人間ドックと家庭の血圧測定普及の背景に日野原重明さん

人間ドックと家庭の血圧測定普及の背景に日野原重明さん

「家庭での血圧測定」は日野原氏なしでは実現できなかった

 都内在住の主婦・佐藤あけみさん(45才・仮名)一家のある朝。小学生の子供を送り出した後、メタボ気味の夫に血圧を測ってから会社に行くよううながしながら、自分もついでに測定する。食事の用意をする時は生活習慣病にならないよう毎日のメニューに気を使う。来月には、夫は会社の人間ドックを控えており、佐藤さんの気持ちは落ち着かない。「やっぱり家族の健康がいちばんね」と彼女は思う──。

 今やどこの家庭でも見られるこうした日常の光景は、ひとりの医師の登場がなければ存在しなかった。その医師とは7月18日に亡くなった聖路加国際病院(東京都中央区)の名誉院長だった日野原重明さん(享年105)だ。「家庭での血圧測定」は、日野原さんなしでは実現しなかった。かつて、血圧を測ることは「医療行為」とみなされ、資格を持つ者でないと行えなかった。生前の日野原さんを何度も取材したジャーナリストの大西康之さんが言う。

「日野原さんは“毎日、血圧を測ることが生活習慣を改めて病気を予防する”と主張して、厚生省に家庭での血圧測定を認めさせました。さらに自ら全国を回って、当時利用されていた水銀式の血圧測定計の使い方を主婦に教えていました」

 予防医療の第一歩となる「人間ドック」を考案したのも日野原さんだ。彼は国立東京第一病院の小山善之院長とタッグを組み、病気になる前から定期的にメディカルチェックを行う「定期健康検査」を始めた。これが、後に「人間ドック」と呼ばれるようになる。日野原さんの強味は、理想を現実にする実行力だと大西さんが続ける。

「予防医療の活動にかかる莫大な資金は、過去に日野原さんに命を救ってもらった財団法人日本船舶振興会(現日本財団)の笹川良一氏が支援しました。競艇事業をしていた笹川氏からの資金提供には世間の批判もあったが、日野原さんは『お金に色はない』と意に介さなかった。クリスチャンの日野原さんには、“ミッションをコンプリート(完遂)することが重要だ”との固い信念があったのです」

 病気の「前」だけでなく、発症の「後」にも目を向けた。その象徴が「終末期医療」へのこだわりだ。

「日本人は死について語り合うことが少なく、本人の希望を聞かず、医師や家族が延命治療を選択することが多い。でも日野原さんは、“患者の人生にとってクライマックスである終末期において、チューブにつながれて家族と話せない状態で終わっていいのか”“1分1秒でも延命しようとするのは医者のエゴではないか”、と問い続けました」(大西さん)

 日野原さんは、患者が尊厳ある穏やかな死を迎えるための「緩和ケア」という概念を日本に根づかせるために奮闘した。

 1993年には日本で初めての完全独立型ホスピスを設立。また現在、聖路加国際病院の10階には、日野原さんの肝入りでつくられた末期がん患者のための「緩和ケア科」がある。

 日本は末期で動けない患者にも延命治療を施すケースが多いが、今は小林麻央さん(享年34)のように、緩和ケアをして自宅で穏やかな最期を望む末期患者が増えた。いわば、日本の「死に方」を変えたのが、日野原さんだった。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)