稲田議員、今井議員 軽々超えた政治家としての「一線」

稲田議員、今井議員 軽々超えた政治家としての「一線」

法律家によると「同じ部屋に宿泊はアウト」

「女性がいないんだよなァ」。8月3日、内閣改造に踏み切った安倍首相は、そうため息をついたという。「女性が輝く社会」を掲げ、何人も女性閣僚を抜擢してきたが、バタバタと辞めていくだけ。「このハゲ~」議員ほか若手も不祥事続き。「もうまともな女性議員が残ってないよ」というボヤきは、国民にもわからないではない。

 そんな雰囲気にダメ押しをしたのが、今井絵理子参院議員(33才)だ。妻子あるイケメン神戸市議のマンションに泊まったり、ホテルの一室でパジャマで過ごしたのに、「一線は越えていません」という微妙すぎる言い訳をしたのには、当然、各方面から総ツッコミが入った。

 ビートたけしは「『一線』って何なのか、大きな声で言ってほしかった」、松本人志は「手を握って東海道を越えている」、いとうあさこまで「新幹線の中で手をつなぐのを我慢できない人が、ホテルに入って何の我慢ができるの」と言及。小倉智昭は早くも「今年の流行語大賞」と皮肉った。

 ちなみに、法律の専門家たちはこぞって「同じ部屋に泊まったのは、裁判ではアウト」と指摘している。

「シングルマザーとして聴覚障害のある子供を育てていて、障害者福祉に詳しいというのが議員としてのウリだったはずですが、彼氏のマンションに入り浸って、子供の面倒は母親まかせ。以前つきあっていた元カレが“おれは息子のシッターじゃない”とこぼしていたこともあるほどです」(全国紙政治記者)

 有権者の信頼を失うという「一線」は軽々と越えた。

 稲田朋美元防衛相(58才)は7月末日、改造よりも一足早く内閣を去って行った。教育勅語をめぐる発言や陸上自衛隊の日報問題など、国会で集中砲火を浴び続けても、「職務をまっとうしたい」と“一線”の大臣のイスに座り続けていたのに、あっさりと辞任した。

「7月27日、民進党の蓮舫さん(49才)が代表辞任を発表したちょうどその日、防衛相を辞めると明らかにしました。呆れたのは、そのタイミングです。蓮舫さんが会見した4時間後に辞意が伝わった。蓮舫さんに被せることで、自分の辞任のニュースが小さくなるようにしたかったのでしょうけど、あまりにズルい」(前出・政治記者)

 女性政治家が、永田町という男社会で生きて行くことは簡単ではない。女性のリーダーシップに詳しいコミュニケーションの専門家・岡本純子氏の分析。

「リーダーシップには“有能さ”と“温かみ”という2つの要素が必要です。ただし、温かみには大きな性差があります。男性がスピーチで物腰柔らかく声をかけると、“優しい”と肯定的にとらえられますが、女性リーダーの場合、“弱々しい”と思われてしまう」

 稲田氏はまさにこのタイプ。

 逆に男性リーダーが大声で叫んだり、ちょっとキレても「力強い」「情熱的」「真剣」と評価されるが、女性リーダーは「ヒステリック」と受け止められてしまう。蓮舫氏のパターンだ。

「両方を絶妙なバランスでやっているのが小池百合子都知事(65才)です。弱々しすぎず、強すぎない。感情のコントロールが非常に巧みです」(岡本氏)

 女性が第一線で活躍するのは難しいが、あくまで失敗は個人の資質のこと。女だから…と一括りにされるのは困ってしまう。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)