精神科職員による患者へ熾烈卑劣虐待、患者親族語った違和感

精神科職員による患者へ熾烈卑劣虐待、患者親族語った違和感

神出病院は設立して60年近くになる。事件発覚後はひっそりと静まり返る(写真/共同通信社)

 ある精神科病院に、死刑執行に失敗し生きながらえた元死刑囚、幻聴に苛まれる元サラリーマン、DVに悩む女子高生らが入院する。さまざまな理由で療養する患者と彼らを取り巻く人々の「優しさ」を描いた映画『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』は、今年の日本アカデミー賞で11部門にノミネートされた感動巨編だ。

 だが、現実の閉鎖病棟では、優しさとはかけ離れた虐待事件が起きていた──。

 3月4日、兵庫県神戸市にある精神科病院「神出病院」に勤務していた元看護助手の和田元規容疑者(27才)と看護師5人が準強制わいせつや監禁容疑などで逮捕された。

「昨年12月に和田容疑者が別の強制わいせつ事件で逮捕され、捜査の過程で患者への虐待が発覚しました。容疑者らは“患者のリアクションが面白くてやった”と供述しています」(全国紙社会部記者)

 神出病院は精神科、神経科など合わせて465床ある大規模な閉鎖病棟でA棟とB棟があり、今回の事件はB棟4階で発生した。

 虐待は2018年10月から2019年9月の間に行われ、その内容は熾烈を極めた。

「容疑者らは70代男性患者をトイレで裸にして椅子に座らせ、顔にホースで放水し、ポリ容器に入れた水を浴びせたりしました。また50代男性患者と60代男性患者同士を無理やりキスさせました。その60代男性患者にはベッドで簡易的な檻を作り、長時間監禁しています」(前出・全国紙社会部記者)

 いずれも発覚しづらい状態で行われた卑劣な犯行だった。被害者は統合失調症などで善悪の判別ができず、助けを求められない重度の精神疾患だった。容疑者らは仲のいいグループで、ほかの看護師がいない夜間勤務の時間帯に虐待を繰り返した。トイレや病室など被害現場には監視カメラは設置されておらず、共謀して虐待場所を選んだ可能性がある。

「容疑者たちのスマホから、男性患者同士で性器をくわえさせるなど30本以上の虐待動画が見つかりました。動画には“やべえ”“やめとけ”などと笑いながら話す容疑者らの声も収められており、彼らは動画をLINEで共有していた。警察は少なくとも1年以上、虐待が続いたとみています」(前出・全国紙社会部記者)

 逮捕後の容疑者らの供述は、患者の尊厳を踏みにじるものばかりだった。

「6人は“体に痕が残るとまずいと思い、そうならないようにした”“意思疎通ができない人たちなので、チクられることもなくバレないと思っていた”などと供述しています。首謀者は和田容疑者とみられ、“和田に引きずられてやった”と話す者もいます」(前出・全国紙社会部記者)

 神出病院で2019年10月に亡くなった患者の親族が言う。

「和田容疑者は茶髪で背が高くガッシリとした体格でした。結婚して子供もいたそうで、優しく、対応もよかったので驚いています。ただ、親族が亡くなって遺体を引き取りに行った際、死亡時の状況を詳しく説明してくれなかったので違和感はありました。患者がウロウロ動き回るのに看護師らがずっとナースステーションにいたことも不思議でした」

 別の元入院患者の親族も怒りに声を震わせながら語る。

「閉鎖病棟はフロアごとにエレベーターやドアが施錠され、とにかく雰囲気が重かった。看護師らの負担も重いと思うが、今回の件はひどい。いくら意思疎通ができなくても、患者には尊厳があるはずです。病院を信頼して預けた親族としてはショックが大きい」

 警察は、ほかにも余罪があるとみて捜査を続けている。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

関連記事(外部サイト)