小泉進次郎氏が英語で指摘した「第一次安倍政権の3つの敗因」

小泉進次郎氏が英語で指摘した「第一次安倍政権の3つの敗因」

大水害の被災地も訪問(茨城県常総市)

 もはや次世代ホープではない。“ポスト安倍”の一人、小泉進次郎氏(36)は、どのような自民党再生案を描くのか。この7年、同氏を追い続けてきたノンフィクションライター・常井健一氏の膨大な取材メモに、その手がかりは残されていた。

 * * *
 自民党から民心が離れ始めている。焦り、威張り、浮かれ、依怙贔屓をし、驕っているというのが、国民の多くが思い浮かべる自民党議員のイメージとなっている。

「自民党に対する今の逆風は否定しようがありません。なんで逆風が吹いているのかと言えば、自民党自身が蒔いた種です。私たちは謙虚になって、いつでも野党になりうるという気持ちを決して忘れてはいけない」

 歴史的惨敗に終わった東京都議選の最中、結果が出る前から安倍政権に公然と警鐘を鳴らしたのは、小泉進次郎衆院議員だ。36歳が東京・銀座の街頭で叫ぶ「正論」に対し、足を止める老若男女たちは頷いていた。

 筆者は、自民党が野党だった2010年の参院選以降、500回近く小泉が登場する街頭演説を全国各地で眺めてきた。彼を目当てに集まる大観衆の反響は、党勢を計るのに絶好のバロメーターだと思っている。7月の都議選では小泉登場前の会場はいまだかつてないほど白けた雰囲気だった。

 自民党は1955年の結党以来、何度目かの危機にある。先人たちは事あるたびに「自民党ではない自民党」を模索し、党勢を回復させてきた。そこで党内で数少ない“無傷”の小泉に党の再建を任せたらどうなるか。膨大な取材メモに書かれた発言録を元に「小泉進次郎の自民党再生計画」を勝手に練ってみた。

 実は、小泉ほど安倍晋三を反面教師とし続けてきた政治家はいない。原点は、政界デビュー前まで遡る。

 2006~2007年、彼は米国ワシントンの戦略国際問題研究所で研究助手を務めた。そこでの共同研究で扱ったテーマが「第1次安倍政権の敗因」だったのだ。当時の報告書では、英文で3つのポイントを指摘している。

1、安倍に対する国民の期待が不自然なほど高かった
2、内政問題で判断を誤った。安倍は決められないリーダーとして痛手を負った
3、安倍内閣のメンバーたちが国民を失望させるスキャンダルを作りすぎた

 これらは10年前の問題点だが、2017年の安倍が抱える課題も3点に凝縮されていると言える。最近でこそ安倍との違いをオブラートに包んで語る小泉だが、4年半前はこう話していた。

「第1次安倍政権は官邸の上からあらゆるところに機関銃を撃ちまくった。戦うべき敵と作らなくてもいい敵を間違えちゃいけない」

 最近の安倍も、官邸主導で改革を急ぐあまり、党内や霞が関に敵を作りすぎた。さらに、あらゆる国民を包摂して統治を施す立場にありながら、異論を唱える人たちに粗暴な言動を続けた。

 小泉にさえ、演説中に激しいヤジが飛ぶことはある。そんなとき彼は「批判も受け止めながら、政治を前に進めたい」と応じる。意見の合わない議員や記者とやり合った後には、陰でフォローすることも忘れない。

「徹底的に攻め込んでも、逃げ道を作ってやれと言うじゃないですか。僕は国会で厳しく追及しても、絶対に個人の批判はしない。戦い方、戦うタイミング、そして深さ。それを見極めないと、最初の勢いはいいけど、気が付いたら後ろに味方が誰もいない状況になる」

(敬称略)

●とこい・けんいち/1979年、茨城県笠間市生まれ。ネット企業、出版社勤務を経て、2017年、「小泉純一郎独白録」(月刊文藝春秋)で第23回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞受賞。著書に『保守の肖像 自民党総裁六十年史』『誰も書かなかった自民党 総理の登竜門「青年局」の研究』など。

※SAPIO2017年9月号

関連記事(外部サイト)