査の途中経過は一切報告しません」(ベテラン調査員)

 世を騒がせた松居一代(60才)のハワイ入りなどはプロに言わせると、「相手にバレた上に揉めるだけなので絶対にやってはいけない行為」(社長)だという。

 B氏が女性の自宅に入ることを確認しても、調査は終わらない。

「短時間でマルタイが彼女の部屋から出ていないことを確認しつつ、判明した部屋番号から部屋位置を割り出して、マンションの外で監視を続けます」(ベテラン調査員)

23時31分/女性の部屋の電気が消え、しばらく時間が経ってもB氏が出てこないことを確認して、この日の調査は終了した。

「B氏の一連の行動は、裁判の証拠とするために車のリモコンキーに擬装したムービーカメラで撮影しています。以前は写真が主流でしたが、最近は動画や動画をキャプチャーした静止画が裁判の証拠として採用されるようになり、手軽に撮影できる“証拠動画”がメーンになりました」(中堅調査員)

2日目・6時00分/早朝から調査員が張り込みを始める。

7時15分/マンションからB氏がひとりで出てくる。このままB氏はホテルへ戻ると思われるが、この日のターゲットは女性のためB氏の行動は追わない。

8時20分/女性がエントランスに姿を現す。昨夜のワンピース姿とは打って変わってOL風の地味な装いだ。

9時29分/女性が地下鉄を乗り継ぎ、勤務先とおぼしきビルに到着した。女性の向かったフロアを確認すると、B氏の勤める商社の大口の取引先の会社だった。近辺で慎重に聞き込みをして、女性がこの会社の社員であることの裏付けを取った。ここで今回の出張調査は終了した。

「ほとんどの場合、相手は職場や取引先など、身近な人間です。なかには、妻に“単身赴任”と説明しながら、不倫相手と暮らす“別宅”を借りているケースもある」(社長)

 A4用紙28枚の「調査報告書」を依頼人に渡して、仕事完了となる。

「最近は、夫の不倫の証拠を見せると“これで慰謝料が取れる”と喜ぶ妻が少なくない。逆に、依頼人が男性の場合はこちらもつらい。妻の不貞を知り、ショックで泣き崩れるかたが多いんです。依頼しながらも一縷の望みを持っているかたが多く、このあたりの反応に男女差を如実に感じます」(社長)

 ちなみに細心の注意を払ったプロの調査でも時として対象者に勘づかれることがある。最も多いのは「依頼者バレ」だ。

「探偵の調査期間中、妻がやたらと外出を促したり、そわそわしてカーテンの間から探偵の車を何度も確認したりすると、“何かおかしい”と夫が不審感を持って勘づかれることが多い」(社長)

 松居のような激情的なタイプは、探偵会社にとって最も“カモ”になりやすいと社長が指摘する。

「“夫は絶対に浮気している”と思い込むあまり、何か月も延々と調査を継続するかたが多いんです。3か月以上張り込みを続行し、費用が800万円にまでふくれあがった女性もいます」

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)