40、50代の習い事事情 ヨガなど定番ものが進化する傾向

40、50代の習い事事情 ヨガなど定番ものが進化する傾向

40、50代から習い事を始める人は多い(写真/アフロ)

 仕事や子育てがひと段落し、生活にゆとりが生まれてくる40、50代。この時期から習い事を始める女性は多い。

 リクルートマーケティングパートナーズ『ケイコとマナブ.net』プロデューサーの廣田知子さんによると、そんな大人の女性が気になる習い事は“新しいもの”だという。

「男性は何か始めるとき、道具一式をそろえて、ひとつのことに打ち込む人が多いです。昔、途中でやめたピアノをやり直す、なんていうのも男性に多い。それに対して女性は、どちらかというと飽きっぽくて新しいもの好き。なので、やったことのない習い事を始める人が多いですね。新しい友達作りを目的に習い事を始める人もいます」(廣田さん、以下同)

 今も昔も、人気の習い事はほぼ変わらない。英語、ヨガ・ピラティス、ピアノ、茶道などの定番が上位に食い込み、若い世代には料理も人気。ただ、定番ながらも習う内容が細分化しているのが特徴だ。

「従来からあるものを進化させた習い事が増えています。たとえば、ヨガ・ピラティスは、定番のヨガからホットヨガまで一通り定着し、新たに人気なのが空中ヨガや筋トレをするヨガ。ペットと一緒にやるヨガ。赤ちゃんを抱っこしながらするヨガもあります。また、健康ブームでシニア向けのヨガやストレッチ、トレーニングが増えています」

 定番ものの進化は、料理でも見られる。キーワードとなるのはツイッターやインスタグラムなどのSNS。

「切るとその断面にかわいいキャラクターやお花の模様が出てくるような巻き寿司。1つ1つのパンが、動物やキャラクターの形をしているちぎりパンなど、インスタグラムに写真をアップする人が多いので、写真映えがするお料理が人気ですね」

 どんな習い事でも、ワクワクしながら始めるもの。でも、時間もお金もかけてチャレンジするのだから、トラブルは避けたい。実際、習い始めてから金銭や人間関係などのトラブルで、長続きしない人もいるという。

「“月謝以外にお金がかかって続けられない”、“通い始めたら若い人ばかりで行きにくくなっちゃった”とか、“この曲を弾きたい”と思ってピアノを習い始めたけれど、テキスト通りにしか進めなかったという失敗もあります」

 そんな失敗を避けるためにはどうすればいいのだろうか。廣田さんは「必ず体験レッスンを受講してほしい」とアドバイスする。

「今はネットで簡単に申し込みができますが、体験レッスンに参加し、入会前に受講システムや金額を聞いて、疑問点をはっきりさせることが大事です。受講料を一括で払う場合は、キャンセルできるのか。月謝以外の追加料金はかかるのか。習いたいことを習えるのか。細かいようですが、欠席時の振替が可能かも確認しましょう。

 体験レッスンを実施している教室は多いですし、行けば教室の雰囲気もわかるので、人間関係のトラブルも防げます」

 新しい友達を作りたい、健康のため、昔からの夢にチャレンジ──今や女性の平均寿命は87才。いくつになっても遅すぎることはない。まずは興味のあること、探してみませんか?

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)