不倫での探偵依頼、調査費35万円で慰謝料80万円の獲得

不倫での探偵依頼、調査費35万円で慰謝料80万円の獲得

不倫調査は現場を複数回おさえることが重要だという(写真/アフロ)

 松居一代が夫、船越英一郎の不倫疑惑をネット上で暴露してひと月余り。相手女性の素性をさらし、執念の“現地調査”まで行った松居の行動に、世間は大騒ぎになっている。だが、プロの世界は松居よりもはるかに怖かった。張り込み、尾行、隠し撮りにケータイロックの解除までなんでもござれ。

 中には、離婚をするために探偵に依頼する妻も多いという。探偵の不倫調査は離婚裁判でどれほど有利になるのか。離婚問題に詳しい北村明美弁護士が解説する。

「日本の裁判では、性的な関係がないと不倫と認められにくい。夫と不倫相手がふたりで食事した程度では有力な証拠になりませんが、“お泊まり”を示す写真があれば、格段に有利になります。普通のホテルだと『仕事の打ち合わせだった』と抗弁されることもありますが、入ったのがラブホテルであれば、言い逃れることは難しい。ラブホテルは性関係を結ぶところだから」

 今回のように、愛人のマンションだと「同じ部屋にいたが何もしていない」と弁明されることもある。この場合、大切なのは「消灯」と「頻度」だという。

「ふたりが部屋に入った時刻と、その後、どれくらいで部屋の電気が消えたか、さらに何時間後に再び電気がついたかまで押さえれば、有力な証拠になります。

 不倫行為が1度だと“行きずりの関係”と言い訳されかねないので、複数回の不倫現場を押さえることが理想です」(北村弁護士)

 2回以上の性関係を推定できる写真が撮れれば、裁判官は社会通念に照らし合わせて、不貞を認定する可能性が極めて高いという。探偵に調査を依頼する「時期」も重要だ。

「“夫を信じたい”という思いから躊躇して、別居後に探偵に依頼するかたがいますが、夫婦関係が破綻してから知り合った女性と性的関係を結んでも不倫にはなりません。夫の不倫に気づいたら密かに証拠集めを始めて、同居しているうちに探偵に依頼することがベストです」(北村弁護士)

 3年前、探偵に不倫調査を依頼したAさん(48才・専業主婦)の事例は、調査報告書が裁判でいかに役立つかを物語っている。

 大学病院の勤務医の夫には長年女性の影があり、悩んだ末にAさんは携帯電話のロック解除を探偵に依頼した。

「3万円でやってくれる会社があったんです。深夜2時に探偵を呼び、寝静まった夫の携帯を渡しました。ワゴン車の中で何やら作業すると、わずか15分でパスワードが判明して、ロックを解除してメールを見たら、20代の女性研修医からのラブメールがわんさか。

 そのまま探偵に不倫調査を依頼し、2日間の張り込みで相手女性宅へのお泊まりをキャッチしました」(Aさん)

 Aさんはその結果を持って、夫ではなく相手女性を訴えた。

「民事訴訟で損害賠償請求をしました。夫への怒りよりも、女性を許せない気持ちの方が強くて…。探偵の調査結果が決め手となって慰謝料80万円で勝訴しました。調査費用は35万円かかったけど、元は取れた。夫婦関係は冷え切ったままですが、相手を懲らしめたことで少し気分は晴れました」(Aさん)

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)