コウケンテツ「日本の家庭料理は世界一、ハイスペックすぎる」

コウケンテツ「日本の家庭料理は世界一、ハイスペックすぎる」

「作りたくないときは作らなくていい、それは怠けているわけじゃない」と話すコウケンテツさん(撮影/平野哲郎)

「最近、思いつめた顔で『1日3食献立を考えるのが大変なんです』と訴える女性がとても増えています」

 こう話すのは、料理研究家のコウケンテツさん(45才)。同じく料理研究家の李映林さんを母に持つコウさんは、2009年に結婚し、一男二女の父でもある。2007年からは、『アジア食紀行』、『コウケンテツの世界幸せゴハン紀行』(NHK BS-1)に出演。世界各国を旅し、その地域の家庭料理を教わっている。

「そもそも、日本で料理に対してこのような悩みが生まれるのは、“家庭料理は手間をかけることが美徳”とされすぎているからではないでしょうか」(コウさん・以下同)

 一般的に、日本人には“1日30品目とるのが理想的”、“一汁三菜は家庭食の原点”などといった共通認識がある。家庭や学校でそのように教わった人も多いのではないだろうか。

「番組でさまざまな国を訪れて気づいたのは、海外の家庭料理は実に質素だということ。品数も少ないし、毎日同じおかずが出るのは当たり前。ぼくが見た限りでは、日本ほど品数が豊富でバリエーションに富んでいる家庭料理なんてほかの国にはありません。日本の家庭料理は世界でナンバーワン。ハイスペックすぎるんです」

 たとえば、フランス人はスーパーで買ったパック詰めタルタルステーキを皿にのせ、パンとともに食べるだけの晩ご飯が当たり前だそうだ。

「フランスではほとんどの女性が働いていることもあり、夜ご飯は、スーパーやデリで買った料理を並べるだけ。“平日は料理をしない”と宣言している人が多く、驚きました」

 デンマークでは、焼いたサーモンと付け合わせのじゃがいもだけが大皿に盛られ、ほかに食卓に並ぶのは取り皿のみ。毎日同じものを食べ続けるケースが多いそうだ。

「日本ではおかずを何種類も作って、飽きないよう日替わりで食べますが、海外では、煮込み料理をまとめて作って、しばらくそれだけを食べ続けても、誰も文句を言ったりしません」

 また、アジア圏では料理を作らないことがスタンダードになっている国もあるそうだ。

「屋台で安くておいしい料理が食べられるので、わざわざ手間をかけて家で作る意味がないんです。ひとり暮らし向けのアパートでは、キッチンがない物件もある。料理しないからキッチンはいらないという人が多いのでしょうね。外国ではお弁当も質素で、日本のキャラ弁のようなものを作っている家庭は見たことがない。SNSにアップされているキャラ弁の写真を見せたら、“クレイジー!”と言いながらも、尊敬していました(笑い)」

 ただ、品数が少なかったり、同じメニューが続くと、気になるのが栄養面。これについては、コウさんも疑問に感じたことがあるという。

「フランスの女性に、“栄養バランスは心配じゃないか”と聞いたら、“家で料理を作ってばかりだと私が輝かないし、不健康になる。私が輝いてこそ家族が輝くのよ!”という答え。家族が幸せであるには、まず自分自身が幸せになるべきという思いがあり、それがご飯作りに対しても無理をしないという姿勢に表れているのでしょう」

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

関連記事(外部サイト)