船田元氏 男系男子の天皇にこだわる自民党は「頑なな保守」

船田元氏 男系男子の天皇にこだわる自民党は「頑なな保守」

衆議院議員・船田元氏

 保守ならば天皇陛下を敬愛し、皇室の将来にわたる繁栄を望むはずだが、安倍・自民党は陛下のご意向を無視して女性宮家創設の議論には一向に着手しようとしない。自民党はなぜ変容してしまったのか。船田元・衆議院議員(自民党)に聞いた。

──自民党内で、女性宮家創設の議論が一向に進まない理由は何か。

船田:小泉政権時代、総理の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が設けられ、女性天皇、女系天皇を容認するという報告書がまとめられました。

 しかし秋篠宮妃紀子様のご懐妊が発表されると、議論がストップしてしまった。私は皇室の伝統を守り、安定的な皇位継承を図るには、女性宮家を創設し、女性天皇を認めるべきだと主張してきました。

 ですが、小泉政権の後に誕生した第一次安倍内閣でも、現在の第二次安倍内閣でも、皇位継承は「男系男子に限る」の一点張り。党内には、議論さえ許されない空気が漂っています。

──男系男子に拘泥すると皇室の存続そのものが危ぶまれる。

船田:男系男子を主張する人たちは旧宮家系の男子を皇籍復帰させれば、皇室は存続できると考えています。理屈としては、それで男系男子は維持できるのでしょう。しかし現実的な解決策だとはとても思えません。

 そもそも11の旧宮家が皇籍を離脱したのは昭和22年。すでに70年の歳月が流れています。現在では、旧宮家系の方々の多くが生まれたときからずっと民間人です。皇族としての自覚を持たれている方や、皇籍復帰の意向を持っていて、その覚悟をされている方はほとんど居られない。また皇籍復帰したとしても、国民には馴染みがありません。なかなか受け入れられないのではないかと思います。

──先日、眞子様のご婚約が報じられた。女性宮家創設の議論が進まないなか、「タイムリミット」が現実的になってきた。

船田:その通りです。女性宮家創設は、女性が皇位継承資格者になることつまり女性天皇の誕生に道を開くことを意味します。歴史を振り返れば、10代8方の女性天皇が居られます。ただし女性天皇のご子息が皇位を継承する「女系天皇」を認めるかどうか。これまでも議論を重ねてきましたが、私のなかでもまだ結論は出ていません。

 しかし女性宮家創設、女性天皇の容認によって、皇位継承問題の答えを出すまでの時間的な猶予ができます。猶予期間で皇室存続のためにこれからどうするのか。根本的な解決策を模索しなければなりません。

 何よりも女性宮家創設によって、次代の天皇が担う役割を少しでも分担し、多大な負担を軽減できます。

──安倍政権は今上天皇の生前退位を一代限りの「特別法」で済ませたように、天皇の思いに寄り添っていないように感じる。いまの自民党は本来の保守の役割を果たせていないのでは。

船田:陛下には、皇室典範を改正して生前退位を恒久的な制度として確立してほしいというお気持ちがあったと聞いています。しかし陛下のお気持ちとは別に、緊急避難的な特別法で済ませてしまった。

 また皇位継承問題についても、私には陛下が男系男子にこだわっているようには思えません。しかし、男系男子へのこだわりに象徴されるように現在の自民党は、頑なな保守に変質してしまっています。

 保守として天皇制を守るのであれば、当事者である陛下のご意向を汲み取りながら皇室制度を柔軟に見直すべきです。時代や社会、環境の変化に順応しながら、必要ならば改善する。大切な存在を守るためには変化を恐れない。それが本来の保守の姿です。

【PROFILE】ふなだ・はじめ/1953年栃木県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1979年、25歳で衆議院議員に初当選(現在11期)。昨年、夏の甲子園で優勝した作新学院の学院長も務める。

●聞き手・構成/山川徹

※SAPIO2017年9月号

関連記事(外部サイト)