患者のために奔走した日野原重明さんの意思を継ぐ人々

患者のために奔走した日野原重明さんの意思を継ぐ人々

鎌田實さんが日野原さんから受け継いだこととは(諏訪中央病院のHPより)

 聖路加国際病院(東京都中央区)の名誉院長だった日野原重明さん(享年105)が7月18日に逝去した。胃ろうや経管栄養などの延命治療を拒否し、自宅で家族が見守るなかでの大往生だった。

 死の間際まで現役を貫いた日野原さんの想いは、後人にしっかりと受け継がれる──。約20年前から親交がある諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さん(69才)の脳裏には、盟友のさまざまな姿が浮かぶ。

 2005年、2人で宮崎県で講演を行った際、当時93才の日野原さんは重いかばんを両手に持ちながら「ぼくは階段を上らないとダメなんだ」と言ってエスカレーターをヒョイヒョイと駆け上がった。

 昨年4月の佐賀県での講演では、「鎌田くんの話を聞きたいんだ」と用意したベッドに寝そべって鎌田さんの講演を聴いていたが、その最中にいびきをかいて眠りこんだ。そこまでして話を聴こうとする好奇心に鎌田さんは驚いたという。

 ある時、日野原さんは鎌田さんにこう言った。

「鎌田くん、『ラ』じゃないとダメなんですよ」

 どういうことか。

「例えば患者に『おはようございます』と言う時、ドレミファの『ド』の音程で言うと、静かで暗い感じになる一方、『ラ』の音程だと明るい感じがして、鬱屈したホスピス患者の心持ちがふっと軽くなることがある。要は患者の容体によって声の高さを変えてコミュニケーションするわけです。“先生は患者のためにこんなことまで考えていたのか”と驚きました」(鎌田さん)

 鎌田さんが名誉院長を務める諏訪中央病院は、周囲を八ヶ岳連峰などの山々に囲まれている。中庭にはボランティアが手がけるハーブガーデンがあり、医師と患者、スタッフにボランティアまでが「いい天気ですね」「気持ちがいいですね」と互いに声をかけあう。日野原さんの教えの通り、患者とのコミュニケーションと心の通い合いを大事にする病院である。

「日野原先生から学んだのは、患者を中心とする医療です。現代医療は臓器という“部分”にこだわり、患者を“丸ごとの人間”として見ようとしません。患者の人生や考え方をしっかりと聞き、医療従事者と患者が信頼関係を結びながら、その先の治療方針を共同作業で決めていくことがいかに大事か。それを日野原先生は常に語っていました」(鎌田さん)

 ホスピス緩和ケアを行うケアタウン小平クリニック(東京都小平市)の山崎章郎院長も日野原さんの意志を受け継ぐ1人だ。日野原さんとは25年ほど前に知り合い、2005年にクリニックを開設後は、何度か講演を依頼した。

「最後の講演は100才の時でした。その時“5年後にまた講演をお願いできますか?”と聞いたら、先生は“いいですよ”とスケジュール帳にメモをした。前向きで楽天的な姿勢に驚きました」

 そう笑顔で語る山崎院長は、同業者である日野原さんに何度も勇気づけられたという。

「日本の終末期医療は病院という枠組みからなかなか離れられなかったけど、日野原先生が独立型ホスピスという新しい道を示してくれました。また、ホスピスには緩和ケアを現場で学んだ医師や看護師の力が必要不可欠です。そのために日野原先生は経済的援助のもとに、1年間しっかり研修を受けられる制度を作ったのです。

 1年ホスピス現場で経験すれば患者さん・ご家族に対しての具体的なケアを学べます。そんなふうに学んだ医師や看護師たちが今、だんだんと育ってきていて、とても心強い。これからその人たちがわが国のホスピスの中核を担うだろうと思います」

 生涯現役を貫いたことも、多くの医師を励ましたと今年70才になる山崎院長が言う。

「先生はいくつになっても権威にはならず、常に患者のベッドサイドに目を向けて臨床医を続けてこられた。私はちょうど35才違いますが、働ける限り先生のように臨床医として生涯現役を目指したい。80才過ぎてからホスピスに取り組み90才でベストセラーを書いた先生から逆算すると70才はまだまだ若い(苦笑)。あと35年あると思うとワクワクします」

 日野原先生の考えを受け継ぐ鎌田さんは、高齢者を地域に受け入れる新たな枠組みを模索している。

「ぼくは昨年、『地域包括ケア研究所』を立ち上げました。医療介護従事者だけでなく、地域住民やボランティア団体などを一堂に集める一方で、国内に約800万ある空き家を活用して介護サービスの拠点やシングルマザーのシェアハウスをつくるなど、地域社会の多様な問題に応える施設を目指しています。高齢化が進むなか、地域住民が助け合い、自由に生きられることを目指しているのです」(鎌田さん)

 日野原さんの意志を受け継ぐのは、鎌田さんや山崎院長だけではない。その1つが、24時間対応の電話健康相談や、悩みに応じたセカンドオピニオンの医師を紹介するサービスを展開する会社『ティーペック』。砂原健市社長は過去、日野原さんから「欧米では当たり前のセカンドオピニオンは、いずれ日本でも浸透する」と背中を押してもらったと語っている。

 このサービスは「患者ファースト」の思想を最大限に実現したものだといえよう。

 島根県雲南市の介護施設『ケアポートよしだ』も、生前日野原さんが運営委員長を務め、コンセプトを作り上げた。

 利用者だけでなく町全体に開かれた公開講座や、町民も利用できる温水プールなどを有する、地域全体を巻き込んだ施設だ。要介護で施設に入らなければならなかったとしても地域との交流を大事にしながら年を重ねることができる、「人生の終盤を輝かせる」場所である。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)